FX初心者救済ブログ

広告

posted by fanblog

FXで9割の人が負ける理由。なぜ勝てないのか?


  まずは人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!


はい、どーも!

マグです。

よくFXは1割の人が勝って
残り9割の人は負けるって話がありますよね?

単純に買いか売りかの世界なので
勝率は50%のはずですよね?
なぜ90:10という大きな偏りができるのでしょうか?


まずFXのチャートの動きはほとんどの場合、
個々人の感情の動きの集まり、
つまり集団意識によって上下しています。

なので1:9の割合で勝つ人負ける人に分かれる理由は
こう言い換えることができます。

「1割は勝つ考え方をしている。」
「9割は負ける考え方をしている。」


じゃあ9割の人はどんなことを考えていて
1割の人はどんなことを考えているのか?

順を追って説明しますね。

まずFXをやってる人の感情で圧倒的に多いと考えられるもの
それは「勝ちたい・儲けたい」という感情。

まぁ当たり前ですよね。

もしもその「勝ちたい・儲けたい」と考えてる人が
負ける9割の人だとしたらどうでしょうか?

で極端な話、もしも残りの1割は「負けたい・損をしたい」
と考えているとしたらどうでしょうか?

あっ、実際に1割もそんな人がいるわけないですよw
極端な話です。

極端ついでに、試しに1割の「負けたい・損をしたい」人の
精神状態でトレードしてみるとしましょう(`・ω・´)

仮にA君とします。
きっとこんな感じになります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
A君の心理パターン@

トレンドが上がってきたそろそろ下がりそうだ。

A君「よ〜し、絶対損をしてやるぞ!ここは買いだ!」

そしてトレンドは順調に(?)下がってきた。。

A君「よっしゃ!狙い通り思い切り下がったぜ!損を確定しよう!」

そうしてあっさりと損を確定。



A君の心理パターンA

トレンドが上がってきたそろそろ下がりそうだ。

A君「よ〜し、絶対損をしてやるぞ!ここは買いだ!」

しかしトレンドは予想に反して上がってきた。
是が非でも利益を確定したくないA君。

A君「また反発して下がってくるはずだ!もう少し様子を見よう。」

しかし待てども待てども下がってこない。それどころかどんどん上がる
結局これ以上儲けるわけにはいかないので多額の利益を確定。
----------------------------------------------------------------------------------------------


A君の話を聞いてどう思いました?
意外と損をするつもりでFXをやった方が
値動きに対して結果的に健全な態度をとれてることに気づきました?


で、実際に「絶対に損をしたい!」
と思ってFXをやってる人なんていません。
1割って話をしましたが、ほぼ0%だと思います。

じゃあ勝つ1割の人はどうしてるのか?

正解は「勝ちたい・儲けたい」って気持ちは持ちながら
A君のような行動を意識的にする。という人たちです。


たいていの人(儲けたいと思っている人)には
プロスペクト理論という考え方があって

利益は早く確定したい。
損はできることなら確定したくない。


と、人はどうしても考えてしまう傾向があります。
プロスペクト理論に当てはまる多くの人は勝ってる時は
なんのストレスもなく利確するけど、負けてる時は
損を確定せずにずるずる引き延ばします。


つまり体質的に
利益はすぐ確定するので膨らまない
損失はずるずる引き延ばすので膨らみ放題

という明らかな負け体質になってしまうのです。


一方、勝てる一割の人は、人間にはプロスペクト理論が
当てはまるということを知っていて、意識的にその衝動には
従わないように工夫している人達です。


このブログでも、
「損切りラインを死んでも変更するな!」
と何度も言っているのはプロスペクト理論に感情のまま従うと
負ける9割になってしまうからです。


それでプロスペクト理論を理解して
その感情には従わない動きができるように
なったとしてどうなるかというと

ぶっちゃけ何も工夫しないと
負ける割合は増えると思います。


そりゃそうですよね?
意識して損を確定しに行くのですから。

ずるずる引き延ばした場合は反転して
損が利益になる場合だってたくさんあります。


その代わり、一回の損は確実に小さくなります。
そしていつか必ず来る大きな損に巻き込まれなくなります。

で、一つだけ気をつけてほしいのが
「結局相場の動きは誰にもわからない」ということ

一回の損は小さいとしても、その損が重なれば
あなたの資金は確実に減っていきます。

なので、一回当たりの損切りラインの額は
最低でも20回連続で負けても
FXが続けられるような額にしましょう。

で、実際に20回も連続で負ける前に
負けが続いた場合は一回取引から離れましょう。

そのチャートは今のあなたには
分からないチャートなのだから。

僕の場合、最低でも2回連続で読みが外れたら
その付近での取引は1回様子を見ます。

@プロスペクト理論の逆をいく
A資金がショートしない損切りラインを設定する


これだけ守るだけであなたの利益は
自然と増えていくはずです。

派手じゃないけど、
この戦い方がベストです。

その体質を作った後に
戦える場所の数を増やしていけばいいです。

なので今稼げていない人への僕からのアドバイスは
上記@とAを実践して、値動きが読めないチャートの場合は
取引に参加しない。


@とAはどこかにメモしておいてくださいね!

更にトレードに関する考え方を学びたい人は次の記事に進んでください。
FXは必ず負ける(Lv.12)


FX基本講座の目次へ戻る

「今回の記事が参考になった」という人は
下記リンクを応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント

■注意事項■
このブログの全てのコンテンツは管理人(マグ)の相場に対する見解を解説しているものです。
決して投資勧誘を促すものではありません。
投資を行う際は、それに関わるリスクを十分に考慮の上、 投資の運用は自己判断・自己責任の上行ってください。




FX初心者救済ブログ
メール講座をお申込みいただいた方に下記無料プレゼントを差し上げます。

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。