<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(4)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2015年04月09日

放射線量が急上昇!!!計測機器は ウソつかないが政府は嘘をつく・・・

モニタリングポスト:4月運用開始の30台異常値の不具合
毎日新聞 2015年04月07日 18時40分
(最終更新 04月07日 23時39分)

 福島県は7日、
空間放射線量を計測するモニタリングポスト約30台で
異常を示したと発表した。
周辺の複数のモニタリングポストの数値に異常がなく、
県は、測定データを伝送する際に
不具合が起きたとみている。
修理か交換かを検討する。




 県によると、異常を示したのは、県が3月末に設置し、
4月から試験運用を開始した
簡易型モニタリングポスト77台のうちの約30台。
南相馬市や伊達市など7市町村に及び、
南相馬市と葛尾村の計2台では通常値の約1000倍に上昇した。

県によると、3日に南相馬市の2カ所で異常に高い測定値が出たため、
業者に確認するよう依頼していた。
県放射線監視室は「公表は原因究明してからと考えた。
異常を認識した時点で公表すべきだった」としている。【岡田英】


福島に設置された政府の放射能測定器、
約30台で同時に不具合と発表!
前日には広範囲で線量が急上昇!

県「データ障害かも」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6096.html



2015/03/22(日)  手に負えない状態になった!

連続的な水蒸気爆発!

2015.03.20.

水蒸気爆発だ。臨界状態だ。
(飯山一郎編集・短編)
2015.03.20.



激烈な水蒸気爆発が連続的に発生している。
本動画は、2015年3月20日の夜半の連続爆発の模様だ。
本格的な大爆発の前触れ的な状態と飯山一郎は考える。


2015/02/28
東電福島原発3号機の大爆発。
地下深くでの核爆発である。
(飯山一郎)

さらに臨界状態が大規模になるからだ。
さらに大規模な臨界が発生する理由は、下の図で説明する。
ミニ太陽  ミニ太陽_

臨界.jpg

百数十トンの溶融燃料塊(デブリ)が、
地下深く沈んでいって岩盤に近づくと岩盤が、
中性子反射板となって再臨界、地下水で水蒸気爆発して、
最悪は激しい核分裂反応を引き起こし(核爆発し)、
破局的な噴火になる。

「技術大国・ニッポン」は、今頃になって…、
『溶けた核燃料はどこだ 福島第1で始まった「透視実験」』
などという知恵遅れチックな勉強会をはじめた。
「溶けた核燃料(デブリ)はどこだ?」 って、
上の動画の連続的な水蒸気爆発を見れば、
一瞬でデブリの現在位置が分かろう!と言うもんだ。

デブリは、地下200〜500m辺りにある岩盤の上にある!
そこで、水蒸気爆発が連続的に発生している!
それが上の動画だ。

岩盤の正確な深さは、
福島大学か秋田大学の地質学の先生に訊けば、
正確に教えてくれる。

しかし問題は、デブリの正確な位置などではない!

先ずは!
溶け落ちた核燃料(デブリ)が「ミニ太陽化」している
現況の全体を把握することだ。

この状況認識については、
3年も前に書かれた文章がある。

 ・ 原発の地下に「ミニ太陽」が…
 ・ モリブデンとテクネチウム
 ・ トーデン・ウラン・ボーリング

現在、フクシマは水蒸気爆発が連続するなど、
状況は「激烈化」している。

デブリは、間違いなく臨界状態にある。

大問題は、今後、100数十トン
(合計400トン〜500トン)ものデブリが、
岩盤をくり貫き始め、団子状になって圧縮凝塊したときに

何が起きるかだ。

溶け落ちた核燃料(デブリ)が
岩盤の中で圧縮凝塊せず、平らに広がれば、
日本は助かるのだが…。

飯山 一郎


2015/04/08(水)  頑丈な機器が30台も同時に故障!


計測機器は ウソつかない!

政府や福島県が設置したモニタリングポストというのは…、
地震にも雷雨にも台風にも負けぬ丈夫な体をもち、
その精密さは市販の腕時計よりも精密で、
故障などしない頑丈な精密機器です。
それが、一度に30台も故障しちゃった!
というのですから、ビックリ、オドロキ、たまげた話です。
なお、表示される数値も、

無題.jpg


30%ほど低く表示するように精密に計算されています。

ゲリラ豪雨で、ある地域に大雨が降りました。
雨量計には、1時間に120ミリの大雨が降った、と出ました。
ところが、周辺の地域の雨量計は10ミリ〜20ミリという数値。
これは、ゲリラ豪雨ではない小雨の地域なので当然です。
ところが役所は、120ミリを記録した雨量計を故障!だと…。
モニタリングポストで不具合か=放射線量で異常値
30台ものモニタリングポストが同時に故障!
という記事に、注目すべき数値が出ていた。
それは、

「南相馬市と葛尾村の計2台では
通常値の約1000倍に上昇した」 という数値だ。

この通常値の約1000倍という数値は、正確な数値だ。
モニタリングポストの不具合での数値ではない!

そう確信して、鷲は今後の生き方、身の振り方を決めてゆく。

フクイチの爆発的な水蒸気の噴出は、動画にハッキリと写っている。
あれは、間違いなく “水蒸気爆発” だ。
溶融した核燃料の塊(デブリ)が地下水脈に達して、
激しい水蒸気爆発が起こっている! ということだ。

この水蒸気の噴出の際、
あらゆる核種が超微粒子となって噴出している! ということだ。

それをモニタリングポストは、
通常値の約1000倍の数値で表示した! ということだ。

通常値の約1000倍!
この高濃度の放射能のなかで、いかに生き延びてゆくか?!
これが、われわれの人生の唯一にして最大の問題となった。


飯山 一郎


きのこの本が定価で復活!

posted by ケメ at 19:36 | Comment(0) | 放射能測定
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント