恋愛や人間関係にお悩みの方へ、心が軽くなるメッセージ

広告

posted by fanblog

2019年09月01日

もう手放せない私のハピービューティーレクター

 マスカラを塗るとき、まぶたにマスカラがついてしまう。

  つかないように塗る方法は?

0e1

メイクにありがちな問題を解決する工夫

マスカラがまぶたについてしまったことはありませんか。

まつげの毛先までつけようとしても、まつげは細くてよれやすく、なかなかうまく塗れない。

「もう少し。あと一歩」

そう思って力を入れていると、うっかりマスカラがまぶたについてしまうのです。

誰もが一度は経験するトラブルです。

特に忙しい朝は、焦りも加わるため、手元が乱れてまぶたにマスカラがつきやすい。

まぶたが汚れないように注意が向くため、マスカラを仕上げにくいと感じる人もいるでしょう。

理想を言えば「マスカラガード」です。

マスカラガードでまぶたをカバーしていれば、まぶたにマスカラがつくことはなくなります。

マスカラガードは、不器用な人だけが使うものと思うのは誤解です。

器用な人でも、より美しくまつげを決めたいと思う女性は、頻繁にマスカラガードを使います。

事実、プロのメーキャップにおいて、美しくメイクを仕上げるための道具として愛用されています。

まぶたが汚れることがない心理的な安心感があるので、

まつげの先まで、マスカラを思う存分塗ることができるようになるのです。

スポンサーリンク







しかし、マスカラガードがなくても、代用できる意外なものがあります。

綿棒です。

綿棒を横にして、まつげの裏側をカバーしておけば、マスカラがまぶたにつくのを防げます。

しかも、綿棒の細い棒が型の役割を果たすため、

かえってマスカラのカールも仕上げやすくなるのです。

まとめ

メイクにありがちな問題を解決する工夫

マスカラを仕上げるときは、マスカラガードや綿棒を使う。

スポンサーリンク




30日で実感!60日で感動!話題の「まつ毛」「まゆ毛」美容液

【エクストラロングラッシュ】










メイク・コスメランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9141044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。