2018年12月06日

スマブラ専用?「ホリ クラシックコントローラー」レビュー

スクリーンショット 2018-07-25 15.29.18.png

「ホリ クラシックコントローラー for Nintendo Switch」のレビューになります。

ホリクラコン紹介


コントローラーの形状はGC(ゲームキューブ)とほぼ同形状なのでスマブラをGCコントローラーでやっていた人にはピッタリのコントローラーになっており、値段も手頃なので多人数プレイように買うのもおすすめです。

カラーは3種類

カラーは「マリオ」「ゼルダ」「ピカチュウ」の3種類あってどれを選ぶか迷ってしまいます。
個人的には「ゼルダ」が好きですね。

スクリーンショット 2018-07-25 15.34.06.png

マリオタイプ:マリオのイメージカラーの赤色と、中央にはMの文字が印刷されています。

スクリーンショット 2018-07-25 15.33.37.png

ゼルダタイプ:クリアブラックの本体とゼルダの紋章がカッコイイです。

スクリーンショット 2018-07-25 15.34.19.png

ピカチュウタイプ:黄色い本体にピカチュウのシルエットが映えるデザインです。

コントローラーの特徴


外形寸法:(幅)約141mm×(奥行)約103mm×(高さ)約69mm
ケーブル長 :3m
質量: 約230g

ケーブルも長くて軽いので使いやすいです。

05_拡大_.jpg

ドックにUSB接続してゲームプレイができます。
複数台接続可能。

03_p-2.jpg
押しやすい形状のボタン
大きくて押しやすい形状のボタンで、快適にゲームを楽しむことができます。
また、L/RとZL/ZRのボタン機能の割り当てを切り替えることができます。
お客様の遊びやすいボタン配置でゲームプレイをすることができます。


02_z.jpg
3段階の連射機能搭載
秒間約5・10・20回の3段階で連射、連射ホールドが設定可能です。
設定可能ボタン
Aボタン / Bボタン / Xボタン / Yボタン / Lボタン / Rボタン / ZLボタン / ZRボタン / 十字ボタン(上下左右)
※十字ボタンは、連射のみ設定可能です。


04_m.jpg
手が滑りにくいグリップ
グリップ部分には特殊表面処理が施されており、
手が滑りにくくなっています。

●注意点
※本品は以下の機能を搭載しておりません。
・ジャイロセンサー ・モーションIRカメラ 
・加速度センサー ・プレイヤーランプ ・HD振動
・おしらせランプ ・NFC(近距離無線通信)
あとワイヤレスではないです。

スマブラSP前に買っておこう

スマブラがGCコンに対応するのは発表済みですが、長く使うならこのスイッチ版GCコントローラを買っておいてもイイと思います。
値段も手頃だし対戦用にあると何かと便利ですしね。
僕は「ゼルダ仕様」買い決定です。

使ってみた感想・まとめ


良いところ
・GCコンに慣れている人は違和感なくプレイできると思います。

・これが個人的に一番良い変更点でZR/ZLボタンの押し込みが浅くなりボタンを押し込まなくても反応するようになった。スマブラでガードがやりにかったので個人的に◎です。

・プロコンは8000円近くするので比べてもかなり安いです。good!

悪いところ
・ジャイロが無いのでスプラなどジャイロを使っている人には不便

・連射機能いらない。この手のコントローラーにはなぜか連射機能がついているものが多いですが不要では?
無くして少しでも価格を抑えて欲しいと思います。


→スイッチのおすすめゲームレビューまとめ




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8363584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
にほんブログ村  ⇨はいだらペーターYouTube⇦
記事ランキング
  1. 1. 「任天堂スイッチ」ソフトレビューまとめ・評価
  2. 2. 「ニンテンドースイッチ」おすすめソフトランキング【レビューまとめ】
  3. 3. 「もしも」でちょっとしたお小遣いになりました。
  4. 4. 簡単にiPhoneでゲーム画面を録画する方法【iPhoneだけでゲーム実況録画もできるよ】
  5. 5. no img 景品と交換できるゲームで実際遊んでみました。「スロット」「ガチャ」「麻雀」
カテゴリーアーカイブ
最新記事
ファン