ファン
検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
競馬予想(318)
雑談(237)
プロフィール
マトイさんの画像
マトイ
血統から競馬予想をしています。 HNは馬名に惚れた小田切さんの馬「アシデマトイ」から拝借しています。
プロフィール
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年11月29日

週末の更新予定

 寒いです…。いろんな意味で。

12月1日(金)
チャンピオンズC血統表

12月2日(土)
中京11R 浜松S

12月3日(日)
阪神11R 逆瀬川S
中山11R ラピスラズリS
阪神10R 姫路特別
中山10R 市川S

 中京でGIということは、裏の阪神と中山が面白いのは言うまでもありません。狙うのはジョッキーですよね。
posted by マトイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年11月27日

土日の競馬回顧

 今週は控えめにして正解のパターンでした。

土曜東京11R キャピタルS
◎5オールザゴー 13着
○8トウショウドラフタ 7着
▲16ダノンリバティ 9着
△15ロードクエスト 11着
△2サトノアレス 2着

 人気通り決まるとかそんなのキャピタルSじゃないやい…なんて言ってみますorz

日曜京都11R オータムリーフS
◎6コウエイエンブレム 2着
○2エイシンローリン 10着
▲10ニットウスバル 1着
△8ナンチンノン 11着
△5キタサンサジン  6着

 馬単は裏でした。しかしベストマッチョはあの位置から届くんですね。

日曜東京10R ウェルカムS
◎9プロディガルサン 3着
○3アクート 7着
▲5バルデス 5着
△6ショウナンマルシェ 2着
△4アーバンキッド  8着

 アクートとバルデスはやはり格の壁ですかね。見極めが甘かったです。

 首位打者が消化試合で休んで打率を落とさないようにする場面はよく見られますけど、競馬はプラス収支だからもう辞めたなんて絶対言いません。12月も全力で臨みます。
posted by マトイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年11月26日

オータムリーフS・ウェルカムS予想

 今週はWin5もお休みします。特に府中の芝があの状態で前が止まらないという読みづらい状況なもので…。

京都11R オータムリーフS
◎6コウエイエンブレム
○2エイシンローリン
▲10ニットウスバル
△8ナンチンノン
△5キタサンサジン

 グリグリの1番人気ですけど、コウエイエンブレムを切る勇気はありません。素直に軸買いします。キャリアは1400が圧倒的に多いのですが、京都D1200は2,1,0,0ですからまったく問題ないでしょう。

 エイシンローリンは6歳牝馬ということを考えれば買いづらいものの、太宰騎手とのコンビでは3戦して複勝率100%ですから、対抗にしても良いのではないかと。やはりサウスヴィグラス産駒は必ず押さえておきたいですね。

 以下、オーブンでは非常に安定しているニットウスバル、ペース次第では出番がありそうなナンチンノン、デビュー時の主戦に戻るキタサンサジンまで。

 ◎頭の馬単流しと3連複の流しで。計10点。

東京10R ウェルカムS
◎9プロディガルサン
○3アクート
▲5バルデス
△6ショウナンマルシェ
△4アーバンキッド

 プロディガルサンは準オープンでくすぶっている馬ではないでしょう。ムーア騎手を持ってきたのも陣営の意気込みの顕れだと思います。距離的にもこのあたりが最も合っていそうです。

 期待していた馬体的な成長は未だ無いものの、やはり素質という面でアクートは切れません。左回りでは掲示板を外していないのも後押し材料です。

 あとは、サンマルティンやドレッドノータスの全弟バルデスと、前走の敗戦で人気を落としているショウナンマルシェ、戦ってきた相手を考えると一枚上でもおかしくないアーバンキッドを。

 印上位3頭の3連単BOXと、少し夢見て9−3,5−4,6の3連複Fを。計10点。

2017年11月25日

キャピタルS予想

 過去10年の3連単の平均が60万超えというこのレース。5年前にシンガリ人気のヤマニンウイスカーが勝った年の500万馬券が持ち上げてるのは言うまでもないのですが、それ以外でも10万馬券が4回出ていることから、やはり波乱の傾向を含んでいると考えるのが自然でしょう。

東京11R キャピタルS
◎5オールザゴー
○8トウショウドラフタ
▲16ダノンリバティ
△15ロードクエスト
△2サトノアレス

 時計を持っているオールザゴーを狙ってみます。NHKマイルCは1分33秒0の5着で、それより2キロ減るこのオープン特別ならば面白い1頭だと思います。今年は不良馬場があったことで開催が進んだ今はかなり芝の状態も思わしくなく、やはり差し馬から買うのが正解かなと思うのです。

 久々に距離を延ばしてきたトウショウドラフタが対抗です。脚質的に速ければ速いほど出番があるわけで、前に行きたい馬が比較的多い今回は、1Fの延長が効いてくる可能性も否定できません。

 以下、左回り複勝率5割超えのダノンリバティ、三浦騎手初騎乗で一変に期待したいロードクエスト、良馬場なら買うべきのサトノアレスまで。

 馬連と3連複のBOXで。計20点。

2017年11月24日

ジャパンカップ血統表

 いよいよJCです。密かに外国馬の勝利を期待している自分もいたりします。

2017jc.jpg

 本館もここも、閲覧数は過疎地の公衆便所並なので、もう系統名は書かないことにしました。
 補足をするなら、ブームタイムくらいでしょうか。
 父フライングスパーはデインヒル産駒の種牡馬。母父スニペッツはトムフール系で、日本で活躍した外国馬だとエアロヴェロシティの父父として知られていると思います。スニッツェルの母父のほうが有名かも。

 とまぁ、あれやこれや書いても、やはり自分の目でこれまでを見てきた馬から本命は選ぶんですけどね。詳細は本館をご覧ください。

2017年11月23日

週末の更新予定

 来週からは師走じゃないですか。あっと言う間ですわ。

11月24日(金)
ジャパンカップ血統表

11月25日(土)
東京11R キャピタルS

11月26日(日)
京都11R オータムリーフS
東京10R ウェルカムS

 いつもと番組表が違うのは毎年のことです。京阪杯は12Rで、Win5の対象レースではありません。馬券を購入される方はご注意ください。

posted by マトイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年11月20日

土日の競馬回顧

 久々に回収率がドカンと上がりました(T_T)。

土曜京都11R アンドロメダS
◎15ストロングタイタン 2着
○11ゲッカコウ 6着
▲7ヴォージュ 10着
△13グァンチャーレ 8着
△2スズカルパン 9着

 でしょうねorz
 重馬場にまで渋ってしまうならば考え方を変える必要があったというわけですか。

土曜福島11R フルーツラインC
◎11ヒメタチバナ 2着
○16サンデームーティエ 14着
▲7サウンドメモリー 7着
△14マイネルレオーネ 8着
△5ハヤブサライデン 13着

 でしょうねorz
 ドスローでした。もう少し速くなるかと思ったんですが。

日曜東京11R 霜月S
◎4ダノンフェイス 1着
○16サウススターマン 2着
▲7サトノファンタシー 12着
△12イーデンホール 11着
△6サノイチ 3着

 馬単3100円、3連複53830円ゲット。5点買いだったので当然1点あたりは大きく張っていました。土曜の状態を見て武藤騎手を押さえて大正解(T_T)。

日曜福島11R 福島民友C
◎13アルタイル 3着
○3ダノングッド 8着
▲4ブラゾンドゥリス 4着
△9ブライトアイディア 2着
△6ダンツプリウス 14着

 どう考えてもディアデルレイは勝っておかなきゃいけない馬ですよね…。未知数のダンツプリウスよりはこっちでしたかorz

日曜京都10R 衣笠特別
◎8エイシンティンクル 9着
○10アロマドゥルセ 2着
▲1アンドリエッテ 1着
△3フローレスマジック 10着
△7プリンセスアスク 14着

 心中失敗orz
 兄とは違ってあのペースじゃ沈むんですね。よく分かりました。

日曜東京10R 錦秋S
◎1ヒデノインペリアル 2着
○14ハルクンノテソーロ 4着
▲8オールマンリバー 1着
△3ヨシオ 9着
△4コアレスキング 7着

 ヒデノインペリアルが8番人気だったこともあり、馬連4040円、ワイド1150円で、30点買いでも5190円のリターンでしたからプラス。

 このまま年末までダタ滑りを覚悟していたんですが、4ヶ月ぶんくらいは戻ってきましたね。
 これで今年の回収率目標値はほぼ達成したと言っても良いと思います。あと5週間でマイナスになることはない…はず。
posted by マトイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年11月19日

霜月S他予想

 東スポ杯2歳Sはかなり堅かったものの、3点買いで馬単と3連単が獲れれば合格でしょう。

東京11R 霜月S
◎4ダノンフェイス
○16サウススターマン
▲7サトノファンタシー
△12イーデンホール
△6サノイチ

 前走のレースレベルを考えればダノンフェイスから入るのが当然だと思います。稍重とは言え上がり35.0秒は他とは一線を画すものです。キンカメ産駒は母系の血をよく伝えるなんてことが言われますが、この馬のダート適性は母アイアムカミノマゴよりも母母アイアムザウィナーに近いかもしれません。

 何度も書いている通り、ダート短距離はミスプロのクロスだと考えてますので、サウススターマンが対抗です。ちなみにダノンフェイスもミスプロの3×4を持っています。時計的にも確実に上位で、阿蘇Sの大敗がやはり距離だとすればここは要注意でしょう。

 サトノファンタシーはまだ少し足りないかなという印象で、堅実には走るもののオープンで勝ち負けするかは微妙。単穴に留めておきます。

 あとは、最近は完全にD1400に絞っているイーデンホールと、土曜日乗れていた武藤騎手のサノイチを。

 ◎○の馬単裏表と、2頭軸の3連複流しで5点。

福島11R 福島民友C
◎13アルタイル
○3ダノングッド
▲4ブラゾンドゥリス
△9ブライトアイディア
△6ダンツプリウス

 重賞大敗組よりは直近のオープン特別で馬券に絡んでいる馬を推奨してみます。アルタイルはBSN賞2年連続3着ですが、直線の短いところでも走っており、脚質はそれなりに自在だと思います。実力的には勝ち負け必至ではないでしょうか。

 ダノングッドは大沼S2着。0.7秒差でもそのときの勝ち馬がテイエムジンソクですから、ここでは力が違う可能性もありますね。今回のメンバーなら無理に逃げずとも力は出せると思います。

 以下、福島巧者のブラゾンドゥリス、阿蘇S2着のブライトアイディア、血統的にはダートでも十分やれそうなダンツプリウスまで。

 3連複のBOXのみで。10点。

京都10R 衣笠特別
◎8エイシンティンクル
○10アロマドゥルセ
▲1アンドリエッテ
△3フローレスマジック
△7プリンセスアスク

 エイシンヒカリの全妹エイシンティンクルから。と言うか、血統データ派なら、逃げ馬多数のメンバー構成でもこの馬を本命にせざるを得ないでしょう。こんな1000万下でくすぶってる場合じゃないと思うんですけど。

 アロマドゥルセは1800でも戦えると見て対抗。2走前のようなマクリの競馬を期待しています。たぶん牝馬限定戦のほうが力が出るタイプではないでしょうか。

 以下、まだ終わってなければ本命でもおかしくないアンドリエッテ、3歳馬の斤量は軽すぎな気もするフローレスマジック、前走の再現があれば侮れないプリンセスアスクまで。

 エイシンティンクルと心中して、馬単と3連複の流しを。10点。

東京10R 錦秋S
◎1ヒデノインペリアル
○14ハルクンノテソーロ
▲8オールマンリバー
△3ヨシオ
△4コアレスキング

 私的メインレースです。

 3走前の薫風Sの時計が出せればここでは十分に通用すると見てヒデノインペリアルから。昨年の天草特別ではロンドンタウンに勝っていたり、2歳時からこれまでの対戦相手がかなり強かったことを考えると、この人気の無さは美味しすぎると思います。

 ユニコーンS2着のハルクンノテソーロが対抗。ファスリエフ×ワイルドラッシュですから、ローカルの芝短距離かダートしか走らないでしょう。ここで来ないようなら次は札幌・函館の芝1200に出たときに買うしか無くなります。

 オールマンリバーの前走は、脚抜きの良い馬場が合っていたと言うよりも、距離が適していたと考えたいです。半兄のバンズーム同様に、ダートでじわじわ伸びるタイプなんでしょう。

 あとは、血統的に早熟だった可能性もあるものの、条件変わりのときはよく走っているヨシオと、この舞台で0,0,0,8でも4回は掲示板というコアレスキングを。

 馬連・ワイド・3連複のBOXで30点。

2017年11月18日

アンドロメダS・フルーツラインC予想

 マイルCSの前々日売りは面白いくらいに割れてますね。このまま最後まで混戦であってほしいものです。
 ちなみに、土曜の天気は3場とも雨模様ですが、稍重程度と見ました。

京都11R アンドロメダS
◎15ストロングタイタン
○11ゲッカコウ
▲7ヴォージュ
△13グァンチャーレ
△2スズカルパン

 ストロングタイタンはこの夏からぐっと体重が絞れた馬ですが、このくらいでちょうど良いのかもしれません。ペースが落ち着きそうな今回はまさに狙い目で、重賞でも活躍するためには落とせない一戦だと思います。

 メンバー構成からしてハナに立つかもしれないゲッカコウが対抗。マイペースのスローに持ち込めれば粘り腰を発揮するはずです。

 ヴォージュが勝ったレースは前半スローの番手からしぶとく粘り切るという競馬が多いため、もしかするとオープン特別でも通用する可能性はあります。流れ次第といった感じです。

 あとは、オープンでは常に勝ち負けになるグァンチャーレと、5年ぶりに52キロという軽量になったスズカルパンを。

 ◎から馬連と3連複の流しで。計10点。

福島11R フルーツラインC
◎11ヒメタチバナ
○16サンデームーティエ
▲7サウンドメモリー
△14マイネルレオーネ
△5ハヤブサライデン

 福島芝2600と言えばステイゴールド産駒から買うのがマイルールなのですが、そこをあえて少し捻りナカヤマフェスタ産駒のヒメタチバナから入ってみます。福島では1,3,1,0と抜けており、さらに52キロの今回は一発があるかもしれません。

 対抗にはセントライト記念6着のサンデームーティエを。まだ細身ですが、父タニノギムレットよりは、母父オペラハウスが出た感じの馬体だと思います。だとすれば、寒い時期の福島で、しかもこの距離で、狙わないわけにはいかないでしょう。

 以下、マイペースで走れればサウンドメモリー、同部隊の奥の細道特別を物差しにするならマイネルレオーネ、キングヘイロー×ホリスキーのハヤブサライデンまで。

 割れているのでワイドのBOXを本線に、馬連も押さえておきます。計20点。

2017年11月17日

マイルCS血統表

 考えれば考えるほど、どの馬も怪しく見えてきてしまうという疑心暗鬼状態…。

2017mcs.jpg
※SS…サンデー系 MP…ミスプロ系 GS…グレイソヴリン系 DZ…ダンチヒ系 RB…ロベルト系 MW…マンノウォー系 SB…ストームバード系 VR…ヴァイスリージェント系 LP…リファール系 ND…ノーザンダンサー系 BR…ボールドルーラー系 SD…サドラー系 HL…ヘイロー系

 3歳馬が人気が無いとすれば面白いんでしょうけど、データ上は消しなんですよ。
 実力があると言われる各馬も格付けが完全に済んでいる馬はおらず、一長一短を抱えています。
 ならば…ということで本命馬を打ち出してみました。本館に書いていますので併せてご覧いただければ幸いです。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。