プロフィール

整体療術師 吉本直剛
整体療術師 健康管理士として医療機関にて勤務しております。 また個人投資家としても活動しています。
リンク集
人気ブログランキングへ                     
クリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
l‹Cƒz[ƒ€ƒy[ƒWƒ‰ƒ“ƒLƒ“ƒO
日別アーカイブ
http://fanblogs.jp/naoy0630/index1_0.rdf
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2011年03月13日
地震対策、緊急連絡先
地震の今後の情報、対策、緊急連絡先は下記のサイトをご確認ください。

地震対策、緊急連絡

2011年02月13日
ミラクルフルーツ
"ミラクルフルーツ"を知っているだろうか。日本でも何回かテレビで取り上げられたことがある。西アフリカ原産の真っ赤な果実で、現地の人たちは、すっぱいヤシ酒や発酵したパンに甘味をつけるのにこれを使う。そう、ミラクルフルーツの特徴とは、この実を食べた後だと、どんなすっぱいものを食べても甘く感じるというもの。
ミラクルフルーツはそんなにも強烈な甘さなのか、というと無味無臭。皮をむいて白い果肉を口に含んで舌の上で数分転がすだけで、すっぱいものを食べても驚くほど甘く感じる。これは、ミラクリンという糖タンパク質が舌の味覚に関わる細胞に吸着し、味覚を一時的に変え、甘味を強く感じさせるため。効果は2時間も続く。
レモンは体にいいというが、そんなに食べれるものでもない。だからミラクルフルーツを使えばおいしく食べられる。こんな感じでダイエット食にも使えそうなのだが、日本で食べるのはほとんど無理。値段が高いし、鮮度が落ちると効き目も落ちる。大量安定生産も出来ない。日本では植物園や研究施設で栽培されているだけ。こんな不思議で便利そうなミラクルフルーツ、手に入れるだけでダイエットに効果はある!?

2010年10月06日
冷え症は生野菜で治る
冷え症とは、人体内のホルモン系や自律神経系が何らかの原因で異常となり、
その結果、手、足、その他末梢の血液循環を調節している血管運動神経が機能不全となり、
その部位の血液循環が不充分となり、異常な冷えを感じる症状、またその体質をいいます。

女性は、腰から臀部、それに膝から大腿上部にかけて冷えを感じる人が多いようです。
女性に冷え症が特に多いという現象の理由は、単に皮下脂肪の厚さのためばかりでなく、
女性器の収まっている骨盤内の血液循環が不完全であるためではなかろうかと思われます。

【冷え症の要因として考えられるもの】
@血管運動神経の失調
A微少循環の障害
B背骨の狂い
C貧血
D尿酸の蓄積
E過食

冷え症の原因は、何といっても誤った食事習慣にあります。
冷え症を根治するためには、食事の摂り方を考えなければなりません。

東洋医学では、体質を陰性体質と陽性体質に分けて対応します。
冷え症の人は陰性体質ですから、食事は陽性の食品を摂るように指導します。
食品も生野菜は陰性食品に分類されるので、陽性の温野菜を食べるようにと勧めています。
陰性に陽性を当てはめるから、冷え症の人が冷えを感じなくて済むという訳です。
現代医学でも、冷え症の人には体を冷やす習慣を避けるように指導します。

一見、合理的に思えますが、この発想では体質は変わりません。
体質を変えるには、合理的な事を行っても無理で、非合理で劇的な変化が必要です。
体質を変えるには、合理的な方法では無理であり、非合理な方法こそが有効なのです。
体質改善の決め手となるのは、生命弁証法の非合理の合理という法則の中にあります。

陽性食品である温野菜ばかり食べ続けていると、
確かに体は冷えませんが、冷え症を根治する事はできません。
寧ろ、体を温めるという過保護によって一層冷えに弱い体になってしまいます。
陽性食品によって体を温めるという食物養生法は、一種の対症療法に過ぎません。
冷え症の人は、生野菜を摂取するという非合理な方法で、陽性体質に転換するのです。

生野菜は体を冷やすと言われていますが、果たしてそうでしょうか。
生菜食を始めると、確かに最初の半年間は体が非常に冷えます。
東洋医学の「生野菜は体を冷やす」とは、最初の半年間をいっています。
生菜食を続けていると、冷えに対する体の抵抗力が次第に生まれて来ます。
そして、寒がりも冷え症もすっかり治り、冬の外出時でも薄着で平気になり、
靴下を履かなくても足先は常に温かくなり、風邪にも強い体質に変わります。

冷え症の本当の原因は、血液がルローとなって
末梢の毛細血管にまで行き渡らなくなっている事です。
そして、そのルローの原因は体内の酵素不足なのです。
生菜食をずっと続けていると、体内酵素が充分に満たされ、
新陳代謝がよくなるので、慢性的な冷え症は改善されます。

生野菜に含まれている食物酵素の補給は、末梢の血行を良くします。
生菜食を続けていくと血の巡りが良くなって手足が温かくなります。
代謝機能が充分に働き始めると、自然に体温が上がってくるのです。

東洋医学の常識は実は真理の一面しか見ていなかったのです。
生菜食を一年も二年も続けるという体験を持っていなかったため、
「陰極まって陽となる」というもう一面の真理が分からなかったのです。

生菜食に秘められた真理は、東洋医学の常識に対する大きな問題提起となるでしょう。

美容と健康総合通販サイトは下記へ
こちらをクリック

2010年10月05日
果物と野菜でダイエット
通常、血中の糖はエネルギーとして使われます。

ところが、摂取した糖が血液中でいっぱいになると血糖値が上がり、その時余分な糖は肝臓で脂肪に変えられます。

よって、糖分を多く摂りすぎると、本来エネルギーとして使われる糖が余り体内に脂肪が蓄積されていくのです。

そこで、果物に含まれる食物繊維を摂取することにより、この脂肪の蓄積を抑えることができます。

果物には食物繊維が含まれており、糖が食物繊維に包まれているため腸での糖の吸収がゆるやかになります。

そして、糖はエネルギーとして効率よく使われます。

よって、果物の糖は体内に蓄積されにくく血糖値も上がらないため、脂肪になりにくいという訳です。

以下のデータからも分かるように、果物の食物繊維量は野菜と比べても見劣りしません。

食物繊維量(100kcal)
キウイ 5.0g イチゴ 4.2g りんご 2.8g みかん 2.2g かぼちゃ 5.6g 枝豆 4.2g じゃがいも 1.7g さつまいも 1.7g

そして、果物の糖には以下のようなダイエット効果もあります。

通常、血液中の糖がエネルギーとして消費され、少なくなってくると脳に信号が送られ人は空腹を感じます。

ところが、果物の糖はゆっくり吸収されるため、果物の糖は血液中に滞在する時間が長く、空腹を感じにくいのです。

空腹を感じると人は物を食べたくなりますから、果物の糖を摂った方が食事の量が減りダイエットに効果的なのです。

果物のダイエットパワーはこれだけでなく、果物の中でもりんごとみかんには更なるダイエット効果があります。

りんごとみかんにはそれぞれダイエットに効果のある成分が含まれており、少し食べ方を工夫すればダイエット効果が期待できるのです。

また、りんごを食べるとよりダイエット効果のある人と、みかんを食べた方がよりダイエット効果がある人に分けられるようです。

高いお金を払ってダイエットをする前に、簡単にできるのでりんごとみかんでダイエットを試しては如何でしょうか?

美容と健康総合通販サイトは下記へ
こちらをクリック

2010年10月04日
痩せない人
痩せるために、食べたい食事を無理して減らす事は、【食べたいと思う気持ち】を無理やり押さえ込む事になるので長くは続きません。


上手に食事を取るためには、食事の時間を決めて、ゆっくり食事を取り、大脳の満腹中枢が働くのを待ちます。


満腹と感じるのは胃が満タンになるからではなく、大脳の満腹中枢が働くからです。



 食事の満足感を感じたら食事を止める事が大切です。

肥満をそのままにしておくと、糖尿病、動脈硬化、などの生活習慣病を起こすリスクは90%にもなります。

美容と健康総合情報サイトは下記へ
こちらをクリック

2010年10月02日
猫背について
座っていても、歩いていても前かがみで、時々、肩がこったりすることはないでしょうか?

猫背になると姿勢が悪くなり、見た目だけでなくいろいろ健康を、損なうこともでてきます。また、猫背の人の中にはコンプレックスで、気分的に落ち込んでしまう人もいるようです。

猫背の原因には、長時間のデスクワークや車の運転、骨盤のひずみなどがあります。女性の場合は、人によってはブラジャーがきついことが、原因となるときもあります。

猫背になると見た目が悪いだけでなく、肩こりや腰痛など多くの症状を招いてしまいます。猫背は治せないとあきらめずに、早めに猫背矯正するのがよいでしょう。

猫背矯正の基本は、座り方や立ち方を直したり、腹式呼吸などがあります。猫背を治すには、日常生活の悪い習慣を正すことが、とても重要になってきます。

カイロプラクティックやクリニック、接骨院では、猫背矯正のカウンセリングや施術を行っているので、悩んでいる方は指導を受けてみるといいでしょう。

カイロプラクティック、整体などで治療すると、体のゆがみを矯正してくれるため、一時的に猫背が治ったように思えます。

しかし、猫背は一度や二度の施術で、完全に治るものではなく、少し時間がたつと元に戻ってしまいます。

ですから時間をかけて、猫背矯正の施術を受けじっくりと治すと同時に、猫背の原因となる日常生活の悪い習慣を、直す必要があります。

また、治療器具として猫背矯正ベルトがあり、正しい姿勢を保つように工夫されています。

種類も子供用、大人用、磁気付き、磁気なしなどがあり、薄型タイプのものは服の下に着けることができ、多くの人が利用しています。

姿勢が美しい人は、やっぱり魅力的なものです。姿勢美人になりたいけど、猫背だから無理と思っているあなた。
猫背で悩んでいる人も、猫背矯正をすれば姿勢美人になることができます。

美容と健康総合情報サイトは下記へ
こちらをクリック

2010年09月27日
冷え症について
なぜ冷え性に陥るのか

さて、まずは、自分が子供だったころを思い出してみてください。暑い夏も、寒い冬でも元気に外で遊び回っていたんではないですか?
たくさん遊んで、くたくたになっても、一晩眠れば、回復。疲労なんて感じてませんでした。
そして、風邪をひいたって3日もあれば、ケロリと治る。「肩がこる」「偏頭痛」なんて子供のころからありませんよね。
でもいつのころからか、大人になって、いろいろな不快症状に悩むようになってしまう。

「手足が常に冷えており、なかなか温まらない。」 、「肩がこって痛いくらいだ」、「疲れがとれない」

子供のころから、このような症状に悩む方はいないと思います。このことから、一つ分かることがあります。

「生まれつきの冷え性体質」 は無い。

生まれもっての冷え性体質なんてないです。生まれたての子供のことを「赤ちゃん」と呼びますね。
理由は、体温が高く、皮膚が赤くみえるからだと言われています。そのくらい体温が高いと病気になってもすぐに回復するんです。
でも体温が低くなってくると、様々なウイルスに対する抵抗力が落ちますから、病気がちになって、回復も遅い、ということになります。

冷え性とはそんな状態です。ではなぜ、冷え性体質に陥ってしまったのか。原因は複数に及ぶと思います。
でも、このサイトは管理人の実体験の記録です。私の経験から言います。

冷え性 の 原因 は

食事。なのです。

原因は「食事」。「何を食べてきたか」、です。
考えれば、当たり前ですよね、人間の細胞は全て、毎日の食事からできていますから。
ということは、冷え性になってしまう食品があるということが理解できると思います。
でも誤解しないで頂きたいのは、様々な食品は、人間を冷え性にするために存在してるわけではありません。
あくまで、バランスです。バランスさえ保てば健康体も保てるんです。そのバランスを崩したのは人間の方です。

2010年09月26日
五大栄養素について
五大栄養素とは、わたしたちの生命活動を維持するための基本となる五つの大きな栄養成分のことです。

カラダをつくり、エネルギーの源となる、たんぱく質、糖質、脂質を三大栄養素といい、これにカラダの調子を整えるための成分、ビタミン、ミネラルの二つを加えたものを五大栄養素といいます。

健康なカラダをつくるためには、五大栄養素を毎日3度の食事でバランスよく摂ることが大切です。

また五大栄養素に食物繊維を加えて六大栄養素ともいいます。

2010年09月25日
体にいいお話
●ツボについて
 東洋医学で大切なのは「気」の考え方。ツボを刺激することで「気」の流れをスムーズにし、体の機能を回復させることができると考えられています。私たちの身近にある西洋医学が化学療法なのに対して、東洋医学は自然療法と言われており、漢方や鍼灸、気功などがあります。
 では、自分で簡単にできるツボ療法をご紹介します。

●ツボの押し方
 ツボ押しはリラックスした状態で「ちょっと痛いけど気持ちいい」くらいの力加減で押しましょう。力を入れる時に息を吐き、力を抜く時に息を吸います。回数や時間にこだわらず、自分が気持ちいいと思うことが大切です。自分の「気持ちいい」ツボが見つかったら、毎日ツボ押しを続けてみましょう。

●肩こり頭痛に効くツボ
 長時間同じ姿勢でいたり、緊張したりすると血液の流れが悪くなり肩がこったり頭痛がしたりします。そんなときは、手軽に出来るツボ押しで血液の流れをよくしたり、軽く体を動かすとすっきりします。

○合谷(ごうこく)
 合谷は手の甲の側、親指と人差し指の骨が交わる手前、人差し指側にあります。肩こりや体全体の調子を整える万能ツボです。反対の手の親指でちょっと痛みを感じるくらいの強さで押します。

○百会(ひゃくえ)
 頭のてっぺんにあるツボで、両手の中指を重ねてツボにあて、強めに押します。頭痛、肩こり、鼻づまりなどに効果があります。

○天柱(てんちゅう)
 後頭部の髪の生え際で、首の後ろの太い筋肉の外側にあります。親指で頭を持ち上げるように押しましょう。蒸しタオルなどをあてて温めると血のめぐりが更によくなります。

○肩井(けんせい)
 首のつけ根と肩先までの真ん中あたり、背中側にあります。ぐっと押したり、もみほぐすと肩こりが楽になります。


2010年09月24日
季節の変わり目
夏から秋へ季節は移りつつあるようで、朝夕は随分過ごしやすくなりました。
でも、こんな季節に体調を崩してしまう人って多いですよね。

原因の一つは気温の変化。それが体温を調整している自律神経にストレスを
与え、免疫力や抵抗力が弱まってしまいます。
またこの時期は、食欲不振や、紫外線の影響などによる夏の疲れが
肌荒れや抜け毛などとしても表れやすくなっています。

季節の変わり目だから体調を崩すのではなく、
日ごろの生活や、ストレス、食生活の乱れなど様々な要因に気温の変化が
加わって、症状が表れやすくなる時期なのです。

この時期体調を崩しやすい人は特に、バランスの良い食事をとり、
生活のリズムを整え、風邪をひかないように温かくして寝るなど、
普段以上に健康を意識した生活を送るようにしてくださいね。




どうして季節の変わり目に体調を崩しやすいの?
   季節の変わり目、特に夏から秋、秋から冬にかけては体調を崩す人が多く見られます。では、どうして季節の変わり目に体調を崩しやすいのでしょうか。
  まずは、気温の変化です。気温の変化は、体温を調整している自律神経にストレスを与えます。そうすると自律神経の働きが追いつかなくなり、免疫力や抵抗力が低下し風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなってしまいます。

また、この夏から秋にかけての季節の変わり目は、夏の生活のツケがまわってきます。例えば、暑さによる食欲不振や冷房による乾燥や紫外線、日焼け止めなどの影響で肌にも疲れが肌荒れになって表れることもありますし、抜け毛も多くなる季節です。

抜け毛の原因は肌荒れの原因とほぼ同じですが、この時期に抜け毛た多くなるのは、犬などの動物が冬毛に生え変わるのと同じで、動物だった頃の名残とも言われています。




通常でも人間は1日50本〜100本程度の毛が抜けていきます。人間の髪の毛の平均本数が10〜15万本程度で、1本の寿命が3〜7年程度なので1日あたり平均すると50〜100本が抜けるとい
うわけです。

上記のような、季節の変わり目に出やすい症状。具体的に何か対策を立てることはできるのでしょうか。



季節の変わり目の体調の変化への対策



○免疫力の強化




 誰もが知っている栄養素ビタミンCには、免疫力を高める作用があります。風邪などの予防にも効果がありますし、風邪をひいてしまった後に摂ると、細胞を修復したり改善したりもしてくれます。もちろん肌荒れにも効果があるので、ぜひオススメしたい栄養素です。
 水溶性なので、過剰症になることもありませんし、比較的摂りやすい栄養素なので、日ごろからきちんと摂るように心がけましょう。サプリメントで摂るのも手軽でいいかと思います。

季節の変わり目に、咳がよく出る人は、家の中ではこまめに埃を取り除くようにしましょう(当たり前のことですが…)。タバコの煙もノドにはよくありませんし、刺激の強い香辛料も避けた方がいいでしょう。


○抜け毛について

夏から秋にかけてはもともと髪が抜けやすくなっています。一時的なものであれば、少々量が多くても気にすることはありませんが、あまりにも抜け毛の量が多かったり、長期間続くようであれば気にした方がよいでしょう。
  髪を洗う前にブラッシングをして汚れを落としてからシャンプーをしたり、しっかり頭皮をマッサージして頭皮の血流をよくしてあげてください。

とは言っても、抜け毛の数を数えるのは不可能ですし、自分の抜け毛の量が多いのか少ないのかもなんとなくでしかわからないものです。抜け毛については、対策とったところで、短期間で劇的に改善されるものではありません。


最後に…
地域に差はあっても、四季の変化はすべての人に共通して訪れるものです。でも、季節の変化による体調の変化は、すべての人に共通して起こるものではありません。それは人によって病への抵抗力が違っているからです。

  ほとんどの病気や症状に言えることですが、原因はひとつではなく、生活環境やストレス、生活リズム、食生活など様々な要因があって起こるものです。季節の変化は、一つの原因ではありますが、それらが積み重なって症状が表れるきっかけでもあります。

 季節の変わり目に体調を崩しやすい人は、特にこの時期、バランスの良い食事をとり、生活のリズムを整え、風邪をひかないように温かくして寝るなど、普段以上に健康を意識した生活を送るようにしてくださいね。




>> 次へ