2019年12月28日

本年を振り返って

おっさんフリーランスひでこんです。

今年をかんたんに振り返ってみると、
・ニ拠点先で町と一緒にイベントを実施できた
・二拠点という形から多拠点という形にシフトし始めた
・法人化した
というところでしょうか。

毎年毎年何らかの形で進化していきたい。
そう思う、年の瀬迫る今日この頃です。

ではでは。

2019年12月22日

令和元年もまもなく終わりますね

おっさんフリーランスひでこんです。

家族とご飯食べてるとき、もう年末だねー→あれ? もう令和元年も終わり?
…という事での令和元年もまもなく終わりですね。

令和元年は忙しい年でした…。
主に気持ちが(笑)
身体もしんどかったのですが、都内での仕事、長野県内での仕事など移動も含め想定以上に疲労しているな…と感じる事が多かったです。

自分の選択ですのでやりきるしかないという思いですし、とても充実していましたが、令和2年は体調と相談しながら仕事していきたいなと思います。

ではでは。

2019年12月19日

変わるモノ、変らないモノ

おっさんフリーランスひでこんです。

先週日、長野でのもう一つの活動先である飯田市に行ってきました。
正確には市内を離れた遠山郷ですが…。

目的は、霜月祭(12/1-15)で私は応援団活動をしている下栗系上村の霜月祭のお手伝いです。

元々このエリアを知るきっかけは、長野県が主催するおためしナガノ及びときどきナガノというイベントでした。

天空のビュースポットから見る景観と、特産の下栗芋に魅力を感じ、農業(なんて呼べるものではないレベルですが)含めた地元の応援団として不定期に活動していました。

その中で、そもそもなぜこのような山中の斜面を開梱し暮らし始めたのか? 等など背景に強い興味をもつ中で興味を持ったのが霜月祭でした。

遠山郷、霜月祭も検索すれば詳細は出てきますので、私が興味を持った点、実際参加してみて改めて不思議に感じた点をあげますと
…。
・発祥時期不明(地元の方いわく八百年)
・祝詞、般若心経、怨霊調伏…神仏混交
・前日の宵祭、朝から翌朝まで続く本祭
・湯かけ
など、文化的にも宗教的にも、そして純粋な好奇心を刺激される要素が多かったです。

私は応援団の延長で参加したつもりだったのですが、今年から霜月祭に対するボランティアを別途募集していたようで、それを知らずに参加した村の人と私で認識齟齬があったりしました…。

祭祀の道具作りを教えてもらったり、〜の湯という際しに参加してやり方を教えてもらったり…??という事、多数ですが勉強にもなりまた来年もお手伝いする事を終了後に約束し帰路につきました。

このような伝統文化は、各地域ともに過疎化・高齢化により今後加速度的に失われていくことと思われます。

私は特にITという新しいツールを使い、古いものを作り変えていく事でより便利に…と考える仕事についています。
同列で語るべきことではないでしょうが、それはそれとして、文化として変わらないものの大切さに触れられたと感じています。

自分の手の届く範囲で、やれる事を今後もやっていければいいなと思います。

参加者としてだけではなく担い手も募集してるようですので、興味を持たれた方は一度足を運ばれてみてはどうでしょうか。

ではでは。

2019年12月17日

テントをお供にワーケーション

おっさんフリーランスひでこんです。

先日、二拠点先の物件を引き払ったと投稿しましたが、その後どうしているか? のお話です。

訪問頻度的には、ホテル暮らしでも良いのですが、元々来春(2020年3月)判断をするつもりでしたので約5ヶ月ほど前倒しで撤収という判断をしました。

ババン!
IMG_20191115_115203.jpg
テント暮らしです。それも晩秋〜冬を迎えつつある時期からスタートという、ちょっとアレな人と思われても仕方のないタイミング。
しかもキャンプ初心者というオマケつき。

理由をあげると、知人のキャンプ好きとの始める前にデュオキャンプした時に、装備を整えれば快適である事。
私が良く行く長野の地域には近くにホテルがなく町まで降りるか隣接する市町村まで移動する必要がある事。
などからテント片手に?仕事(ワーク)と前後の遊び(バケーション)を兼ねたワーケーションスタイルを選択しました。

テンマクデザイン サーカス TC DX

新品価格
¥43,780から
(2019/12/17 08:43時点)




さて、いつまで続くでしょうか(笑)

ではでは。
検索
プロフィール
コンドウヒデミツさんの画像
コンドウヒデミツ
フリーランスのITエンジニアとして活動中。妻と子供3人をがんばって養ってます。仕事の事、趣味の事、家族の事など同年代の方に共感を持ってもらえるような、役に立つような記事を投稿していきたいです。
プロフィール
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン