広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年09月04日

サイババのお話









インドや、サイババについてのリクエストが来ましたのでインドとサイババの話題です。

インドは大地からのエネルギーがとてもとても強烈な国です。
そこでなら、聖者とか、サイババが誕生しても不思議はありません。

インドには40日滞在しましたが、都会ではない地方では、電気やガスは家には来ていません。

サイババは、バンロールの都市から、車で3、4時間離れたプッタパルティーという町に
プラシャンティニラヤムというアシュラムにいます。

このアシュラムの周りに町ができています。

バンガロールから、タクシーですが、最初に料金を交渉します。
大体最初は、現地の人の価格の3、4倍はふっかけられます。

なんとか2倍までで根負け。

インドの道は都市を除けば舗装されていません。
赤土の轍のある道をひたすら走ります。
かなりのスピードで飛ばします。
インドのどこの車にも神様がの絵が飾ってあります。

神様の守護のもと守られていると言って飛ばします。

何度か途中の道沿いのチャイ屋さんで休憩を挟みます。

チャイは、ミルクで煮出した甘いミルクティーです。
インド人は一日に何回もチャイを飲みます。インドのチャイはかなり甘いです。

プッタパルティでは、
サイババのアシュラムであるプラシャンティニラヤムがその中心にあります。
そして、サイババの建てた学校や、高度医療病院もあります。
みんな無料で受けられます。

アシュラムの周りにはお土産屋さんが軒を連ねています。
そこでは、サイババの写真、ポスター、ブロマイドが売っています。


アシュラムの中は、大きな倉庫があり、みんなそこへ寝袋やテントで宿泊します。
概ねインドの人が多いです。
そして、宿泊棟もあり、インド国外の人が泊まります。

事務所に行って、どちらに泊まるか希望を出します。

宿泊棟に泊まりました。
ほぼ1ヶ月おりました。

サイババに会うには1日のうちに、
朝と夕の2回会うチャンスがあります。

ダルシャンという謁見があって、
サイババはほぼ毎日、午前と午後の2回広いステージを歩き、
帰依者にその姿を見せてダルシャンを与えます。

その際に手紙を受け取ったり、
ときにはビブーティ(神聖な灰)を物質化したりします。
サイババはこのダルシャンの際に、自ら選んだ人々に対してインタビューの機会を与えます。

インタビュールームでは個人的な問題に対して回答やアドバイスをします。

また、手をクルクル回して、指輪やネックレスなどを物質化して与えます。

アガスティアの葉をマドラスで見てもらった後、
バンガロール経由でプッタパルティに入り1ヶ月滞在しました。

インタビュールームでのサイババのかけてくれてた言葉が今も生きています。


今日もいい日ですね。
It's a nice day, isn't it?



スピリチュアル ブログランキングへ












posted by mio at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サイ・ババ

2015年07月06日

アガスティアの葉とサイ・ババ アガスティアの葉を見に。








image.jpg



 サイ・ババを知ったのは、青山 圭秀さんの著書です。
『理性のゆらぎ 科学と知識のさらなる内側』『アガスティアの葉 運命か自由意思か、そして星の科学とは何か』です。この本を読み、どうしてもインドの聖者のサイ・ババに会いたくなりました。この世界、地球上になんとイエス・キリストや仏陀の様な神様外国人現れたのです。ならば、この機会に会うべきだと思いました。また、インドにはアガスティアの葉という聖者アガスティアが太古に残した歴史や医療の事、なんと個人の運命に対する予言が書かれているとされる葉の事です。葉といっても、竹のヘラに様な厚みのある硬い植物です。そこに文字が書かれています。その文字は古代タミル語で書かれており、ナディ・リーダーと呼ばれる人たちがそれを読み、現代のタミル語でリーディングをします。
葉を見に来た個人の一生が書かれた葉を探します。もちろん見つからない人もいます。
 探し方は男性の場合は右手の親指、女性の場合は左手の親指の指紋の模様で探します。確かに一人一人指紋は違うからなるほどと思いました。指紋を紙にインクを付けてスタンプをして指紋を渡します。葉は、指紋のパターンによって108種類に分かれているそうで、そのパターンの葉の束を持ってきます。その探し方は、この葉に書いてあることが当てはまるかどうか見ていきます。「男であるか」「女であるか」「兄弟はいるか」「それは、男か」「父親は生きているか」「母親は生きているか」という質問をイエス・ノーで答えていきます。違えば次の葉を読みます。これを繰り返して、依頼者の葉を探していきます。
 実際に行った時は4時間ぐらい探しました。そしてなんとありました。








posted by mio at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サイ・ババ

2015年07月04日

サイ・ババってどんな人か知ってる?








image.jpg



サイ・ババってどんな人か知ってる?

サイ・ババはインドの大聖者です。
1926年11月23日生まれ、 2011年4月24日満84歳没。

知っている人ぞ知っていますね。
日本でも有名になりましたね。
オレンジ色のローブを着て、手からビブーティーという灰を出します。
インドに生きて存在す神さまです。
南インドのプッタパルティにアシュラムを開いていました。
そのアシュラムにサイ・ババに教えに共感する人々が集います。

インドの各地方から、アメリカやヨーロッパの国々の人々、そして、日本からも大勢来ます。
1日滞在する人もいれば多くは数週間、数ヶ月滞在します。
長い人は年単位で住んでいます。

サイ・ババはインドの聖者です。インドの言語はたくさん種類がありますが、
ヒンドゥー語はもちろんですが、私たちは外国人には英語で話します。

日本でも有名なのは色々と書籍が発売されました。

特に日本で流行ったきっかけになったのは青山 圭秀さんの著書です。
『理性のゆらぎ 科学と知識のさらなる内側』(1993年 三五館)、
『アガスティアの葉 運命か自由意思か、そして星の科学とは何か』(1994年 三五館)、 
『真実のサイババ』(1994年 三五館)が出ました。


このサイ・ババに2度会いにインドへ旅立ちました。
その様子も紹介していきます。










posted by mio at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サイ・ババ
プロフィール
mioさんの画像
mio
占いを通して幸せになれるようアドバイスをさせていただきます。 タロット占い、手相、開運法 幸せかどうか自分が決めています。 だったら幸せの方がいいよね♪
プロフィール
検索


初心者だからこそわかるフルセットタロット占い
最新記事
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
写真ギャラリー



「ココロ」を奪うメルテク


<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。