2016年04月24日

美容室を開業する時に、美容商材、機材は、どこで仕入れる?購入する?

ビューティガレージがおすすめ。


う〜ん。



やっぱり美容商材、機材、を仕入れるならビューティガレージがおすすめですね。



なぜなら、値段が安い事はもちろんの事、美容ディーラーなどとの変なしがらみも無く取引する事が出来るからです。



もう、美容ディーラーって必要ないと思うんですよね。



どうでしょうか?



新しい商品が出ました〜!!



って言って商材を持ってきますが、新しくなったのは



パッケージ、匂い、ちょっとした成分の配合量、ぐらいです。



30年前の薬剤と比べても、特に変わった事は無く。



基本的には同じ。



髪の毛に優しくなったと言っても、それは薬剤のパワーを落としているだけ。



余計なモノを配合しているだけ。



それでも、パーマが掛かったりするのは



お客さんの髪の毛が、傷んでいるから。



昔の日本人の髪の毛は、太くと真っ黒で剛毛。



それが、この数十年でバージン毛の人は皆無。



トリートメントだって、たいして変わりませんよ。



本当に髪の毛を修復するトリートメントなんてありませんから。



そんなモノがあったら、世の中の女性の髪の毛は綺麗なままのはず。



でも、現実は違いますよね。



トリートメントなんて、その場しのぎです。



そういう、商材を持ってきて偉そうに講習をしたりするのが嫌いなんですよね。



美容ディーラーって。



本物のお客さんを施術した事も無いような人が、偉そうに



「この薬を使えば、髪の毛を傷めずにしっかりとリッジが出ます。」



みたいな事を言ったり・・・


今は、インターネットがあるから自分で買えばいいんです。


美容ディーラーを使う必要なんてないですよ。



自分で、ネット注文すればいいんです。



事実、業務用美容商材なんて、もう、どこでも買える時代です。



Amazonでも、楽天でも買えちゃいます。



値段は、ちょっと高いように思えますが。



まあ、美容ディーラーから買うよりは安いに決まっていますがね。



もし、どこで美容商材、機材、を買おうか迷っているなら



本当に、ビューティガレージが良いですよ。



おすすめです。



posted by 儲かる美容室仙人 at 03:16| 仕入れ

2016年04月16日

ヤフーを使って即効で集客する


YAHOOで集客


ヤフーを使って集客すると言う事は、ヤフー関連サイトに広告を出すと言う事。



これはどういう事かといえば・・・


視聴率が一番良いテレビ番組のスポンサーになるようなモノです。



テレビ番組のスポンサーになるには、物凄いお金が必要になります。



しかし、ヤフーはネット業界で最も見られているサイトですが広告料はそれほど高くはありません。



と言っても、さすがに「yahoo.co.jp」のトップページに広告を出すには、やっぱり相当なお金が掛かります。



では、どこに出すのか?



それは、ヤフーの各ページ、もしくは、ヤフーの検索結果、に広告を出す事が出来ます。



特に、ヤフーの検索結果に自分の広告を出す事が出来れば、爆発的な集客を得る事が出来ます。



例えば・・・


東京の新宿で美容室を経営しているとします。



インターネットを使って集客したと思います。



そこで、ヤフーに広告を出す事に。



どうやるか?



まずは、新宿で美容室を探している方が、どの様なキーワードを使って検索するか考えます。



ほとんどの場合



「新宿 美容室 おすすめ」



などの様な単語を入力すると思います。



その単語を入力して、検索結果が画面に表示されます。



すると、上のほう全て広告なのです。



その広告部分を買うという仕組みです。



ヤフー広告の良いところは、クリックされなければ



お金は全く掛からないという点です。



画面に表示されただけでは、お金は掛からないのです。



いいですよね〜。



で、クリックされた時点で数十円のお金が掛かります。



クリック先は、自分の美容室のHP(ホームページ)に設定しておきます。



こうすれば、ダイレクトでお客さんをお店に呼び込む事が出来るのです。




ヤフー広告を一言で言えば

「キーワード(検索される言葉)を買う」と言う事です。



広告を出稿する側に立つと分かりにくいのですが、自分が検索する時の事を考えてみれば案外理解しやすいと思いますよ。






posted by 儲かる美容室仙人 at 15:31| 集客

美容師を一人雇うのも大変な時代。

c9d739ea6bfdde888f5f95ece05b7017_s.jpg

人を雇うのは大変。


初めての美容室経営。



不安な事だらけですよね。



まだ、1人で営業するなら良いのですが



人を雇うとなるとそれなりに苦労が伴います。


美容師1人雇うのも大変だー。


やっぱり、1人美容師を雇うだけで大変です。



それなりに、売り上げの見込みがあれば良いのですが・・・



最初は、自分が思っている以上にお客さんは来ません。



特に新規店舗は。



最初の1か月ぐらいは、友人、知人、昔からの顧客、がそれなりに来てくれるでしょう。



様子見に。



1か月を過ぎると、真新しさもなくなります。



昔からの顧客も、ちょっと通い辛くなったという理由で徐々に減っていきます。



これは、確実です。



増える事はありません。



減っていきます。



友人、知人、も結局は最初だけです。



男友達は来てくれるかもしれませんが。


そして、想定以下の売り上げに・・・



一人の美容師を雇うとなると最低でも20万円は必要ですよね。



まあ、今時20万円で働いてくれる美容師と言ったら、カットデビューしたての人ぐらいでしょう。



ベテランさん、それなりに稼いでいた人は、まず、働いてくれませんよね。



まだ、カットデビューしたての美容師が来てくれるだけでもありがたいかもしれませんね。



今は、求人募集しても本当に美容師が応募してきてくれませんので。


かと言って、個人店の新店で一人の美容師の給料分を稼ぐと言う事は、それなりに大変です。



20万円ですからねー。



給料は経費になりますよね。



家賃、給料、光熱費、材料費、借金返済分、など。



月間、必ず出ていくお金を計算してみましょう。



そして、最低でも幾らの売り上げが必要なのか?



もちろん、自分の報酬も考えて・・・



運転資金は、大丈夫そうですか?



何だかんだで集客だ!


美容室も商売ですよね。



やっぱり、お客さんが沢山来てくれなければ商売になりません。



そう考えると、何よりも先に集客が大事だという事に気付きます。



「いや、うちは、隠れ家的サロンで行くんだ!」



と、言っていたサロンオーナーさんもすぐに方向転換する姿をよくみました。



お客さんが来なければ、存在自体に意味が無くなってしまうんです。


どうやって集客しましょう。

今、一番良い集客方法はネット集客です。



ホットペッパーじゃありませんよ。



あんなモノに載せたら、幾らお金があっても足りません。



大手しか無理ですよー。



だって、集客効果が高いスペースに広告を掲載するには、多くのお金が必要になりますからねー。



ですので、



ヤフーを使って独自に集客しましょう。



ヤフーって知っていますよね。



あのYAHOOです。



みんな、毎日見ていると思います。



あのヤフーに広告を出せば、集客出来ます。



それもターゲットを絞って、絞って、掲載する事ができるので費用対効果が抜群に良いんです。






広告費用は?

最初は、3000円ぐらいから始める事が出来ます。



そして、すぐに広告はネット上に反映されますので即効性があるんです。



ここが、ヤフーの凄いところなんです。









タグ:美容師 雇う

2016年04月14日

美容室はビジネスとしての魅力を感じない。儲からないな〜。

とうとう出店してしまいましたか〜。


とある人物が美容室を今月末に開業するようだ。



ほとんど面識はないが、共通の知人が教えてくれた。



顔ぐらいは知っているが・・・



それは、男性美容師。



見た目は、とても美容師には見えない。



体は大きく、イカツイ。



髭もしっかりと生えている。



接客向きでは無さそうだが・・・



今まで働いていたヘアサロンは、男性客が多かったので特に問題も無かったようだが。



床屋さんならまだ分かるが、一応、美容室。



男性客をメーンにするのか?



にしても、今まで働いていた美容室がある地域とはかけ離れた場所での出店。



顧客がどれほどいたのかは知らないが、大丈夫なのだろうか?



騙された?



そう思ってしまう。



と言うのも、お店の内装屋さんなどを仲介してくれた人物があまりにもイケてない人物だからである。



一応、知っている人ではあるが、ちょっと変人。


やっぱり美容室を今の時期に出しちゃうんだねー。


う〜ん。



普通に考えて厳しいでしょう。



上手くいく要素が全く無い。



やっぱり、30歳を超えると美容室を出店したくなるのねー。



気持ちは分からなくもないが。



頑張ってどうにかなるモノでもなく・・・



そもそも、ライバルが多い商売はやるべきではない。



まあ、その人物が成功しようが、失敗しようが、関係の無い話ではあるが。



にしても、美容師に聞きたい。



勝算はあるのか?



顧客はどれほどいるのか?



家賃はいくら?



どれぐらいの経費が掛かるのか?



借金はいくら?



返済は月々いくら?



人は雇うのか?



周りに人はどれぐらい住んでいるのか?



周りにターゲットとする客はいるのか?



ライバル店はどれぐらいあるのか?



人通りはあるのか?



駐車場はあるのか?



客単価はいくら?



ヘアカットはいくらでやる?


1人でやるなら続けられるけど

美容師を雇わずに一人で営業をするなら、続ける事は出来るだろう。



しかし、これからの時代、そんな仕事は時代遅れになってくる。



特に美容室は。



場所と時間に縛られる事になる。



こんなにキツイ事は無い。



それが好きな人もいるのだろうが、少ないと思う。



正直、今後、美容室の未来が見えない。



美容室が無くなる事はないと思うが、ビジネスとして魅力を感じない






2016年04月10日

面貸しサロン、フルコミッションサロン、のおかげで美容業界、美容師は、死んでいきます。

面貸しサロンのおかげで美容室業界、美容師は、死んでいく。


正直、もう難しいと思っています。



フルコミッション制の美容室経営って。

いわゆる、面貸しサロンですね。

形式状は、セット面を美容師に貸して



売上の45%程を美容師側に渡すという感じのヘアサロン経営ですね。



ここには、業務委託契約と言うちょっと黒い感じの契約が結ばれます。



あくまでも、美容師は雇われではなく、個人事業主で美容室側と業務委託契約を結んでいるという形になります。



とは言っても、



時間拘束されますし、お店の決まり事も細かく設定されています。



出勤日数は、はっきりと決まってはいませんが



22日以上出勤した人だけに、交通費を支払うという形式をとっているサロンが多いようですね。



10日ぐらいしか出勤していない人は、交通費は自腹です。



もし、その日に入客数が少なければ利益は微々たるものです。



客単価が良ければ、まだ救われるのですが、面貸しサロンは低単価サロンです。



客数を多くこなしてこそ稼ぐ事ができるのです。


5年前がピーク


この面貸しサロンが爆発的に流行したのが8年〜5年程前です。



その頃は、そこで働きたいと考える美容師も多かったですね。



また、縮毛矯正やデジパーが格安で出来ると言う事から、お客さんも大量に流れ込みました。



この頃から美容室業界は、崩壊に向かっている様に感じます。


今は、そもそも美容師が減ってきている

世間的に美容師は、稼げないという風潮が広がりました。



昔は、まだ、自分で美容室を開業すればそれなりに儲かるという感じはあったのですが。



今は、自分で美容室を出しても儲かりません。



なぜか?



簡単な事です。



美容室が多すぎるからです。



それだけライバル店だらけと言う事です。



ある程度の競合は必要だとは思いますが、今の状態は異常です。



客の奪い合いが始まり、手っ取り早く集客できる、安売り経営が大流行中。



お店は、一時期は忙しくなるのですがそれもほんの短い期間。



もっと値段の安いお店が近所にできてしまう。



値段で選んでいたお客さんは、もっと安いお店に移っていきます。



美容師は拘束時間が長いのに、稼げなくなるのでお店を辞めていきます。


美容師の転職が止まらない!

美容業に嫌気がさした、30歳以上の美容師の離職が増えています。



違う職業に転職してしまうのです。



転職したからと言って、元美容師が高給をとれる職業なんてないのですが・・・



それにしても、重労働、長時間労働、精神的にキツイ、低賃金、の美容師をやっているよりは、他の職業に就いたほうがまだましかもしれませんね。


今から面貸しサロンを始めるなら

本当の面貸しにするべきでしょう。



美容室の一角を完全に美容師に月額家賃を払ってもらって貸し出す。



美容技術のやり方、出勤時間、お金の事、などは一切ノータッチです。



美容室側は、家賃だけ貰うというやり方です。



光熱費は、管理費として月額家賃分に上乗せする感じですかね〜。



材料に関しては、美容師自ら持ち込む。



美容師側は、顧客を多く抱えている人しか出来ませんよね。



でも、それでいいのではないでしょうか?



今、しょうもない美容師が増えすぎたので淘汰されればいいのでは?



美容室側は、一気に儲ける事は出来ませんが安定して利益を得る事が出来るようになります。



(美容室側は、新規客を集客するのではなく、顧客を多く抱えている美容師を集める必要が出てきますが。)



美容師側も、無駄にお金を遣って自分の美容室を作る必要がなくなるので、リスクも減ります。



自分のサロンが欲しい美容師は、そこで資金を作って、自分のヘアサロンを新たに始めてもよいでしょうが。



美容室側も、顧客を持っていかれた!という争いも無くなるでしょう。



なぜなら、元々お店が集客したお客さんではないので。



美容師に付いている顧客を、美容室に引き留め必要もありませんもんね。


このやり方なら、みんな幸せになれそうです。



古い言い方ですが、WinWinの関係です。












2016年04月09日

美容ディーラーが嫌いです。

美容ディーラーが嫌いです。


私は、美容ディーラーが嫌いです。



まあ、業者にもよりますが、なぜ、あんなに偉そうなのでしょうか?



もちろん、口では丁寧に話している様子ですが。



一応、美容師側がお客さんになるので。



結局、彼らの仕事は美容師に薬剤を買ってもらう事です。



手を変え、品を変え、商品の営業をしてきます。



そんなに、真新しい商品なんてないのに。



パッケージを変えたり、香りを変えたり。



傷まないトリートメント



傷まないヘアカラー剤



傷まないパーマ液



もう、うんざり。



ホット系のパーマにしても・・・



最終的には、



トリートメントでパーマを掛けましょう〜って!



はあ〜



本気ですかー??って感じ。



馬鹿にしていますか?



新しい商品を開発するという事はとても良い事です。



しかしです。



最近の売り文句が嫌いなんです。



ですので、美容ディーラーとは直接取引はしていません。



メーカー、もしくは、ネットで美容用品は買いそろえています。


5年以内で・・・


無くなるんじゃないでしょうか?



必要なくなるでしょうね。



美容ディーラーって。



どこの美容室も直接、メーカーと取引したほうが良いと思いますよ。



昔は、それができなかったのですが今は出来ます。



インターネットがありますので。



そのほうが、材料費を抑える事が出来ますよ。



最近では、小口の注文も受け付けてくれますしね〜。


この美容用品卸屋さんがおすすめ!

美容用品を買うなら、ビューティガレージをおすすめします。



対応も早いですし、商品数も多い。



オリジナル商品は、安い。



美容機器も揃っています。



まあ〜、なんでも揃っています。






2016年04月06日

路面店の美容室は気を付けないとイケない。

今時、練習風景を歩行者に見せるなんて・・・


これは、路面店の話。



夜、8時ぐらいを歩いていると1軒の美容室から光が。



営業時間は終わっている様子。



でも、スタッフが



外から見える位置で、練習をしている。



まあ、アシスタントなのだろう。



そして、偉そうに椅子に座り、スマホをいじりながら指導?らしき事をしている先輩美容師が。



まだ、シャッターを下ろしたり、ブラインドを下ろしたりして、外から見えない様にやってくれたらいいのに。



なぜ、歩行者から見える様にやっているのか?



何アピール?



不思議だ。



頑張って練習しています。



お客さんの為に、いつも、こんなに一生懸命練習をしているんです!



アピールなのか?


練習は、隠れてしろ!


お客さんにしてみれば



練習をしている=ペーペーアシスタント



とイメージがある。



もし、施術して貰う場合、不安になるに決まっている。



シャンプーぐらいなら、まだ、良しとしよう。



やり直しも出来るのだから。



しかし、ヘアカットや、パーマの練習をしている場面を見たお客さんはどう思うだろうか?



お客さんは



「大丈夫かな〜?」



と、正直に思うと思う。



口に出すか、出さないかは、別として。


ちょっと昔の美容室チェーンに多いパターン

これは、中堅美容室チェーン店に多いようだ。



一昔、流行ったやり方で今でもやっているイメージ。



「コンテスト優勝しました!」



「トロフィー貰いましたー!」



「美容技術●●検定者、在籍!」



など、お客さんからしたどうでもよいアピールをしている。



大昔で言うところの



「カットチャンピオンのお店」



的な感じ。



これは、もう終わりの始まりだなー。




隠れて練習して下さい。

本当のプロは、隠れて必死に練習するものだ。



アシスタントだって同じ。



お客さんにしてみれば、誰がアシスタントで、誰がヘアカットの出来る美容師なのか、分からないのだから。



特に接客業、技術職なのだからお客さんを不安にさせるような事はしてはならない。



美容師さん、練習は、隠れてして下さい。

posted by 儲かる美容室仙人 at 15:15| 美容室

2016年04月05日

美容室を開業する為に必要なお金はいくら?

美容室を開業する為に必要な資金は?


お金を掛けずに美容室を開業する事なんて簡単です。



これは、本当です。



開業資金に1000万円も遣うなんて勿体ないです。



ああ、これは個人店のサロンの話ですよ。



出来るだけ小資本で始めて、大きく儲けましょう!


お金が掛かるモノって何?


美容室を始めるうえで最もお金が掛かるもの。



それは、物件取得費と内装工事費ではないでしょうか。



物件取得費とは



物件を借りる為に必要なお金です。



内装工事費は、壁紙、水回り、電気工事、等々。


美容室開業コンサルタントや、美容ディーラーが、仲介してサロンを始める場合は、資金がより多く必要になります。


美容系仲介業者が入ると、ドンドン開業に必要なお金が増えていきますよー。



本当に、いくらお金があっても足りません。



絶対に、カモになってはダメです。



確かに相談できる相手(美容ディーラー、フランチャイズ店本部、など)がいると安心できますよね。



分かります。



その気持ちは。



しかし、その相談料は、物凄く高く設定されていますよ。



色々とね〜。



勿体ない。勿体ない。



結局、そういう業者は美容室自体を作る事や、美容材料を仕入れて貰う事、で儲けます。



更に美容室をオープンしてからも、どうやって絞り出そうか企んでいます。



まあ、それが彼らの商売なのですが・・・



(美容室は、美容師とお客さんがいれば成り立つんです。)



そのお金は、もちろん美容室を出店しようと思っているオーナーが出します。


でも、そんなお金不要なんです。



ちょっと調べたら、内装工事は安くできますしね。



水回りの工事だって、電気設備だって。



壁なんて自分で塗ればいいんです。



フロントの台だって特注する必要はありませんよ。



美容機器も、安くて高品質なモノはいくらでもあります。



今では中古品も数多く出回っていますしね。



業者の言いなりになってはダメですよ。


物件だって、不動産屋さんの言いなりになってはダメ!


美容室を出店する際に不動産屋さんで物件を探しますよね。



立地が良い物件を見つけたとしましょう。



どうしても借りたい!と思ったとします。



しかし、その態度を不動産屋さんに見せてはダメですよ。



足元を見られます。



あくまでも、幾つか候補がある中の1つである事を伝えましょう。



そうしなければ、値下げ交渉にも乗ってきません。



(最初から値下げしない、と決めている物件もありますが・・・)



物件取得費用は、出来る限り安く抑える為に値下げ交渉しましょう。



決して、シタテに出てはダメです。



不動産屋さんも、本当は入居して貰いたいんです。



そうしなければ、お金になりませんからね。



特に数か月間、空いている物件は早く入居して貰いたいんです。



物件のオーナーも同じ様に考えています。


そこで、



「どうしも借りたいんです!」



って言う態度で、こちらがいると



ドンドン金額をのせてきます。



これは、確実です。



物件取得費用はとても大きな金額になります。



可能な限り値下げさせましょう。



出来ます。



特に今、店舗用空き物件が増えていますので。


結局、幾らあれば出来る?

これは、もう、物件次第ですが。



家賃10万円の物件を借りて美容室を開業する場合。



物件取得費に、50万円。



内装工事費に、50万円。



設備費に、50万円。



その他諸々、20万円。



合計170万円。



オーナー美容師一人で始める場合、これぐらいでイケます。



内装工事費なんて、水回り工事以外、自分である程度出来ちゃいますからね。



美容設備は、ビューティガレージで購入すればかなり安くでいけちゃいます。



材料は、最初から一括購入する必要はありません。



よく使うカラー剤やパーマ液を厳選して購入しましょう。



無くなりそうな時は、美容ディーラーに電話をして持ってきてもらう。



美容ディーラーにイイように使われてはダメですよ。



あくまでも美容師側が上に立たなければ、調子にのるので。


美容ディーラーは不要

今後、美容ディーラーは確実になくなります。



インターネットが普及したので、必要性が無くなったのです。

2016年04月04日

美容室を開業する際に気を付けるべき事!〜まずはお客さんの側に立って考えてみる事。

美容室を今から始めて上手くいく方法ってあるのかな?


いや〜、厳しい時代ですよ。



美容室業界も。



低単価、低単価。



低単価でやっているうちは無理でしょうね〜。



かと言って、根拠のない高単価も無理でしょうね〜。



どこの馬の骨かも分からない、1美容師がヘアカット¥10,000は無理でしょう〜。



でも、テレビに出ているちょっと有名美容師なら、まあ、いけるかな〜。



正直、美容師からみて、インチキ技術でもね。



お客さんは、分かりませんからね〜。



カットが上手い、下手だ、なんた・・・



そんなモノです。



お客さんは、美容師の身なり、振る舞い、言葉遣い、で値段を決めますから。



どんなに綺麗に、上手に、ヘアカットが出来ても、破れたジーンズに、ワケの分からないツーブロックヘアー、ヒゲボーボーの美容師にはお金は払いませんよ。



美容師の見てくれには、もっと気を遣ったほうが良いですね〜。



今後は、更に。



むか〜し、まだ、高単価美容室だらけだった頃の美容師の格好を思い出してみるといいですね。



ちゃんとしていましたから。



美容技術を磨くのも大切ですが、美容師自身の演出方法も考えたほうが良いですね。


■美容師の演出方法を考える事。プロデュース力です。



今の、美容師さんに必要な事は。


美容室を外から見て入りやすいですか?


も〜、分かっていないですよねー。



お洒落な外観にすれば良いってもんではないんですよ。



分かりますよー。



お洒落にしたい気持ちは。



でも、それって自己満足でしかないんですよね。



お客さんは、やっぱり入りにくいお店と入りやすいお店を知っています。



美容室を作る際に大切な事は、お客さんが、いかに、入りやすいか?って事。



例えば・・・



  • 店内の様子が分かる写真を表に置いておくとか。
  • 美容師の顔写真とプロフィールを置いておくとか。
  • お店が気になって、外をウロウロしているお客さんと、店内のスタッフが目が合わない様にするとか。
  • お店の目の前リーフを配らない様にする事とか。

まあ、当たり前の事なのですが、それが分かっていない美容室オーナーって結構多いんですよねー。



自分がお客さんだったら?と言う事を考えればすぐに分かると思うのですがね〜。


美容室を作る際にこだわるポイントは


外観です!そして、いかにお客さんが入りやすい雰囲気にするか!と言う事です。

2016年04月02日

今更、1000円カットの経営を始めても上手くいかないでしょう〜?

今更、1000円カット経営は絶対にやってはダメ!


10年前までは、良かったかもしれませんね。



1000円カットも。



しかし、今から1000円カットの経営を始めるのは厳しいですね。



理由は、ライバル店が多いからです。


10年前は、今ほど1000円カットはありませんでしたね。



しかし、徐々に増えていき、今ではちょっと街を歩けば



「あそこも、1000円カット。あ、ここも1000円カット」



って感じです。


ただでさえ、客数をこなさなければいけないのに



これだけライバル店があれば、どこの店舗もお客さんの取り合い状態です。



これが、高単価サロンなら、まだ、大丈夫なのですが・・・



所詮は、1000円です。



1人カットしても1000円の売り上げです。



特に個人店には、QBハウスの様にお客さんが並ぶ事は、ほぼありません。



また、店主が1人でやっている様なお店は、まあ、難しいですよね。



家賃が激安なら、いけるかもしれませんが。



家賃2万円〜5万円ぐらい。


個人経営のカット専門店に1日何人のお客さんが来るでしょうか?



20人も来れば良いほうでしょう。



それで、売り上げは2万円です。



う〜ん。



平均して、それぐらいイケばまだ望みはありそうですが・・・



まあ、いかないでしょうね。



ちょっと計算してみます。



最低週1回は休みますよね。



月間、25日間営業しても、50万円の売り上げです。



おお?



いけるか?



と思っちゃいそうですが。



まあ、そんなにうまくいかないんですよね。



カット専門店って。



なんせ、個人店は集客力が弱すぎて、1日に20人もお客さんきませんから〜。



個人店は、やっぱり個人店です。



お客さんの立場になれば分かると思います。





1日待っても5人ぐらいしか来ない事だってあるでしょう。



その時の売り上げは、1日で5千円ですよー。



恐ろしいですね。


1000円カットは選ばれなきゃダメー。


お客さんは、今、1000円カットを選べる時代です。



お客さんとしてはありがたい事ですよねー。



でも、カット専門店としてはとても辛いと思います。





今更、1000円カットを始めてもじり貧状態になってしまいますよ。



本当に、厳しいですから〜。



もし、今から始めたいと思っているなら考えてみて下さい。



どうやって集客しますか?



1日にどれぐらいの売り上げを予想していますか?



冷静に考えてみれば分かると思います。



もう、10年前とは違うのですから。



カット専門店をやろうと思うなら、店舗展開を考えなきゃダメです。



まあ、それも難しいんですけどね。



なぜなら、美容師、理容師、が集まらないからです。



求人を出しても全然来ませんよー。



特に小さな個人店には・・・




〓〓〓インターネットで商品を買う場合、一番使う手段は?〓〓〓〓〓〓〓〓
ネットショッピングをする人はどうやってお店を探しているか?

▼それは「検索エンジン」です▲

検索エンジンに広告を出すには「Yahoo!リスティング広告」が最適!

↓お申込みはこちらから↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NG0QK+BXB1YA+INY+644DV
201602291708593680.gif

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ