<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事

広告

posted by fanblog

2018年09月11日

大坂なおみ日本人初のグランドスラムシングルス優勝! 日米二重国籍って?

osaka.jpg

wikipedia によれば、
日米二重国籍であるが、父親が「テニス選手としての国籍」において日本を選択し、育った環境から日本語よりも英語の方が流暢である。しかし、テニスの記者会見等では英語で質問された後、自らの国籍の言語での質問も受けるのが通例であるため、日本語の勉強もしている。


ん? 二重国籍??

同じくwikipedia によると、
1984年の国籍法改正で、20歳に達する以前に日本国籍とともに外国の国籍を持つ多重国籍の状態になった場合は22歳に達するまで、20歳に達した後に多重国籍となった場合は多重国籍となった時から2年以内が、国籍選択をすべき期限とされている。
しかし、日本国籍を選択した場合であっても、外国国籍の喪失は当該外国の法令によるため、日本国籍選択だけでは他国の離脱手続きをしないと外国国籍喪失を意味するものではない点に注意が必要である。多重国籍状態の解消には外国国籍を離脱した場合には「外国国籍喪失届」、外国の法令により外国国籍を選択した場合には「国籍喪失届」を市区町村役場又は外国にある日本の大使館・領事館に提出する必要がある。


あ、そういえば、蓮舫議員の国籍問題もありましたね。
あれはどうなったんですかね?

いずれにせよ、日本にも多数の重国籍の人が存在するということは確かのようです。

このことを調べていったところ、下記のような研究レポートを探し当てました。

これをみるといろいろと勉強になりました。

下記リンクからどうぞ!

重国籍と国籍唯一の原則

なにはともあれ、大坂さんおめでとうございます!

今後の活躍を期待しております!



posted by seminar1 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8084924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
seminar1さんの画像
seminar1
長いこと教育界に住んでいる爺です。 還暦を過ぎ、ここらでちょいとゆっくりしたいと思ってます。
プロフィール
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。