ココナラ
Instagram
LINEスタンプ
プロフィール
zoeさんの画像
zoe
0歳の育児を行う専業主婦。 まったり更新しています。
プロフィール
ファン
検索
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
LINEスタンプ by 時計 スーパーコピー ムーブメント 3135 (07/13)
LINEスタンプ by 腕時計 スーパーコピー 精度 誤差 (07/07)
LINEスタンプ by スーパーコピー オークション (06/25)
LINEスタンプ by ロレックス 値上がり 理由 (06/19)
LINEスタンプ by スーパーコピー 知恵袋 okweb (05/29)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年03月29日

絵本2

このコンクールの応募をきっかけに
希望に合わせて
イラストを描く事を始めました。





描きたいものは山の様にあっても、
デジタル慣れしていない事
子育てで夜しか作業ができない事
知識、スキル不足


思うようにいきませんでした。


それでも

ありがとう


と言葉を掛けてくださる方がいて、
焦らずに自分のやりたい事に
向き合う事が出来るようになりました。



年も明けてコンクール落選からしばらくして
出版社から連絡がありました。


出版社の方とお話しするのは初めてで、緊張!
何も分からず、絵本を評価して頂いたことに素直に舞い上がっていました〔笑〕




しかし、これを機に出版について勉強することになります。




出版社から提案されたのは自費出版〔流通版といわれるもの〕であり、

高額な費用がかかる事
実力が認められた訳では決して無い事
素人が出版したもので利益が出る可能性は非常に低いという事




当然と言えば当然ですよね。
デジタル化されている世の中で、絵本の重要性は慎重に考えられていて
毎日何百、何万冊と本が生まれている
そんな中、素人が作った本を手にとって読んでくれる
ましてや購入してくれる人なんて

それこそ奇跡みたいな話です。




無知って怖いです。本当に!笑

ただ、多くの事に気付き、
この時初めて

『本を出版する』

とは何かを正面から考えました。





『自分が描きたい本を作るか』

『誰かに読んでもらいたい本を作るか』



一番の理想は
自分の作りたい本=みんなが読みたい本だと言う事です





お金があれば、自費出版でもいいと思うのですが、決して安易な気持ちで出せる金額ではありませんでした。



そもそも息子のためだけに作った為、読んでもらう事を想定して描いていなかったのです。〔問題外ですよね…〕

誰かに読んで欲しい、
そう思うと
お話をするお母さん
それを聞く赤ちゃん、子ども

イラストや文字の工夫、まだまだやれることがたくさんありました。






結果、出版のお話しはお断りしました。
もうお互いに呆気なく、あっさりです。笑




売れない本を描いても読んでくれる人がいればいい
とも思いましたが、3年売れなければ廃棄される末路になります。



それなら、きちんと誰かの心に寄り添ったり、届いたり…
残る本を描きたいです。




絵本を開くたび
別の世界に旅ができるような
わくわくした高揚感
忘れられないフレーズと
目を閉じても浮かぶ絵本の続き
引き寄せられる心地よい眠り



理想ばかりだと書いてて思うのですが、
出版する!
と決めてしまえばとても楽で
楽しいです。



どのような形で出版できるかは分かりませんが、たくさんアンテナを張り巡らせて
挑戦と努力を続けていけたらなと思います。






と、長々と目標の話でした\( ˆoˆ )
目を通して下さっている方は殆どいらっしゃらないでしょうが、私自身振り返れる様に残しておきます。



がんばるぞー!
posted by zoe at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/7492476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。