健康ブログ

広告

posted by fanblog

ストレッチ・治療の必要な坐骨神経痛 妊婦の場合

坐骨神経痛でお悩みのあなた

「足腰・下半身の激痛、しびれがつらい…」

「休み休みでないと長時間歩けず、歩行困難な状態…」

「コルセットやシップ、痛み止めが手放せない…」

そんなあなたでも、1日たった5分でできる簡単な坐骨神経痛専門のストレッチで、
あの痛みやしびれを根本から解消する方法があります。

まずはこちらをご覧ください


ストレッチ・治療の必要な坐骨神経痛 妊婦の場合


それでは今回も健康に関する情報をお届けしていきたいと思います。
よろしくお願いします。


妊婦の坐骨神経痛は、ほとんどの人が妊娠中の腰痛かな?で済ましてしまうこともあり、
足腰の痛みの場所や症状によって病名は違ってきます。


しかし、放っておくとひどくなってしまう恐れもあるので、早期治療をする事が大変重要です。


妊婦の坐骨神経痛での対処として、家庭ではその原因に関わらず、まず安静を心がけ、患部の固定、
といった、症状を緩和する対症療法を行うことが重要になります。


そして痛みが治まってきたら、速やかに整形外科の医師に診察を受けましょう。


妊婦の坐骨神経痛の治療には、環境指導として、正しい姿勢や運動も指導されます。


その後、薬物療法や理学治療、またブロック注射などを行うことにもなります。


薬物治療は、消炎鎮痛のため内服薬、座薬が用いられます。


理学治療は、温熱治療としてホットパックや極超短波などが用いられます。
また牽引療法が用いられることもあります。


ブロック注射と言って、硬膜外ブロック、選択的神経根ブロック、
坐骨神経ブロック等による、痛みをなくす治療があります。


場合によっては効果がない事もありますので、医師と十分相談して治療を進めて行きましょう。


また、簡単なストレッチもありますので、ネットなどでストレッチの方法を
調べてみるのもいいかもしれませんね。


以上の治療、ストレッチなどを行っても改善が見られない時は、、手術も検討されます。


手術の後には長期間のリハビリテーションを受けることになり大変ですが、
坐骨神経痛が治るのでしたら手術も選択するべきでしょう。


また妊婦の坐骨神経痛の治療には、漢方での治療、
接骨院やカイロプラティックもありますので、いろいろ調べてみることも大切です。


妊娠中のであっても自分にあった治療法、ストレッチなどをリサーチして、病院を受診しましょう。


では、また次回の「坐骨神経痛」情報をお楽しみに。



坐骨神経痛専門のストレッチ法

坐骨神経痛をの痛みやしびれを根本から改善するための、ストレッチをあなたはご存じでしょうか?

このストレッチは亀有ひまわり整体院院長の大須賀氏による、
ご自宅で1日たった5分でできる坐骨神経痛専用のストレッチです。

無理なく、負担なくできる方法だからこそ続けられ、症状を改善することができます。

是非一度ご覧になってみてください。
期間限定で公開中ですので、お早めにどうぞ。

1日たった5分の坐骨神経痛ストレッチ方法はこちらから



この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。