2018年11月27日

中国、結構やばいです! 外貨が本当にないみたい・・・

今年の中国は、経常赤字に転落しそうです。
以前から、外貨の枯渇=外貨準備高の減少が言われていましたが
最近はその兆候がいろんな場所に現れてきました。

Screenshot_20181127-102631.png


以前も紹介しましたが、最近はタオバオのすべての商品で
自動的に到着後2週間、販売者への入金が遅らせられます。
たぶん私が国際カード決済で、外貨が入ってくるからでしょう。
それでも全体のセールスボリュームでいえば、かなりの金額になります。
それを狙って、アリババからアリペイを取り上げたのかもしれませんね。
現在アリペイは、銀聯に吸収されました。
そこまで、外貨がひっ迫しているということです。

最近外国のネットとつながりにくいのも、もしかすると回線料が滞ってるのかも?
笑い話ではなく、実際にあり得る話なんです。中国では!

金儲けと政治は別と思ってる方も多いと思いますが
実際の中国の現状を見ると、かなり危ない状況です
トランプはコケても、アメリカの元大統領で何の問題もありませんが
習さん(中共)がコケると、たぶん大変なことになります。
そのあたりが、以前から言われたチャイナリスクなんです。
それは、常に頭に入れておいた方がいいと思います。



おまけですが、最近簡単な撮影用ボックスを買いました。
60cm立方ですが、たたむと細長くなるので、移動や保管に便利です。
価格も138元とLED照明付きとしては比較的安かったですね。
こういう商品は輸入にも便利です。

Screenshot_20181127-094000.png




ということで、まだまだ面白い商品もあるタオバオですが
何しろ、中国自体がかなりの大変動に見舞われる可能性があります。

巷では、上海・浙江州や香港・広東が独立するとかのうわさがあります。
GDPのほとんどを稼ぎ出しながら、上前を共産党にはねられているので
国の調子が悪くなれば、まず自分のことを考える中国人なので
全くあり得ない話ではありません。

個人的には、アメリカの圧力で中共が解体されればいいなとおもいますね。
香港も中国化して、どんどん悪くなってます。昔のイギリス施政下の方がよほどいいです。
そう思ってる香港人がたくさんいます。
それに悪いのは中共であって、中国の庶民ではありませんからね。

アメリカの戦略は、資金を枯渇させ「中共」を崩壊させることだと思います。
大得意先のアメリカを敵に回すということが、どういうことか考えれば分かります。
CHINCOMまで復活させるようですから、本気だと思います。

アメリカや台湾の選挙でも、かなり金をばら撒いて、中国寄りの勢力を応援したようですが
独裁で人民を監視社会に追い込む中共の方針が露呈した今
中国とくっ付きたいのは、一部の独裁国家だけでしょう。
それも、金の切れ目が縁の切れ目ですから、金の無くなった中国には
誰も見向きもしないと思います。

かなり大変な状況になる予感がします。
日本のマスコミは中国マネーに牛耳られているので、何も報道しませんが・・・・

posted by 遣唐使 at 11:28| 中国情報その他

2018年10月23日

激動の中国・・・になりそうです。

日本では未だに「貿易戦争」的な報道ですが、実際は冷戦状態突入です。
実際にアメリカの狙いは、共産党解体でしょうね。
はっきり中国内のその他の勢力との連携も、打ち出していますから
中国にとっても、アメリカ留学組は諸刃の剣のはずですからね!

Screenshot_20181023-220448.jpg


https://www.youtube.com/watch?v=bmgSFzIyDZs

このペンス副大統領の演説を聞くと、アメリカが本気なのが分かります。
(1.5倍速でもいいので、字幕を全部見てください)
とりあえず、中国の反省や政策変更を求めてはいますが、それは共産党には無理です。
核心的利益を捨てろと言っているのですから。
つまり、共産党の崩壊が最終の目標と言わざるを得ません。

アメリカにも金を掴ませられた議員はたくさんいますので、予断は許しません。
しかし、少なくとも「副大統領の言葉」は、重いです。

そもそも、タオバオなども中国のある部分の民主化が後押しをしてきたわけです。
そのトップである「馬雲」もアリペイを取られ、自ら引退(逃亡か?)を
せざるを得ない、状況に追いやられました。

ウィチャットのテンセントにも、同様の方針が適用され、結果的に共産党に
経営権を取られてしまうでしょう。

確かに、金儲けを狙って14億人の消費者に目がくらむのはわかりますが
それらは、中国共産党の悪事がこのまま進むと、難しくなります。

私は、過去15年間中国で仕事をしてきましたが、最近は日本にいることが増えています。
ちょっと、今の中国は「末期的」な状況に思います。

現在は、まだバブルの余韻が残っていますが、近い将来「失われた200年」に
突入するような気配です。

200年は、単に日本の10倍以上だからですが、実際にその腐敗の度は日本の比ではありません。
中国全土の高速鉄道と、高速道路に今後どれだけのメンテが必要か?(ほとんど赤字です)
明日開通の香港・マカオ大橋はペイするのか?(瀬戸大橋も同じ?)
基本的にはプロジェクトから得られる賄賂が目的で、結果は考えられていません。
どこの国も似たようなものですが、中国は桁違いです。

良心のない国ですから。
今は、キリスト教や、仏教、イスラム教まで弾圧されています。


最大の貿易利益をもたらすアメリカとの経済戦争がかなりの影響を与えそうです。
最近、中国の物価が結構上がっています。賃金は高止まりしていますが
すでに、フィリピンやマレーシア、タイなどより高くなっています。
中国企業すら、ベトナムやミャンマー、バングラへ逃げてます。

近い将来、かなり劇的な変化が中国に起きると予想されます。
そういうことも、ビジネスにとっては重要な要素です。
長く言われ続けた「チャイナ・リスク」
ぜひ、もう一度思い出してください。


あと2つ、マイナスな情報は株と通貨です。

Screenshot_20181018-165446.jpg


最近は2500を割り込み、近年では最低まで落ち込みました。
ここ数日、無理やり押し上げてますが(また年金が溶けた?)今日も下がりました
チャートも本来信用できませんし、上場企業の殆どは国営企業で
その営業実態もほとんどが嘘です。

そもそも借金を返す気がないのが中国人なので、ドルの借り入れは
借り換えができなくなった時点で、デフォルトでしょう。
世界と日本の銀行も、かなり被害を被るはずです。

もう一つの、為替も7に近づいています。
そもそも、いくらでも印刷できる人民元が、ドル(これも印刷できます!)と
交換できること自体が不思議なくらいですからね。
大量に刷ってドルと交換して逃げる高官が多いのはうなづけます。
早くしないとダメになるのを、彼らは知っていますから。

とりあえず、今の時点でアメリカとことを起こせば、中国の敗北は決定です。
20年前の貧しい、よく働く中国人民に戻ってくれる方がいいのですが
一人っ子ばかりになってるので、今はそれも難しいです。

「中国崩壊」と聞いて、またか? と思う人も多いでしょうが
今回は、マジヤバイ! と私は思います。

はっきり言って、中国にも問題は多いけれども、
その原因の殆どは、「中国共産党」の問題です。
利にさとい、中国人民がそう理解した時点で、現政権はアウトです。
かなり、そこに近づいていると思います。

それをわからせてくれた習皇帝には、感謝状を差し上げたいくらいです!

日本なら、選挙で「安倍政権」が倒れるだけで済みますが
「習皇帝の中国」はどうなるのでしょうか?

一つの手は、「習皇帝」にすべてを押し付けて、新生共産党で政権維持!
しかし、そのためには国営企業の解体、民営化など必要ですが大量の失業者が出ます。
残念ながら、今の中国には実際それができるだけの資金はありません。
そういう状況になった時点で、株も元も大暴落しているはずです。
アメリカ国債も、実際どうなるかわかりませんし。

しかも、共産党が残ると、共産党の軍隊(名前は人民軍)も残ります。
今後は軍事費も大幅に減らざるを得ないですから、結局IMFなどの助けも借りながら
軍も縮小し、民主的政府を作らざるを得ないと私は思います。

石平さんなどは、中国は4つくらいに分割される、
といってますが私もそう思います。
実際、国としてやっていける地域は、上海・浙江省あたり、広州・深セン・香港の広東、
それに、今後北朝鮮と一体化する、中国北部。北京を中心とするあたり。
の3つくらいしかありません。あとは、独り立ちが難しい地域です。
そういう風に分割されれば、しかも民主的な政府になれば、
国際社会も少しは援助してくれるでしょう。


そうでない場合、仮に1%でも中国が世界の覇権を取るようなことがあれば
まともな人は月にでも逃げるしかなくなります。
(決して今のアメリカの覇権を全て良しとはおもっていませんが)

いろいろ書きましたが、実際のところかなりの状況になっている中国情勢。
ぜひ、ネットで情報を集めて、感触を確かめてください。
単純な儲け話に騙されてはだめです!

今日、明日の問題ではないでしょうが、
すでに冷戦の影響はいろんなところに現れています。

人民元の外貨交換の規制(外貨がない)
ファン・ビンビンなど芸能人や一般の金持ちの財産没収
政府による民営企業の乗っ取り
新車の売上も落ちました
不動産の売れ行きも落ちてます
家賃の値上げで、たくさんの店舗も潰れています。
消費の低価格品への移行が始まっています
かなり、消費者物価が上がっています。
また、借金による無駄なインフラ投資が再開されました
輸出も減っています。
財政が経常赤字になろうとしています

国内は、元の増刷でなんとかできますが、ドルは印刷できません
(北朝鮮から仕入れることはできる・・笑)

などなど。

posted by 遣唐使 at 23:20| 中国情報その他

激動の中国・・・になりそうです。

日本では未だに「貿易戦争」的な報道ですが、実際は冷戦状態突入です。
実際にアメリカの狙いは、共産党解体でしょうね。
はっきり中国内のその他の勢力との連携も、打ち出していますから
中国にとっても、アメリカ留学組は諸刃の剣のはずですからね!

Screenshot_20181023-220448.jpg


https://www.youtube.com/watch?v=bmgSFzIyDZs

このペンス副大統領の演説を聞くと、アメリカが本気なのが分かります。
(1.5倍速でもいいので、字幕を全部見てください)
とりあえず、中国の反省や政策変更を求めてはいますが、それは共産党には無理です。
核心的利益を捨てろと言っているのですから。
つまり、共産党の崩壊が最終の目標と言わざるを得ません。

アメリカにも金を掴ませられた議員はたくさんいますので、予断は許しません。
しかし、少なくとも「副大統領の言葉」は、重いです。

そもそも、タオバオなども中国のある部分の民主化が後押しをしてきたわけです。
そのトップである「馬雲」もアリペイを取られ、自ら引退(逃亡か?)を
せざるを得ない、状況に追いやられました。

ウィチャットのテンセントにも、同様の方針が適用され、結果的に共産党に
経営権を取られてしまうでしょう。

確かに、金儲けを狙って14億人の消費者に目がくらむのはわかりますが
それらは、中国共産党の悪事がこのまま進むと、難しくなります。

私は、過去15年間中国で仕事をしてきましたが、最近は日本にいることが増えています。
ちょっと、今の中国は「末期的」な状況に思います。

現在は、まだバブルの余韻が残っていますが、近い将来「失われた200年」に
突入するような気配です。

200年は、単に日本の10倍以上だからですが、実際にその腐敗の度は日本の比ではありません。
中国全土の高速鉄道と、高速道路に今後どれだけのメンテが必要か?(ほとんど赤字です)
明日開通の香港・マカオ大橋はペイするのか?(瀬戸大橋も同じ?)
基本的にはプロジェクトから得られる賄賂が目的で、結果は考えられていません。
どこの国も似たようなものですが、中国は桁違いです。

良心のない国ですから。
今は、キリスト教や、仏教、イスラム教まで弾圧されています。


最大の貿易利益をもたらすアメリカとの経済戦争がかなりの影響を与えそうです。
最近、中国の物価が結構上がっています。賃金は高止まりしていますが
すでに、フィリピンやマレーシア、タイなどより高くなっています。
中国企業すら、ベトナムやミャンマー、バングラへ逃げてます。

近い将来、かなり劇的な変化が中国に起きると予想されます。
そういうことも、ビジネスにとっては重要な要素です。
長く言われ続けた「チャイナ・リスク」
ぜひ、もう一度思い出してください。


あと2つ、マイナスな情報は株と通貨です。

Screenshot_20181018-165446.jpg


最近は2500を割り込み、近年では最低まで落ち込みました。
ここ数日、無理やり押し上げてますが(また年金が溶けた?)今日も下がりました
チャートも本来信用できませんし、上場企業の殆どは国営企業で
その営業実態もほとんどが嘘です。

そもそも借金を返す気がないのが中国人なので、ドルの借り入れは
借り換えができなくなった時点で、デフォルトでしょう。
世界と日本の銀行も、かなり被害を被るはずです。

もう一つの、為替も7に近づいています。
そもそも、いくらでも印刷できる人民元が、ドル(これも印刷できます!)と
交換できること自体が不思議なくらいですからね。
大量に刷ってドルと交換して逃げる高官が多いのはうなづけます。
早くしないとダメになるのを、彼らは知っていますから。

とりあえず、今の時点でアメリカとことを起こせば、中国の敗北は決定です。
20年前の貧しい、よく働く中国人民に戻ってくれる方がいいのですが
一人っ子ばかりになってるので、今はそれも難しいです。

「中国崩壊」と聞いて、またか? と思う人も多いでしょうが
今回は、マジヤバイ! と私は思います。

はっきり言って、中国にも問題は多いけれども、
その原因の殆どは、「中国共産党」の問題です。
利にさとい、中国人民がそう理解した時点で、現政権はアウトです。
かなり、そこに近づいていると思います。

それをわからせてくれた習皇帝には、感謝状を差し上げたいくらいです!

日本なら、選挙で「安倍政権」が倒れるだけで住みますが
「習皇帝の中国」はどうなるのでしょうか?

一つの手は、「習皇帝」にすべてを押し付けて、新生共産党で政権維持!
しかし、そのためには国営企業の解体、民営化など必要ですが
残念ながら、今の中国には実際それだけの資金はありません。
そういう状況になった時点で、株も元も暴落しているはずです。
アメリカ国際も、実際どうなるかわかりませんし。

しかも、共産党が残ると、共産党の軍隊(名前は人民軍)も残ります。
今後は軍事費も大幅に減らざるを得ないですから、結局IMFなどの助けも借りながら
軍も縮小し、民主的政府を作らざるを得ないと私は思います。
石平さんなどは、中国は4つくらいに分割される、といってますが
私もそう思います。
実際、国としてやっていける地域は、上海・浙江省あたり、広州・深セン・香港の広東、
それに、今後北朝鮮と一体化する、中国北部。北京を中心とするあたり。
の3つくらいしかありません。あとは、独り立ちが難しい地域です。
そういう風に分割されれば、しかも民主的な政府になれば、
国際社会も少しは援助してくれるでしょう。


そうでない場合、仮に1%でも中国が世界の覇権を取るようなことがあれば
まともな人は月にでも逃げるしかなくなります。
(決して今のアメリカの覇権を全て良しとはおもっていませんが)

いろいろ書きましたが、実際のところかなりの状況になっている中国情勢。
ぜひ、ネットで情報を集めて、感触を確かめてください。

今日、明日の問題ではないでしょうが、
すでに冷戦の影響はいろんなところに現れています。

人民元の外貨交換の規制(外貨がない)
ファン・ビンビンなど芸能人や一般の金持ちの財産没収
政府による民営企業の乗っ取り
新車の売上も落ちました
不動産の売れ行きも落ちてます
家賃の値上げで、たくさんの店舗も潰れています。
消費の低価格品への移行が始まっています
かなり、消費者物価が上がっています。
また、借金による無駄なインフラ投資が再開されました
輸出も減っています。
財政が経常赤字になろうとしています
国内は、元の増刷でなんとかできますが、ドルは印刷できません
(北朝鮮から仕入れることはできる・・笑)

などなど。

posted by 遣唐使 at 22:01| 中国情報その他

2018年09月04日

最近は中国もかなり変わりました。貿易戦争のせいかな?

とりあえず、最近購入したもののレポートです

mono_NTN6812ZZ.jpg


一般的に良く使われるベアリングですね。
ものタローでは、NTNのベアリングが1990円

さて、タオバオでは?

TAO_NTN6812ZZ.jpg


70.2元だと、今日のレートで 約1143円 おおむね57% 送料入れると合いませんね!

ところが、どっこい

TAO_NTN6812ZZ_low.jpg


ちゃんとNTNの箱に入った偽物があるんですね。
たぶん、日本で安く売られているのはこういうのかも?


中国にも、そこそこのブランドがあって、「ハルビン」などは結構高いです
しかし、普通にこれも偽者が売られています!
高いものは70−80元、安いものは20-30元ですね。

harbin_6812ZZ.jpg



実際に購入して調べてみると、日本製は軽く回ります。そして、耐久性も高い
中国製は、軽くは回りません。しかし、ハルビンのものは比較的
NTNなどに近い感触です。

中には、軽く回るものもあるのですが、たぶん耐久性が悪い!

こういう精密部品で、しかもあまり値段差のないものは、日本製購入になるのでしょう。

もちろん、普通の用途であれば、中国製でも問題ないですが、
いくら安くても、日本などは交換費用のほうが高くつくので
中国製は使われないのかもしれません。

今回は、こういう普通の商品を対象にしましたが、やはり信頼性の必要なものは
日本製やドイツ製が選ばれるのでしょうね。
中国高速鉄道のベアリングも海外製です。(笑)

ところで、最近始まった面白い現象をいくつか載せておきます。
通常、タオバオの商品が届くと、私は受け取り処理をします。
そうすると、販売者はタオバオ(アリペイ)からお金を受け取れます。
アリババに金を預けておいても意味がないので、そうするのです。
ところが・・・・・・

why_taobao.jpg


最近はこういうのがでて、決済できないのです。
この場合は、2週間後に自動的に決済されます!

もうひとつは、
通常、日本のクレジットカードで決済すると、
以前は、人民元か日本円を選べたわけです

しかし、今は 人民元 と USドル を選べる(画面上)のですが
実際には、人民元はエラーになり、USドルしか選べません。

さて、何が言いたいのかですが、
アリババの売り上げ(流通総額)は、50兆円。
つまり、1日1370億円。それを2週間キープすれば
それだけで、2兆円近い金額の短期利息が入ってくるわけです。

これをアリババ好調と見るか、不調の兆しと見るか、ですね。

最近は、中国政府によって、アリババやテンセントが締め付けられてます。
上の「カード決済のUSドルのみ」は金の無くなった政府の締め付けでしょう!

貿易戦争(実際は中国の覇権狙いの阻止)の結果、じわじわと中国経済に影響が出ています

過去に、中国が稼いでこれたのは、ほとんどがアメリカとの貿易です。
しかも、技術窃取とコピーで作った商品で、です。

習近平さんが、「中国の夢」実現にまい進してくれたおかげで、
やっと先進国も、中国という国の正体を分かってきたようです。

これからは、軍備を捨てて、普通の「世界の下請け工場」に戻るのか
はたまた、「世界の工場跡地」になってしまうのか?
二つにひとつだと、思います。

ただ、政権が普通ではないので、どちらにしてもかなりの変動はありそうです!


しかし、危ないところでした。胡錦濤さんがあと10年続けてたら
アメリカ(日本、その他)も、どうしようも無くなっていたでしょう!

アメリカの覇権を、全て良しとはしませんが、
中国の覇権は、まさしく世界にとって「悪夢」です。
「安い商品が買える」と喜んでる場合ではありませんよ!

posted by 遣唐使 at 11:40| (カテゴリなし)

最近は中国もかなり変わりました。貿易戦争のせいかな?

とりあえず、最近購入したもののレポートです

mono_NTN6812ZZ.jpg


一般的に良く使われるベアリングですね。
ものタローでは、NTNのベアリングが1990円

さて、タオバオでは?

TAO_NTN6812ZZ.jpg


70.2元だと、今日のレートで 約1143円 おおむね57% 送料入れると合いませんね!

ところが、どっこい

TAO_NTN6812ZZ_low.jpg


ちゃんとNTNの箱に入った偽物があるんですね。
たぶん、日本で安く売られているのはこういうのかも?


中国にも、そこそこのブランドがあって、「ハルビン」などは結構高いです
しかし、普通にこれも偽者が売られています!
高いものは70−80元、安いものは20-30元ですね。

harbin_6812ZZ.jpg



実際に購入して調べてみると、日本製は軽く回ります。そして、耐久性も高い
中国製は、軽くは回りません。しかし、ハルビンのものは比較的
NTNなどに近い感触です。

中には、軽く回るものもあるのですが、たぶん耐久性が悪い!

こういう精密部品で、しかもあまり値段差のないものは、日本製購入になるのでしょう。

もちろん、普通の用途であれば、中国製でも問題ないですが、
いくら安くても、日本などは交換費用のほうが高くつくので
中国製は使われないのかもしれません。

今回は、こういう普通の商品を対象にしましたが、やはり信頼性の必要なものは
日本製やドイツ製が選ばれるのでしょうね。
中国高速鉄道のベアリングも海外製です。(笑)

ところで、最近始まった面白い現象をいくつか載せておきます。
通常、タオバオの商品が届くと、私は受け取り処理をします。
そうすると、販売者はタオバオ(アリペイ)からお金を受け取れます。
アリババに金を預けておいても意味がないので、そうするのです。
ところが・・・・・・

why_taobao.jpg


最近はこういうのがでて、決済できないのです。
この場合は、2週間後に自動的に決済されます!

もうひとつは、
通常、日本のクレジットカードで決済すると、
以前は、人民元か日本円を選べたわけです

しかし、今は 人民元 と USドル を選べる(画面上)のですが
実際には、人民元はエラーになり、USドルしか選べません。

さて、何が言いたいのかですが、
アリババの売り上げ(流通総額)は、50兆円。
つまり、1日1370億円。それを2週間キープすれば
それだけで、2兆円近い金額の短期利息が入ってくるわけです。

これをアリババ好調と見るか、不調の兆しと見るか、ですね。

最近は、中国政府によって、アリババやテンセントが締め付けられてます。
上の「カード決済のUSドルのみ」は金の無くなった政府の締め付けでしょう!

貿易戦争(実際は中国の覇権狙いの阻止)の結果、じわじわと中国経済に影響が出ています

過去に、中国が稼いでこれたのは、ほとんどがアメリカとの貿易です。
しかも、技術窃取とコピーで作った商品で、です。

習近平さんが、「中国の夢」実現にまい進してくれたおかげで、
やっと先進国も、中国という国の正体を分かってきたようです。

これからは、軍備を捨てて、普通の「世界の下請け工場」に戻るのか
はたまた、「世界の工場跡地」になってしまうのか?
二つにひとつだと、思います。

ただ、政権が普通ではないので、どちらにしてもかなりの変動はありそうです!


しかし、危ないところでした。胡錦濤さんがあと10年続けてたら
アメリカ(日本、その他)も、どうしようも無くなっていたでしょう!

アメリカの覇権を、全て良しとはしませんが、
中国の覇権は、まさしく世界にとって「悪夢」です。
「安い商品が買える」と喜んでる場合ではありませんよ!

posted by 遣唐使 at 10:50| 中国情報その他

2018年03月21日

3Dプリンター! やっと買いました!!

最近買った優れものは、この3Dプリンターです!
今までは外注に頼んでいたのですが、1g2元(35円くらい)が相場です
たまたま、150gくらいのものを、6個頼むことになり、考えれば1800元ですから
それほど綺麗でなくてもいい用途なので、3Dプリンター買う方がいいかも?
と、思って探すとこれが見つかりました。

最大の印刷サイズが210*210mmと低価格帯では一番大きかったのと
テーブルに加熱ヒーターが着いているのが決め手です。
この加熱ができないと、大抵1段目の定着が悪く失敗します。

ANYCUBIC 3D打印机 桌面级 教育家用 i3 diy套件大尺寸晶格热床

 1099元 (約18700円、掲載日のレート換算)

anycube.jpg


正直、この値段なので余り期待していなかったのですが・・・・・
これは使えます!!

あくまで試作(それもテストなどに使う)用途に限りますが
もちろん、いつも外注で頼むレーザー式の3Dプリンターとは仕上がりは別物です。

それでも、いろんな物が自由に造れるのはいいですね。
私の場合は、自分で3D-CADを使って、データも造れるので非常に便利です。

ただし、キットの状態で届くので、組み立てには5−6時間かかります。
上位機種だと、90秒で使えるようになると書いてます。
でも、構造を全部理解できるので、自分で組み立てるのもいいかも!

実際の用途ですが

20180317_071205.jpg


例えばこんな風に設計しているものに、O-ringをはめるのに
57mmがいいか、58mmがいいか悩んだときに、簡単にチェックできます。
必要な部分だけ、印刷すればいいわけですからね。

今は、軍が前線に3Dプリンターを持ち込んで、補修部品を現場で造る時代です
メーカーが補修部品を持たなくていいようになるかもしれませんね。

ちなみに、成形に使う樹脂はよく使うPLAが1kg34元です。

蚂蚁耗材3d打印耗材pla1.75mm 3.0 abs 打印机 1kg 打印笔耗材料

PLA.jpg


いろんな色があります。1g当たりだと0.6円ですから、格安ですね!
時間はかかりますが、1/60の価格で造れるようになりました。

最近は液晶画面を使ったものも出ているようで、液晶の画面で感光性樹脂を
積層していくのでしょうね。レーザーの様に走査しなくていいので
速度は速いのかも?

2018年02月19日

2018年今年もよろしく(旧正月です)

いやいや、1年ぶりの更新ですね!! 
今年は、中国も不景気になりそうですが、スマホ決済に関しては急成長が続いています
基本的に偽札が多いので、現金はあまり信用されてないと言うことですね。
日本では、現金支払いが過半数で、その維持コストが莫大にかかっているようで。
偽札の無い国も、ある意味大変なわけです。

日本の場合、縦割り行政で省庁間の争いもアリ、スマホ決済もなかなか進まない様です。
今回は、中国の急成長分野、美団・外売(宅配ですね)について書いてみます。
元々美団は名前のとおり、美味しい物の共同購入(クーポン販売)からスタートしたようです。
レストランの割引クーポンで半額で食べられるなどのメリットがあり
スマホの普及に合わせて、急成長しました。

最近は特に買えばすぐに配送してくれる、外売が大ヒットです!
なんと、私も最近はよくお世話になります。(笑)
その流れを簡単にご紹介します。

Screenshot_20180217-110516.jpg


アイコンの右の方に、カンガルーがあります。それが外売りです。
他にも、美食やカラオケなどもありますね。それらはクーポンの販売です。
さて、外売りをクリックします。

Screenshot_20180217-105843.jpg


いろいろなジャンルのメニューがでてきます。左下の一人用セットメニューを押します。
単人なんたらと書いてます。何となく分かりますね!

Screenshot_20180217-105902.jpg


この中にもいろんなメニューがあって、日本料理もあるのですが、
今回は、中国のセットメニュー(料理とご飯、スープなど)を頼んでみます。

Screenshot_20180217-105938.jpg


すごい種類がありますが・・・・お勧めの物は大抵上の方にあります!
あまり分かりませんが、とりあえず評判も良さそうなのでこれにします。
選ぶ基準は写真なんですが、コメントを読むのも面白いです。
量が少ない! とかの文句が書かれていることが多いです。
日本人にすれば、食べきれないくらいなんですが。

さて、料理が決まると、精算に行きます

Screenshot_20180217-110007.jpg


おおむね、右下が次へ行くボタンですね。
堤交訂単というのが、発注・精算のことですね
選んだ商品が並んでいますので、確認したら次に行きます

Screenshot_20180217-110023.jpg


支払い方法は、美団支払いと、微信(ウィチャット)支払いがあります。
残念ながら、美団支払いは、習金平の意地悪で外国人は使えません。
最近は新しい銀行口座も作りにくくなっています。
すべて、中国人の身分証が必要になります。困ったもんです。

文句を言ってもしかたがないので、微信支払いを押します

Screenshot_20180217-110044.jpg


すぐに、微信支払いに飛びます。
金額を確認したら、「今すぐ支払う」を押します。なぜか日本語表示!

Screenshot_20180217-110145.jpg


これまたすぐに、リンクしている銀行の支払い画面に飛びます。
微信の中にお金が残っていれば、そこから支払うこともできます。
なにしろ、ここに支払いパスワードを入れれば完了です。

オレオレ詐欺以上に、簡単にお金を取ることもできます。
そういう問題がいっぱいあって、今は身分証がないとアカウントが作れなく
なったのだと思います。

Screenshot_20180217-110246.jpg


すぐに支払い完了の通知が表示され、同時にスマホにもメッセージが来ます。

Screenshot_20180217-110341.jpg


美団の画面も、受注画面に変わります。
ここから、おおむね3−40分待つと商品が届くわけです。

次回の注文は、この伝票から「再注文」を押せばすぐに同じ店の注文画面になります。
結構、夜中まで配送してくれるので便利です。
配送料は、安いところで3元(60円)から7元(130円)ほどまでで
距離や時間帯によっても変わります。

最近できた機能ですが、到着までの状況がリアルに表示されます。

Screenshot_20180217-110407.jpg


地図上にお店の位置が表示され、現在調理中などと表示されます。
この時点で、美団の配送メンバーのうち、近くにいる者に連絡がいき
配送可能な者がいれば、それも表示されます。
忙しい時間帯や、休日、深夜になると、見つかるまでに時間がかかることもあります。
一度は、指定時間になってもあらわれず、キャンセルしたこともあります!
通常は、5-10分で見つかるようですね。

Screenshot_20180217-110818.jpg


お、見つかりましたね! 騎手と書いてますね! 別に馬で来るわけでは無いです・・・
これから、店舗に向かいます。時間や、距離も表示されます。
おおむね、1分ごとに更新されるようです。
地図の表示に変えると、いつでも更新ボタンで更新できます。
関西人には、必要な機能です(笑) 中国人にも!

Screenshot_20180217-111017.jpg


お店に到着しました!
ものによっては、調理に時間がかかるので(ピザなど)
折角早くお店に着いても、なかなか出発できないこともあります。
店の混み具合にも、よるのでしょうね。

このあたりは、実際に日本でも昔からある出前と変わりません。
違うのは、配達する人が店員ではなく、美団の配達員だということです。
配達依頼と配達請負のマッチングビジネスですね。

でも、30分以上かかる配達が3元とかで済むので便利です。
ちなみに、このお店は歩いて20分、電動自転車で10分、車で15分くらいの所です!
(なぜか車は時間がかかる!)
でも、寒いし、面倒くさいので、ついつい美団のお世話になってしまいます

Screenshot_20180217-112022.jpg


と言ってる間に、スタートしたようですね。

Screenshot_20180217-111851.jpg


何しろ近いので、すぐに来ます!。 前まで来ると電話がかかってきますが
中国語はよく分からない(笑)ので、2階の窓から覗いてみます

Screenshot_20180217-111640.jpg


すぐ近くに来ています! 急がないと。

20180217_112104.jpg


おーーーーーい。ここや、ここや!!!
気がついたようですね!

20180217_112154.jpg


会社の前に到着です。
受け取ると、すでに商品配達済みになっています。素早い!!

Screenshot_20180217-112307.jpg


そして、ここから配達員の態度や、味、その他について評価ができるのです。
この評価が、中国人の民度向上に役立ってるのは確かです。
ただし、なぜこういう評価を「政府」に対してしないのか不思議ですが?


以上が、最近私まで使うようになった、美団、外売りの実際の流れです。
中には、コンビニやミニスーパーまであり、なんでも注文できます。
ローソンもありますよ!

http://waimai.meituan.com/?utm_campaign=baidu&utm_source=1522

もしかすると、位置情報がないと見られないかも?

meitan.jpg



3-7元で、寒い日や、雨の日に出歩く必要がなくなりました。
すなおに、便利なシステムです。
しかし、本来はこういうのは公共サービスとして、おこなう方がいいでしょうね。
これによって、単に仲介を(しかも自動で)おこなう業者が儲けるのは
余り健全ではないと思います。(ほとんど、このたぐいですが・・・)

さしずめ、日本なら将来は
「お年寄りの、お年寄りによる、お年寄りの為サービス」として
ボランティアで行われるようになるといいですね!


posted by 遣唐使 at 18:54| 中国情報その他

2017年02月10日

中国でも珈琲は普通の飲み物になりましたね!

最初に中国に来た2000年頃は、どこにも
インスタントコーヒーすら売ってませんでした。
それが今では、どこの小さな店でも、ネスカフェは売ってます!
ネスレはすごいですね!!!

そういう背景からか、タオバオでも珈琲関連の商品が増えてます
個人的には最後のカセットコンロの分がよさそうですね。
これのモーターをシガーライターから取れるようにすれば
オートキャンプに持って行けますし!


これは、日本に昔からある「ほうろく(焙烙)」のコーヒー版です
私も持ってます! タオバオで買いました!

YAMI 亚米 迷你家用陶瓷咖啡豆烘焙神器烘培机手工烘培陶瓷焙煎器

 149元(約2533円、掲載日のレート換算)

coffee06.jpg



これも日本でも売られてますが、韓国ブランドです

咖啡生豆烘焙 GENE CAFE 3D热风式烘豆机

 4200元(約71400円、掲載日のレート換算)

coffee02.jpg



少し新しいのが、これ。熱風式です

热风家用烘焙机|咖啡烘焙机|咖啡生豆样品烘焙机 容量300g

 1280元(21760円、掲載日のレート換算)

coffee05.jpg


昔からあるタイプで、ガスコンロの上に乗せて使います

包邮家用小型咖啡豆烘焙机烘培机 烘豆机 也可烘焙花生瓜子坚果

 265元(4500円、掲載日のレート換算)

coffee01.jpg



最近出たのがこの2点ですね。どちらもガスを使います。
ちょっと本格的ですが、価格は安いです。

ET-200 家用小型咖啡豆烘焙机炒豆机小钢炮 咖啡豆烘培 台湾原装

 1480元(25160円、掲載日のレート換算)

coffee03.jpg


これは、カセットコンロのボンベを使うもので、一番新しいかも?

咖啡烘焙机 自动烘焙机 家用烘焙机 小型烘焙机 烘豆焙机150g

 1287元(21880円、掲載日のレート換算)

coffee04.jpg


本当にこの10年で中国も変わりました。
コーヒー豆も、私は雲南(ユンナン)のをいつも買ってますが
非常にマイルドで美味しいです!
余談ですが、最大の雲南コーヒーの投資家は、ネスレです。
なのでネスカフェは日本より、中国の方が美味しいです!

一時コーヒーの相場が暴落した時、中国の農家は手放しましたが
ネスレは買い漁ったみたいですね。
ただ、価格は日本で買う普通の豆より高いかも?

https://ywqlsp.tmall.com/shop/view_shop.htm?spm=a1z09.2.0.0.1hgLfG&user_number_id=481231648

ちなみに、ここはいつも買うタオバオのサイトです。
「中咖」というのがブランドです (そのままやがな!!)
最近はタオバオで買わずに、ウィチャットの中から買います。
支払いが、そのままウィチャット・ペイでできますので。

今や、ウィチャット・ペイは、支付宝(アリペイ)より伸びてますね!
どこのお店でも使える感じです。

最後のおまけですが、このステンレス製フィルターは優れものです。
全く粉が落ちません。今は、これしか使っていません。
洗うのも非常に簡単です。

https://detail.tmall.com/item.htm?id=45788868819&spm=a1z09.2.0.0.1hgLfG&_u=ae3n2gfe27a&skuId=87771838012

 26元(442円、掲載日のレート換算) 安いですね!

SUS_filter.jpg


月销量1364<== 月間1364も売れてるらしいですよ!! 
たぶん、フィルターペーパーが高いからかも?

私の趣味に偏りましたが、今日はコーヒー関連でした
posted by 遣唐使 at 11:08| タオバオ(一般)

2017年02月03日

またまた、中国らしい話題です。引き続き車の話題です

前回も、電気自動車の件でした。確かに最近見ることが多くなりました。
さて今回は、この写真です。

铁壳成人四轮电动代步车新能源电动车油电两用电动汽车轿车观光车

rover.jpg


おや、どこかの車に似ていますね・・・
しかも、1000万円以上する車に!
しかも、なんたらROVERとか書いてます。(CNEV ROVER)
なるほど、中国の電気自動車はいいけど、ROVERはええのか?
書かなくても、分かるぞ! というツッコミを入れたくなります。

これも発電機付きですから、レンジ エクステンダー付き ローバー!
略して レンジ ローバー(笑) 高尚なギャグです。


次はこれ。

新款铁壳新能源老年代步车电动四轮汽车成人油电两用电瓶电动轿车

おお、なんとこれも電気でもガソリンでも走るハイブリッドです。

audi.jpg


AUDIの輪って、4つではなかったのかな?
これだと、オリンピックですね。
なので、「コピーではない」というのが中国の屁理屈です。
AUDIがみたら、笑うのか、怒るのか分かりませんが・・・

最後は、これ

mix.jpg


なんか、いろんな車の面影が見えますね・・・

やはり、ほとんどの中国人は、まだ工業所有権の何たるかを理解してないようです。
トランプさんが、怒るのも分かる!

そうそう、トランプさんがなぜ日本にも喧嘩を売るのか?
その答えは、これを見てください。

Screenshot_2017-01-30-19-02-12.png


これは昨年のUSA車の売れ行き、ベスト5です!

たぶん、この下にも、MITSUBISHI、SUBARU、MAZDA、
とかが続いているのでしょう・・・


うーーーん。フォード何してるねん?
GM! 中国ばっかり出稼ぎ行ってたらあかんぞ!

もう一つは名前すら忘れました・・・・

これはまた、問題が起きそうですが、その問題とは
かなりの部分は、MADE IN USAだからですね。

それに、トランプさんが頑張っても、雇用は減り続けます。

なぜなら、これから先進国にできる工場は「ロボット」を雇用するからです
文句を言わずに24時間働くロボットは、資本家の願望です。

中国ですら、ロボットの導入が怒涛のごとく進んでいます。
なにしろ、組合がないですから・・・
共産主義国家で、労働者が独裁してる国のはずですから

いろんな工場の社長に聞くと、「50%自動化したい!」
とか「70%自動化したい!」という話ばっかり
いったい労働者の生活は、どうなるんや! と言いたいですね

このまま行ったら、一体誰が製品を買うのでしょう?
世界的に同じことが進んでいますのでね。





posted by 遣唐使 at 20:47| 中国情報その他

2017年01月21日

中国は電気自動車の先進国を目指しています!!!

最近では、大手も積極的に参入しているみたいですね。
上海のように、電気自動車でないとナンバーがもらえない地域もあります。

ECAR-2.jpg



これなどは江鈴とあるので、日本のいすゞとの合弁会社なんでしょうか?
それなりのデザイン、それなりの価格です。

以前は、こういう玩具のようなものが主流だったのですがね。

ECAR-4.jpg



これも、最近は少しデザインが洗練されてきました。


大手のブランド以外でも、すごく沢山の車がでてきています。
これなどは、なかなか良さそうな・・・と思いましたが

ECAR_1.jpg



やはりというか、本家がいました!

CAR-1.jpg


マセラティ 新型「クアトロポルテ」 ですね。URL貼っておきます
https://youtu.be/VY36qJxR5cs

中国で、「おっ、これはいいデザイン・・・」と思うと、必ず元があります
つまりコピーですね。
特に零細企業などは、意識が低く、まるっポ、コピーします!
知らないとは、恐ろしいものです・・・

最近良く売れているこれも

ECAR-3.jpg


何かに良くにていますよねーーーー

まあ、過渡期だといえばそれまでですが、
こういうことが自由にできる(模倣特区!)中国は羨ましくもあります。

トランプさんがこういうのを目にすると、どう思うのでしょうか?

何にしても、中国が自動車では世界一の市場であることは確かです。
それを考えると、馬鹿にできない分野のひとつですね!




posted by 遣唐使 at 06:01| 中国情報その他
プロフィール
遣唐使さんの画像
遣唐使
中国在住15年。仕事上でもタオバオやアリババでの購入経験が豊富。自社ショップも有り。信じられないような経験も。まさに何でもありの中国ネットショッピング。その危険で甘い香りの世界をナビゲートします。まずは「タオバオってなーに?」をご覧下さい。 タオバオは中国最大のショッピングサイトです。本当にいろいろな物がありますが、それこそ玉石混交です。中にはびっくりするようなものも届きます。日本ではあり得ない「これが商品か?」というものまであります。露天を歩き回って楽しむ感じですね。商品仕入れを考える人には、かなりの経験が必要になります。Tモールの方は、ほとんどが企業なので少しましになります。価格は少し高いかも知れません。私は、かなりタオバオで買ってますが、70%くらいは使い物になると思いますね。特に最近は大分ましになったように思います。              
プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
お役立ちリンク集