広告

posted by fanblog

2018年01月08日

場づくりの教科書 長田英史

こんにちは、ひろこです
アラフォー主婦です
年を重ねるとともに、教養も身につけたいなぁと、
日々 ひたすら本を読んでいます。


今回はコチラ

場づくりの教科書
単行本 – 2016/9/13
長田英史 (著)



3D00E516-9C15-4D18-9CC4-C4952D57D4E9.jpeg


今回は、近く、講演を聞く予定のある
長田英史(おさだてるちか)さんの著書を
県の図書館から取り寄せました。

「他者を演じず、空気を読まず、自分らしく呼吸できる場はありますか?
場づくりの哲学と技術を体系的に学べる画期的入門書! 」

自分らしく呼吸できる場所・・・。
どんな場だろう。

「場」というのは、
なにかお洒落な部屋とか、そういう場所のことではないです。

なにかの目的があって人が集まる「場」。
場所はどこでもいい。

ーー本書の目次ーーーーーーーーーー

第1章 場はたった一人の思いから生まれる
     「場所」と「場」の違い
第2章 ゼロから新しい場をつくるには
      場づくりの三つのステップ
第3章 組織を立ち上げるには
第4章 会議のやり方
第5章 継続的な場をさらに豊かにするには
第6章 場づくりはいつも自分の内側から
おわりに ありのままの自分で世界とつながろう

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


「居場所は人間関係で成り立つ」。
当たり前と言えば当たり前だけど、

なかなか自分が、
ありのままでいれるような「場」というのは
意識しないとつくりだせないのかも。

「場」に合わせようとするからこそ
自分らしくなくなったり、
疲れたり、悩んだりすることもある。

自分らしくあれる「場」。自分の望む場。
誰かに必要な「場」。

たとえば、何かを求めて「場」を探し、
同じ目的だったり、
共感できるところを見つけて
「場」に参加した際、

「なんかちがう」

って感じることがあります。

たとえば
「いつも同じ顔触れで安心して集える場」
を求めている人と
「新しい出会い、つながり広げていきたい」
と考える人では

求める「場」は自ずと違ってきます。


まずは、自分がどんな「場」を求めているのか
明確にしたほうがいいかもしれない。

そして、無ければ作る。
ゼロから新しい場をつくる。

この本では
ゼロから作る方法が
具体的に紹介されています。

@まずは発信する。
本当の気持ちを伝えることで、必要なつながりができる。

Aそして「単発の場」を作る。

B共感者がいれば、それを継続的な場として発展させることが出来る。





単発の場から始めることは
メリットがたくさんあるけど、

しかし単発の場には限界がある。

たとえば、主催メンバーが
当日の感動でもりあがって、
自画自賛しながら自己満足で終わってしまう可能性に触れられています。

たしかに・・・。

ーーー本文よりーーーーー

意識の高揚感は、
日常生活を変える力がなくても、
それが続いている間だけは
魔法のように気分がよくなります。

満たされない辛く苦しい日常がある人が、
その日常と向き合い、
それを変えていこうとするのではなく、

そこから目を背けて
ただただ意識の高揚感に中毒してしまう。

「感動したい!」
「達成感を味わいたい!」
「ありがとうって言われたい!」
「仲間といっしょにいたい!」

といったように、本来の目的にとって代わってしまうのです。

ーーーーーーーーーーーーーー

これ・・・
学校の文化祭とか、
部活動の本番だったり、
その打ち上げだったり・・・

ありがち。

あと ネットワークビジネスって
こういう想いでのめりこむのかも(><)
中毒・・・。ナルホド。


もし、感動で終わってしまうのなら
たしかに単発イベントは危険ですね。

「次につなげていこう」と思うからこその
反省だったり、改善だったり
冷静な、客観的な話し合いが必要になる。

ただ、単発だからこそ、
「そこへ向けて思い切り頑張れる」「集中できる」
というメリットもあります。

その勢いのままで、継続することは難しい。

継続する「場」を作るには、
それなりの「思い」や「力」が必要。

なんでもそうですが、
それなりの知識とか技術が必要なんですよね。
キラキラな「想い」だけでは継続は難しい。


さて、組織を立ち上げるための技術。
読んでいて思いましたが、
「流れ」は、仕事とかでプロジェクト組んだ経験があれば
そんなに難しくないと感じました。
(なのでここでは割愛)

なにが難しいかというと「人」なんだなぁ。。。
と改めて実感。

いっしょに何かをしようとすると
必ず意見の相違や、温度差が出てきます。

主催メンバーの中に、
傍観者が出てきてしまうとツラい。

ただ、やる気をなくしてしまった人には
きっかけがあるかもしれない。
意見を無視されたとか、事前に連絡がなかったとか・・・。

ちょっとした、ささいな行き違いで
大きな隔たりが出来てしまうかもしれない。

その都度、
丁寧にすすめたいです。

また、「決定の仕方」を事前に決めておくことも大事。
「決定権のあるリーダーを決めておく」のか、
「多数決」なのか、「意見がまとまらないときは中止する」のか。

主催メンバーの中にリーダーを決めるのか
それとも全員フラットなのか。

ちなみにリーダーというのは
「役割」であって、
「地位」ではないとのこと。
なるほど。


次に、終わった後の振り返り作業。

@感想会
A統括会議

@感想会は、感想の話し合い。どう思ったか。それぞれ感じたことを共有。
A統括会議は、「当初やろうとしたこと(計画)」「実際にやったこと(結果)」「結果への評価(必要なら改善案も)」(提案→質問→意見→修正→承認)

なんとなく盛り上がって、
耳障りのいいことばでまとめない。
「多様性がある」「パワーがある」「やってよかった!」
なんていって やり散らかさない。
(耳が痛い)

深まる場の作り方
第一段階 全員で一定の情報を共有する
第二段階 共有された情報を元に深める

自分の考えをしっかり伝えることが必要。
それが「考えを押しつける」ことにはならない。

考えを伝えてから、
それに対して共感できることや異なる点を話しあってもらう。

同じ考えにならなければいけないのではなくて、
「対等」に意見を交換するためにも
情報の共有が大事。


以上、この本を読んで、
いいなとおもったところを
メモメモしました。

なにより大事なのは「私」。

冒頭で紹介されていました。
「私」が「場」をつくり、「場」が「私」をつくる。

そして、最後にも、
「迷ったら自分の内側に戻る」
「場づくりはいつも自分の内側から」
など、書かれてます。

巻末の内容を(少しだけ)紹介して
今回の記事は終わりです。
長々と読んでくださってありがとうございました(^^)

ーーーーーーーーーー

おわりに ありのままの自分で世界とつながろう

<一部抜粋>

僕は、場づくりを
ありのままの自分で世界とつながるための手段だと考えています。

場の豊かさとは、そこにいる人の豊かさです。

そこにいる人たちの つながり方の豊かさです。
他人を演じるのではなく、
一人ひとりが自分自身として場に存在できる。

空気を読むのではなく、
自分たちにとって居心地のいい空気をつくりだせる。

それは突き詰めれば、
ありのままの自分としてお互いが出会い、
ありのままの自分として 社会や世界と
つながることではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーー



場づくりの教科書

長田英史 芸術新聞社 2016-09-13
売り上げランキング : 118226
by ヨメレバ





日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7171591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ひろこさんの画像
ひろこ
とにかく本を読んでいたくて、文芸~実用書~漫画など、ひたすら読んでます。本のカテゴリ分けは、Amazonを参考にしています。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド
最新コメント
ファン
検索
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。