2016年07月30日

美容室オーナーさん!今の美容師には制服を着せるべきですよ!


62be5808f288400b1ae86c2ed9e4264a_s.jpg

美容師の制服制度


これからの10年間は、制服制度を取り入れるべきだと考えています。


美容業界の雰囲気としては、70年代〜80年代に戻ってくると思っています。


現状、今の美容師の格好のだらしなさと言ったらちょっと目に余るモノがあります。


ちょっとナーナーになり過ぎている様な・・・


美容師達は、お洒落だと思っている事でも


お客さんからしてみれば、タダの見苦しい大人です。


美容室は、接客次第。


今の時代、まさにこれです。


一時期は、「カリスマ何チャラ」って感じで


チャライ美容師がもてはやされましたが


もう、そんな雰囲気でもありません。


一時期、バッと流行ったモノは、


一定の期間を過ぎると逆に超絶にダサくなってくるんです。


これから、ちゃんとやっている美容室の時代です。


お客さんも気付いています。


ブランドや、名前、だけでは、もうお客さんは来ませんよ。


ちゃんとした接客をしていれば、それだけでお客さんは来るのに・・・


どうでもよいケミカル講習や技術講習なんて止めて、


もっと、今の時代のお客さんが求めている事について


従業員美容師と話し合ってみてはどうでしょうか?


美容室オーナーが、只々、命令するだけでは美容師は聞き入れません。


しかし、自分達が話合って納得すれば


良い方向に向かうはずです。


まあ、オーナーや管理職美容師の多少の誘導は必要ですがね。


第1歩として制服制度の導入です。

制服は良いですよー。


だらしない美容師でも、それなりに見えますから。


1人〜2人はいますよねー?


破れた古いジーンズを穿いている美容師。


ずっと帽子を被っている美容師。


汚いコンバースの靴を履いている美容師。


お客さんのほとんどは、一般職の方ですよね。


または一般職に就いている旦那さんをもつ主婦の方。


そんなだらしない格好の美容師に施術して貰いたいと思うでしょうか?


おそらくですが、一緒には歩きたくない人種に認定されています。


一緒に街を歩くのは恥ずかしいと思われる人達と言う事です。


やはり、格好は大切です。


ぜひ、清潔感のある制服を!






タグ:美容師 制服
【このカテゴリーの最新記事】
posted by 儲かる美容室仙人 at 10:45 | 制服
IMG_6348.PNG

・名前 ola(オラ〜)
・年齢 30代
・職業 美容師〜etc
・趣味 アウトドア 読書 ネットサーフィン

>>自己紹介ページへ




>>私のツイッターです。
wk_120607twitter01.jpg
たま〜に呟いています。


日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
・美容師を楽しめる生活