広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年10月12日

スピン結合定数 (カップリング定数(J値))

NMRによる構造解析において
ケミカルシフト値(ppm)
積分値(プロトンの数)
カップリング(J値)
は非常に重要な情報です。

構造解析の際、J値を確認しながら解く事により
構造解析のスピード、信憑性が上がります。
逆にこれを無視して構造決定された化合物などは間違っている可能性が非常に高くなってきます。



下記の図を参考にしてみて下さい。
問題演習 構造決定

資料一覧
NMRスペクトル集(2)
演習問題(6)
不飽和度の計算方法(1)
窒素ルール(1)
1H NMRケミカルシフト(1)
13C NMRケミカルシフト(1)
NMR解析によるベンゼンの見かた(1)
Flavone の1HNMRのみでの見かた(1)
13C NMR 〜solvent residua(1)
1H NMR 〜solvent residual(1)
エバポレーターで溶媒を留去する際の沸点一覧(1)
その他(5)


オススメの書籍

よくある質問NMRスペクトルの読み方

価格:2,700円
(2016/1/15 12:41時点)
感想(0件)

バイオ画像解析手とり足とりガイド [ 小林徹也 ]

価格:5,400円
(2016/1/15 13:29時点)
感想(1件)

液クロ虎の巻 [ 日本分析化学会 ]

価格:3,024円
(2016/1/15 12:38時点)
感想(0件)

ここで差がつく有機化合物の構造決定問題の要点・演習 [ 西村能一 ]

価格:1,728円
(2016/1/15 13:56時点)
感想(1件)

有機化合物結晶作製ハンドブック 原理とノウハウ

価格:8,640円
(2016/1/15 13:57時点)
感想(0件)

ライフハックで雑用上等 忙しい研究者のための時間活用術

価格:2,808円
(2016/1/15 13:02時点)
感想(0件)

検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。