2018年08月14日

150万円で美容室を開業した話








150万円で美容室を作りました。




全て入れて150万円です。


物件取得費、設備費、材料費、工事費。


ぜ〜んぶ入れて150万円です。





ちなみに国金(日本政策金融公庫)から500万円の借り入れをおこしました。


なので、350万円の余りが出たという事です。



といっても、運転資金なんですけどね。




でも、150万円で美容室ができると思っている人って少ないようです。



だって、美容室開業と言ったら1000万円ぐらい必要だと思っている人が多いですからね。





もちろん東京のど真ん中では無理ですよ。



物件取得費だけでも何百万円も掛かりますからねー。




私は、田舎町で美容室を出店したんです。



それも超家賃が安い物件です。




正直に言いますと3万円の物件。


一軒家の物件です。







水道、ガス、電気、もちろん通っています。



建物自体は古いですが、ちゃんと内装を作ったらそれなりに見えます。




そう。


美容室を作る時にもっともお金が掛かるのが内装工事費です。



普通に作ったら500万円以上しますよね。





でも私は、内装工事日は60万円ほどで抑えました。



ガス工事も、水道工事も、電気工事も、全部やって60万円ほどです。




なぜこんなに安くで出来たのか?



それは、ほとんど自分でやったからです。



材料の仕入れ、工事、業者への注文。




内装業者を通さずに自分でやったんです。



意外とやってみるとできるもんですよ。


本当に。



もちろん、専門業者じゃなきゃ出来ない事はお願いしました。



それでも自分で直接依頼すると、

人件費と材料費しか掛かりません。


中間マージンを抜かれないので物凄く安くで仕上げる事ができるんです。




水道工事にしても、

シンクを自分でネットで買って、

設置だけしてもらいました。



ガス工事も、

給湯器を自分でネットで買って取り付けだけして貰いました。



電気配線工事は、それほどお金が掛かりませんでした。

コードを敷くだけなので。



こんな風に難しそうに思えることでも、

自分で出来ちゃいます。


出来ないことは、職人さんに直接依頼すれば良いんです。



そうすれば激安で美容室を作ることが出来ます。




ちなみに私のお店の広さは15平米ほどあります。



1人で営業しているのですが、十分な広さがあります。



セット面は、2面。

シャンプー台は1台。




ぜひ、美容室を開業してみたいと考えている方!



業者に依頼する前に自分で考えてみて下さい。



豪華な内装はお金を生みませんよ。




資金に余裕を持たせる為にも、

内装工事費はできるだけ低く抑えるのが良いと思います。










image2.jpg
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。