広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年03月04日

ペットロスにならない為に・・・

友人(同級生)ご主人が精神科医をされていて、
先日、友人と電話(遠方の為)をしていた所、

最近、ペットロスの患者さんが増えている

と聞きました。

特に、一人暮らしの若い子女性になりやすい様で、
普段からペットへの依存率を高めない事が大切だそうです。

溺愛し過ぎぬ様、亡くした時はペットへの感謝の思いで
ネガティブにならない様、外出や趣味で気分転換をして、
薬に頼り過ぎず、ポジティブに生きる事が、
ペットへの供養になると考えてほしいそうです。


なかなか難しいと思いますが、是非、参考にして下さい。


P.S.
日本ブログ村、ブログランキングに参加中です。
宜しければ、↓ご評価の程お願い致します \(^_^ )( ^_^)/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村


生活・文化ランキング
posted by たま at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2018年02月28日

ペットロスのお婆ちゃん

パート職場の隣に住むお婆ちゃん。

一人っ子で結婚したことが無く、両親が亡くなられてから
ずっと一人暮らし。

十年ほど前、野良猫を拾って飼い始めたのですが、
一ヶ月ほど前に老衰で死んでしまいました

先日、お婆ちゃんを見かけたので、声をかけた所、

「寂しいけど、私が先に死んだら、もも(猫の名前)の事、心配だったけど
 ももは私の事思って先に逝ってくれたわね。」

と、涙を流されました

私は、

「そうやね。お婆ちゃんも、ももの分まで長生きしなあかんよ。」

と逝って思わずもらい泣き・・・

それ以来、お婆ちゃん、いつも「もも」の写真を持ち歩いています。

ペットロスをこんな風に乗り越えている人もいるんだと、
胸の痛む思いでした。



P.S.
日本ブログ村、ブログランキングに参加中です。
宜しければ、↓ご評価の程お願い致します \(^_^ )( ^_^)/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村


生活・文化ランキング
posted by たま at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2017年11月27日

よく道を聞かれたりする人は?

カーナビが普及する現代社会では、
道を尋ねる事は、あまりないかも知れませんね

でも、街や住宅地などを歩いていると、声を掛けられ、
お店やお宅を聞かれたりしますよね。

そんな時は、

ラッキー!

と思って、面倒がらず教えてあげて下さい

ゲン担ぎを重んじる友人から聞いた話です。

よく道を聞かれる人は、オーラが出ている人だそうです


年齢も左右するかも知れませんが、やはり明るくて
親しみやすい印象のある人に声を掛けますよね

間違っても、コワモテのお兄さんに声は掛けませんから

教えてあげた日には、何かラッキーな事か起きるかも

人に親切にしておけば、自分も人から親切にしてもらえるという
教えだと思いますね

すると、交番のお巡りさんは、超ラッキーな人々



タグ:教訓 教え
posted by たま at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2017年11月12日

母のモットー

若くして父(夫)を亡くし、店と従業員を守り、
三男三女を育ててくれた肝っ玉母さんのモットー。

「毎日当たり前の事に感謝。それが自ずと人から感謝され、
苦を乗り越え生きていく力になる。人の助けになれば、
必ず救われる時が来る。世の中、持ちつ持たれつ。」

小さな山村の貧しい農家で育った、苦労人を絵で書いた様な、
母の口癖でした


P.S.
日本ブログ村、ブログランキングに参加中です。
宜しければ、↓ご評価の程お願い致します (人>ω<*)オネガイシマス!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

生活・文化ランキング

posted by たま at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2017年10月05日

カッコいい住職

叔父の法要に行った時の話。

20人程の親戚が集まり、叔父の自宅で行われました。

間に休憩を挟み、1時間程でお経が終わった後、
ご住職(70代位)が、お話をして下さいました。

ユーモアを交えながら、人として学ぶべき良い法話でした。

最後に、仏様にお供えする花は、立派な花でなくても、
庭に咲いている季節の草花が何よりだと教えて下さいました

故人を忘れず偲ぶ気持ちが、一番の供養だという事です

長年、修行を詰まれた五十色の言葉は、実に重みがあり、説得力があります。

皆、大きく頷いて聞き入っていました。

その後、もう一軒、法要があるとの事で、
皆で食事会があったのですが、遠慮された為、叔母が、

「皆が持ってきてくれたお供えで、何が入っているかお楽しみなので、
 ご住職、好きな物をお持ち下さい。」

と、仏前に並んだ菓子箱を勧めると、ご住職は合掌しながら、

「有難うございます。では、お言葉に甘えて、私は欲張り坊主なので大きいのを頂戴します。」

と言って、少し大き目の菓子箱を取られました、

皆は大声で笑いながら、ご住職を玄関までお見送りました

そのご住職の後姿は、本当の素敵でカッコ良く見えました

天国の叔父も、きっと大笑いしていたと思います
タグ:人生 教訓 教え
posted by たま at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓
プロフィール
日別アーカイブ
最新記事
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
写真ギャラリー
ファン
リンク集
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
QRコード
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。