ファン
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2019年07月16日

◆ブランディングプラン受講者の声

皆様こんばんは!
フリーランス日本語教師、フリーランス日本語教師コンサルタントのTomomiです。

実は最近、ブランディングやコンサルティングにご興味のある方からお問い合わせを頂く事が増えています。
自由に自分の意思に従い『時間的・精神的・経済的自由』を感じながらお仕事がしたいという方々に、これらのプランがどのようなものなのかをより知って頂くため、プランに参加された方々に改めてアンケートにご協力頂いています。

ということで、今日は以前ブランディングプランを受講された原田捷子さんをご紹介させて頂きますきらきら

E6FA9FFB-FC9D-43EE-8D7A-AAACE861363E.jpeg


原田さんにお会いしたのは約1年半前・・・
美人で背が高くてスラっとしていて、まるでモデルさんみたいだなぁと思ったのを覚えています。

当時原田さんは日本語学校に勤めていて、
「家族との時間を大切にしながら、自分ができる事で人に貢献し収入を増やしていきたい。」
と考えていらっしゃいました。

この時私は妊娠中だったのですが、娘が9ヶ月になり原田さんのお気持ちがとてもよーーーーーくわかります。

家族と過ごす時間も大切にしたい。
子どもと過ごす時間も大切にしたい。
夫との会話も大切にしたい。
自分ができる事で、それを必要としてくださる人に貢献したい。
自分の力で収入を得るということをしていたい。

貪欲!w

そうは言っても手のかかる乳児がいれば自分がやりたいと思ったことをやりたいと思ったタイミングで進められるわけもなく・・・



はっ!
私のことはどうでもいいんだった(゚Д゚)

原田さんのお話に戻ります。

そんな原田さんが今何をされているかというと、
・自分の才能や知識を最大限発揮できるターゲットをクライアントさんとしたランゲージレッスン!
・日本語教師と自分を掛け合わせた新たなサービスを確立しクライアントさんに提供中!
・自分の教室まで開いちゃいました!
・さらにさらに新たな企画に挑戦中!

という事で、たった1年ちょっとでこんなにも素晴らしいことになっています。

そんな原田さんがブランディングプランのアンケート(全7問)にお答えくださいました。


Q1:日本語教師歴を教えてください(2019年7月時点)
A:学校勤務5年、フリーランス日本語教師1年


Q2:ブランディングプランを受ける前はどのような状況でしたか。
A:非常勤講師として日本語学校で働いていました。
労働時間とその対価、学校の雰囲気、生徒の目指すところ、自身の目指すものなどを総合的に考えて将来の身の振り方について色々考えていた時期でした。


Q3:現在はどのような活動をしていますか。
A:由利さんのブランディングプランを受けてフリーランス日本語教師になる決意ができました。
プラン終了後に由利さんがクライアントさんを紹介してくださったり、自身で集客したりしてプライベートレッスンをしました。
その過程で、他のフリーランサーの方々との違いを見つけようと、日本語+生活サポートを加え、現在は「日本小屋」という屋号で千葉県と東京近辺に住んでいる中国人のご家庭向けに日本語レッスンとお子様の学校生活に関するサポートを行っております。
ホームページ→日本語屋


Q4:セッションではどんなことをしましたか。
A:自分の棚卸とも言われるようなワークを一緒に行い、自分が何者で何を提供できるのかを固めました。
そのあとに、ターゲット層や集客に向けてのアプローチ法などを考えたのですが、由利さんがとてもうまく質問をしてくださったので、自分一人では考え出す事ができないような事が引き出されました。


Q5:セッション前後で感じているご自身の変化を教えてください。
A:私の場合、実は由利さんのホームページからお問い合わせをするまでに3ヶ月ほど、そこからセッションの申し込みに到るまでがさらに3ヶ月ほど、セッション中も色々な事があ重なり、修了までにかなり長い時間がかかってしまいました。
不安やためらいがあり自信がなかなか持てなかったのですが、セッション全体を通して由利さんからとてもたくさんの勇気と励まし、エネルギーが出る温かいお言葉を頂く事ができました。
由利さんによって、自分で自分の持っているものに自信を持つことができました。
一番最初に背中を押してくださったのは由利さんのブランディングプランだったと思っています。


Q6:由利智美の対応はどうでしたか。
A:決して押し付けるようなことはなく、こちらの想いや大事にしているものを理解しよとする努力をしてくださり、そしてこちらが抱いているモヤモヤとしたものを言葉などの形として引き出してくれる方だと思います。
いつも一生懸命で熱心に対応してくださっていました。


Q7:日本語教師×◯◯を目指す方へメッセージをお願いします。
A:日本語×◯◯の◯◯の部分は無限にあると思います。現状に満足している方がいてももちろんいいことであると思いますし、もし何かモヤモヤとされている方がいらっしゃるのであれば、一旦立ち止ってモヤモヤの正体について考えてみるのも良いことだと思います。
考えることによって、その先現状のままでいるにしても新しいチャレンジをする上でも、何か得るものがあると思います。
開業2年目の私もまだまだ自分の日本語×◯◯について模索中です。この先どんな×◯◯がまた新たに誕生するのか想像するだけでもワクワクします!
皆さんもご自身のモヤモヤを解消して、ワクワク仕事をしましょう!


号泣!!!!!(T ^ T)
嬉しい嬉しい嬉しい!!!!

私の”人の理想を現実に繋ぎたい”というマグマが癒されていくきらきら

原田さんもやはりとても行動力のある方なんです。
中国人向けのブログやSNSサイトでフォロワーを増やすためにちょっとしたコツをお伝えすると、次のセッションの時にはしっかりフォロワーを増やしていらっしゃいました。

よく
「自信がない」
「心配」
とおっしゃっていたのですが、今ではもう別人のようにイキイキとご自身のやりたいと思うことを中心に活動を楽しまれています。

まだまだ原田さんのような方を増やしていくのが私のやりがい!
そして使命であると勝手に思っています。

これを読んでくださったあなたも、ブランディングプランに参加して自分だけの日本語教師×◯◯を楽しく始めてみませんか?
いつでも全力でサポート致します!

ブランディングプランの詳細はこちらに記載しています。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました^^
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8979941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール