ファン
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
東スポ杯2歳ステークス予想 by スーパーコピーブランド とは xy (05/04)
地獄の帰省… by スーパーコピーブランド ブーツ zozo (05/04)
今日の重賞予想 by スーパーコピーブランド とは au (05/03)
お詫び by スーパーコピーブランド サイト gyao (05/03)
ディープインパクトよ永遠に… by スーパーコピーブランド セリーヌ wiki (05/02)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣味(70)
競馬(209)
スポーツ(23)
プロフィール
やまちゃんさんの画像
やまちゃん
プロフィール

2019年06月29日

仕事での改善の心得







人気ブログランキング
お名前.com








みなさんこんばんは \(^o^)/

今日はまじめな話をしたいと思います!


私は現在、管理職をつとめさせていただいています。

それでは管理職とは何か?といいますと、

・常に改善の意識を持ち、すぐに実践すること!
・QCD (品質、コスト、納期) に対する意識を高く持つこと! (現在は安全と環境のS Eも含む会社が多いです。)

他にもたくさんありますが、特に改善に関してが1番強く求められます!

改善を行う際、人の性格によっては最終形の完璧なイメージを持ちすぎるあまり、結局そうするにはお金がないとできないと感じ、行動にうつせない人もいると思われますが、それは大きな間違い!

改善は100%を求めなくていいのです。
1%でもすぐに実践できれば改善なのです。0%より全然いいです!
1%の次は2%と常に進めていく事が大事です。

それはなぜかと言いますと、いきなり100%を求め、大金を投資し、1発で、決められた期限に成功することはまず無いです。
そして自分自身にかかるプレッシャーが凄まじい… (^o^;)

100%の理想を1発で決めようとし、大金を投資した場合、何かしらのつまづきで90%しか進まなかったとします。
大抵が全く利益に繋がらなく、100%になるまで損失を与え続けることがほとんどです。

それでは1%ずつ進める場合はどうなのか?と言いますと、お金を使わずできることがほとんどなのです。
単なるちょっとした工夫です!
1秒=1円。
この意識を持ちましょう (^o^)v

私の立場上、様々な会社を訪問させていただくことが多いのですが、作業動線を短くし、ムダな時間を省いている改善が最も多いと感じます。

それは工場系の会社だけでなく、葬祭場でも作業動線を短くし、ムダを省く傾向があります。

こういうムダな時間を省くことの積み重ねで、仕事の効率が早くなる。そうすれば残業が減り会社の損失が減る。
実作業をする人の負担が減る。
さらに楽になれば仕事をいただく余裕ができ、会社に利益が増える。
利益が増えれば、社員の給料やボーナスが増える。
楽して、お金が増えれば言うこと無しです (^o^)v

知恵は無限。資金は有限ですので、思いついたら即実践です!

もっとかんたんなことを言いますと整理整頓を常にするだけでムダが省けます。

ここで間違えが多いのが、整理整頓と整列は違います。

整列は今あるのものを単にきれいに並べることですが、整理整頓とは無駄なものは捨て、すぐに使える状態にしておくことです。

整理整頓と整列が同じと思っている人が多いです!

もっと分かりやすく例えます。
あなたの机の中や筆箱にシャーペンやボールペンは何本入っていますか?

はっきり言いまして、壊れていなく使えるものが1本あれば十分です。

何本もありますと、まずどれを使うか考えます。
仮に3本あるとするとどのペンを使うかに3秒考えます。
2秒考えるムダな時間が発生します。
それだけで2円の損失が発生します!

これは1人が1日に1回ペンを使うとするならばですが、仕事をしていると何回も使うでしょうし、人数が多い企業だとそれだけ比例して損失金額が増えるのです。


この心掛けは自分は大事にしようとしています。

ムダを減らすことをすれば、部下が楽でき、給料を増やすことができます。
そうなると部下のモチベーションが上がり、更なる力を発揮してくれます \(^o^)/
部下のレベルが上がれば自分が楽になれます (^o^)v
相乗効果です!

私はこのいい意味でのズルさを心掛けています!
ただし、最初に自分がサボるのではなく、管理職が最初に動き、部下を楽にさせることが先ということだけは絶対にまちがえないでください!
先に管理職がサボると部下のモチベーションが下がり、利益が生まれません。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8928157

この記事へのトラックバック