広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年09月17日

雪辱期した登板でまた結果残せず…中日ルーキー岡野、広島の一発攻勢に屈し5イニング4失点で降板

78825335-DE37-4CF2-B049-418097268232.jpeg

◇16日 広島―中日(マツダ)

 中日の岡野祐一郎投手(26)が16日の広島戦(マツダ)に先発したが、5イニングを6安打4失点で降板した。

 立ち上がりにいきなり捕まった。1回、先頭の大盛から菊池涼、ピレラの3連打で早々と先制点を許した。わずか11球で失点。その後のピンチはしのぎ、2、3回と無失点に抑え、立ち直ったかに思えたが、4回に再び捕まった。

 先頭の鈴木誠に左前打を打たれ、続く松山に真っすぐを右翼スタンドへ運ばれた。痛恨の2ラン被弾。さらに磯村にも左翼へソロ本塁打を浴びた。一発攻勢に屈した。

 マツダでの広島戦は、7月30日の試合で4イニング4失点でKOされていた。雪辱を期したが、またも満足いく結果を残せず、「粘って流れをこちらに持ってくることができなかった。より長いイニングを投げられるようにしたいです」と肩を落とした。

次回の登板に期待したい。



上原浩治氏、巨人は主力が休んでも勝つ「2位とは何ゲーム差になったんだ」

E5D4C287-2257-4634-A7DB-CEB0EDB6C49B.jpeg

 (セ・リーグ、巨人7−6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)巨人は8年ぶりの9連勝。貯金を「25」に増やし、優勝へのマジックナンバーを3つ減らして「35」とした。13日に1軍昇格した田中俊太内野手(27)が先制の1号ソロなど3安打2打点、12日に今季初昇格した立岡宗一郎外野手(30)が1号3ランを含む2安打4打点と活躍した。

 米大リーグや巨人で投手として活躍した上原浩治氏(45)は同日、自身のツイッターで「主力が休んでも勝つ…2位とは何ゲーム差になったんだ」と脱帽。「いまはプレッシャーよりも、リラックスして試合に臨めてるような…」と指摘した。



阪神・近本が先頭打者弾「コンパクトにスイング」開幕3戦目の再現、またサンチェスから

54DFBDE9-682D-478E-8695-B0E8232BAE32.jpeg

「巨人−阪神」(17日、東京ドーム)

またサンチェスから打った。阪神・近本光司外野手が先頭打者本塁打を放ち、先制に成功。開幕3戦目の再現とも言えるようなアーチを架けた。
 初球から積極果敢に振りに行った。外角高めの150キロを完璧に振り抜く。打球は右翼方向に一直線に伸びていき、そのままスタンドに突き刺さる6号ソロとなった。
 「コンパクトにスイングすることを強く意識して打席に入りました。結果的にホームランになってくれて、先制することができて良かったです」
 近本の先頭打者本塁打は7月10日のDeNA戦以来今季3本目、通算4本目。開幕3戦目の同カードでもサンチェスから先頭打者弾を放っている近本。15日も菅野から2発放つなど、打撃状態が上向きな背番号5が仕事を果たした。
 現在、阪神は東京ドーム8連敗中。敗れれば、今季の巨人戦負け越しが決まる一戦で、幸先のいいスタートを切った。
これからの活躍にも目が離せない。



ヤクルト6連敗で脱出 代打・宮本が決勝内野安打 先発・歳内は粘りの5回2失点

 「ヤクルト3−2DeNA」(16日、神宮球場)
 ヤクルトが引き分けを挟んでの連敗を6で止めた。
 四回に村上の13号ソロで先制。五回に逆転を許したが、1点を追う七回、DeNA2番手・エスコバーを攻め、2死一、二塁とし、代打・荒木が左前に同点適時打。さらに3番手・平田から代打・宮本が決勝二塁内野安打を放った。
 先発は新加入の歳内。昨季限りで阪神を戦力外になり、今季は四国IL・香川でプレー。9試合で5勝0敗、防御率0・42の成績を残し、6日に投手陣の補強を目指していたヤクルト入りした。
 阪神在籍時の2016年4月27日の巨人戦以来、1603日ぶりの1軍マウンド。走者を許しながら粘りの投球を披露。1点リードの五回に逆転を許しての降板となったが、毎回の8安打されながら2失点と粘りの投球でつないだ。
 2番手の梅野は2回をパーフェクトに抑える好投で逆転を呼ぶ。八回は3番手・清水が三者凡退。最終回は守護神・石山が神里、柴田を連続三振、続く代打・山下を左邪飛に抑えた。梅野は今季初勝利。
 ヤクルトは8カード連続負け越し中。このカードを1勝1敗とし、17日は久々のカード勝ち越しを狙う。



TVアニメ『弱キャラ友崎くん』、2021年1月放送!キービジュアルを公開

28C37325-2228-4DD1-BF6F-E7F85ECB4D34.jpeg

累計発行部数100万部を突破し、「このライトノベルがすごい!」(文庫部門)で4年連続TOP10入りの人気ライトノベル『弱キャラ友崎くん』がTVアニメとなり、2021年1月より放送開始となることが決定した。

それにあわせてキービジュアルを公開。作品の舞台となる埼玉・大宮を背景に友崎たちメインキャラクターが勢揃いのイラストとなっている。

人生は果たして神ゲーかクソゲーか?弱キャラ・友崎が挑む人生攻略ラブコメ『弱キャラ友崎くん』は、2021年1月より放送開始予定。各詳細はリニューアルされたアニメ公式サイトにて。



劇場版「鬼滅の刃」主題歌のLiSA「炎」ジャケットに煉獄の描き下ろしイラスト

BA57CCDE-EB5A-4771-A495-0650D4ED9DF9.jpeg

吾峠呼世晴原作によるアニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌である、LiSA「炎(ほむら)」のジャケットが公開された。

梶浦由記が作曲を担当し、梶浦とLiSAが共同で作詞を手がけた同楽曲。期間生産限定盤ジャケットには煉獄杏寿郎の描き下ろしイラストがデザインされた。初回生産限定盤は炎型にくり抜かれたスリーブケース仕様で、通常盤のジャケットには線路を背景にLiSAを映したビジュアルを使用。「炎」は10月14日に、LiSAのニューアルバム「LEO-NiNE」と同時発売される。

10月16日に全国公開される「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、2019年4月から9月まで放送されたTVアニメ「鬼滅の刃」の続編。短期間のうちに40人以上もの人が行方不明になっている無限列車を舞台に、炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助、炎柱の煉獄杏寿郎が、鬼との戦いを繰り広げる。



山口俊が大乱調 1回1/3を2安打6四死球7失点

DC19285C-8C76-4262-80A9-654C8237B5FC.jpeg

<ヤンキース−ブルージェイズ>◇15日(日本時間16日)◇ヤンキースタジアム

ブルージェイズ山口俊投手(33)が、6点ビハインドの2回から2番手で登板し、1回1/3を投げ2安打6四死球7失点と乱れた。

先発の右腕ウォーカーが2回途中7失点で降板。2死から山口がマウンドに上がり、4番スタントンを空振り三振に仕留めてこの回の投球を終えたが、2イニング目に崩れた。

3回、無死から3連続四球で満塁とすると、8番サンチェス、9番ウェードに連続死球で2失点。1番ラメーヒューには左翼線へ3点適時二塁打を浴び、さらに3点を失った。

4回は先頭のウルシェラに二塁打を浴び、続くフレージャーに四球を与えた。制球が安定せず、59球で交代。相手に傾いた流れを止められなかった。防御率は6・65となった。
次回の登板に期待したい。



西武3連勝!浜屋プロ初先発初勝利 ロッテ小島6敗

9151FF16-5CC8-47B2-9C97-9DEEBC15911C.jpeg

<西武3−1ロッテ>◇16日◇メットライフドーム

西武は1回に栗山の9号ソロで先制。初先発の浜屋は、ロッテ打線を3回まで1安打無失点に封じる立ち上がりをみせた。

西武は5回に外崎と栗山の適時打でリードを3点に広げた。ロッテは6回2死三塁から、中村奨の左前適時打で1点をかえした。

リードを守りきった西武は3連勝を収めた。初先発の浜屋は6回1失点で、プロ初勝利を挙げた。ロッテは2連敗となった。小島が6敗目。
次回の登板にも期待したい。



【オリックス】ジョーンズ、来日初の登録抹消 16日腰の張りでベンチ外

506B1255-AF5C-43A5-93C0-23D9825FD589.jpeg

オリックスのアダム・ジョーンズ外野手(35)が17日、出場選手登録を抹消された。

 今季補強の目玉となった新助っ人の抹消は、初めて。前日に腰の張りを訴え、楽天戦(ほっともっと神戸)のベンチ入りを外れていた。球団は「大事を取ったため」と説明し、球場には来たが治療を受けて帰宅。病院には行かず、今後については状態を見て判断するとしていた。

 今季新加入したジョーンズは、ここまで70試合に出場して打率2割5分5厘、10本塁打、35打点の成績を残している。

山崎勝己捕手(38)も抹消され、代わりにスティーブン・モヤ外野手(29)とアデルリン・ロドリゲス内野手(28)が出場選手登録された。



オリックスから移籍の阪神・小林が移籍後初登板 ピンチ招くも2回4K無失点

311CC513-AFC8-444D-A3D6-987035C98181.jpeg


 「巨人−阪神」(16日、東京ドーム)

オリックスからトレード移籍してきた阪神・小林慶祐投手(27)が移籍後初登板に臨んだ。2回2安打無失点と上々のデビューだ。
 7点ビハインドの六回からマウンドへ。先頭の丸は四球を出したが、続く大城は148キロ直球で空振り三振。その後、若林には右中間へ二塁打を打たれ1死二、三塁のピンチを招いた。
 だが、踏ん張った。次打者はこの日3安打、1本塁打と当たっている田中俊だったが、フォークで空振り三振に。立岡を申告敬遠にした後は田口を二ゴロに抑え、無失点で抑えた。七回も続投。松原とウィーラーを空振り三振に取るなど、奪三振能力の高さを発揮した。
 「すごく緊張はしましたが、野手の方やベンチの皆さんに声をかけていただいたおかげで、思い切って投げることができました。2イニング投げさせていただき、ゼロで抑えることが出来て良かったですし、次の登板でもゼロに抑えて、チームの戦力になれるように頑張りたいです」
 トレード相手の飯田優は移籍したオリックスで今季初勝利を挙げるなど奮闘しているが、小林も負けじと首位・巨人に力投を見せた。
これからの活躍にも目が離せない。



【巨人】坂本勇人と岡本和真が2試合連続で欠場 試合前練習には参加

DD985F4F-66B1-44A9-B3BF-68690EE81B10.jpeg


◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―阪神(17日・東京D)

 巨人の坂本勇人内野手(31)と岡本和真内野手(24)がベンチ入りメンバーから外れ、2試合連続の欠場となった。

 坂本は軽い体調不良、岡本は軽い腰痛で、両選手とも16日の試合前練習ではグラウンドに姿を見せず、試合も欠場していた。

 この日、2人は試合前練習には参加した。岡本は三塁でノックを受け、フリー打撃では強振し、スタンドに白球を放り込んでいた。

 坂本は外野で個人アップを行った後、キャッチボール、打撃練習を行った。

 両者とも元気に練習を行っていたが、首脳陣が大事を取ったとみられる。



西武浮上のキーマンは“クセがスゴい”? 2年目森脇が幻惑投法で勝利の方程式入り

DE2DBA56-0926-4FBB-A681-60D5B4E09157.jpeg

西武森脇の投球フォームは最速162キロのギャレットらと対照的な脱力投法


■西武 3-1 ロッテ(16日・メットライフ)

“勝利の方程式”入りを果たした。西武は16日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に3-1で競り勝ったが、2点リードの7回に辻発彦監督がマウンドへ送ったのは、2年目右腕の森脇亮介投手だった。

 森脇の投球フォームはなかなか“クセがスゴい”。左足を上げた後、テークバックに移る際にいったん脱力して、棒立ちの状態に。そこから一気に腕を振る。一瞬、キャッチボールか、と思わせるほど力感はないが、それでいてストレートはこの日も最速147キロを計測。落差の大きいフォーク、ナックルカーブ、カットボールなども駆使して打者を翻弄する。この日は清田を右飛、角中と代打・菅野を連続空振り三振に仕留め、3人で片づけた。

 今季開幕当初は敗戦処理が多かったが、26試合に登板し2勝0敗、防御率1.37と西武の救援陣でピカイチの成績を残し、僅差でリードしている場面での登板が増えてきた。本人は「勝ちパターンでの登板とか、そのあたりは意識していない」と言うが、今季162キロを計測したギャレット、最速160キロを誇る平良、MAX152キロのドラフト1位ルーキー宮川ら、速球派が多い中継ぎ陣にあって、森脇の力の抜け具合は絶妙なアクセントとなり、相手を幻惑する。

 京都・塔南高から日大、セガサミーを経てドラフト6位で入団し2年目を迎えた、遅咲きの28歳。辻監督は「森脇はコツコツと努力して、大事な所でも投げられるようになった。本人も自信をつけただろうし、こっち(首脳陣)もイケるという気になっている」と称賛を惜しまない。優勝争いから大きく取り残されている西武にとって、浮上のキーマンになるかもしれない。
これからの活躍にも目が離せない。




ヤクルト・歳内 “不屈”の84球 NPB復帰5回2失点「チームが勝てたことが良かった」

5A636BD8-3003-4783-B7CC-2AC467E6ACC6.jpeg


 ◇セ・リーグ ヤクルト3―2DeNA(2020年9月16日 神宮)

 打たれた悔しさが全身を貫く。そしてチームの勝利に喜びがこみ上げた。ヤクルトのユニホームを着て、NPBの、1軍のマウンドに歳内が戻ってきた。移籍後初登板。ひたむきな84球が輝いた。

 「むちゃくちゃ緊張してたので(拍手も)分からなかった。まずはチームが勝てたことが良かったです」

 16年4月27日の巨人戦以来、実に1603日ぶりとなる1軍マウンドだ。震えるのも無理はない。でも、歳内は一球一球をかみしめるように、全力で腕を振った。立ち上がりから毎回安打。走者を背負いながら高校(聖光学院)時代からの代名詞であるスプリットでカウントを取り、内野ゴロを打たせた。5回を8安打2失点。秋の気配が漂う神宮で大粒の汗を滴らせて投げる姿に苦労がにじんだ。

 11年ドラフト2位で阪神に入団も右肩故障などもあって2勝に終わり、19年オフに戦力外通告を受けた。四国アイランドリーグplus・香川を経て今季中に異例の移籍。その香川では専用球場がないため、時に公園や河川敷で練習した。「今までが恵まれていたと感じた」。刺激になったのは厳しい環境でもドラフト指名を目指す若い選手たち。プロでの経験を伝えることで自らもまた学んだ。独立リーグでのプレー経験のある高津監督は「歳内はよく投げた。独立に行って、成長して戻ってきたことが見て取れた」と評価。シーズン中に獲得に動いたのは、歳内のそんな「雑草魂」が周囲に与える影響も理由だった。

 1点リードの5回に逆転を許し降板。それでも歳内の勝利への執念はナインに伝わった。野手陣が再三の好守を見せ、7回には代打攻勢で逆転。勝ち星はつかなくてもチームの連敗は6で止まった。

 「次は投げるからには勝ちたい」と歳内。苦労人が最下位に沈むチームに必要な「ひたむきさ」を体現した。
これからの活躍にも目が離せない。



「阿部チルドレン」巨人ウレーニャが支配下登録へ

BF4AF3B7-2DD4-4757-8A11-D2E861B11961.jpeg

巨人育成1年目の「阿部チルドレン」、エスタミー・ウレーニャ内野手(21)が支配下登録される見通しであることが16日、分かった。

昨秋に阿部2軍監督らが視察したドミニカ共和国のトライアウトを経て巨人入り。今季はイースタン・リーグ51試合に出場し、リーグ2位の11本塁打、同1位の35打点をマーク。打率も同4位の2割9分7厘と好成績を残している。16日の阪神戦前には1軍練習に参加し、原監督ら首脳陣の前で打撃練習などを行った。ウレーニャが登録されれば、巨人の支配下選手は上限の70人目になる。
期待したい。



川村コーチ訃報から一夜「明るく野球を…」工藤監督

0B73D4CC-826F-4197-A15E-01591F66AAF1.jpeg


<日本ハム−ソフトバンク>◇16日◇札幌ドーム

ソフトバンク工藤公康監督(57)が17日、前日16日に急逝した川村隆史3軍コンディショニング担当(55)の訃報から一夜明け、あらためてチーム一丸となってリーグ優勝を目指す思いを明かした。

試合前に報道陣に対応した工藤監督は「我々は前を向いて戦っていくしかないし、川村君もきっとそれを望んでくれてると思う。選手に元気がないと、ばかやってみんなを笑わせてくれたり、芸達者なところもあった。彼の性格を考えても、しっかりした野球をして、明るく野球をやることが、彼に対して報いることになると思う。勝つことでいい報告をしたい」と決意を新たに、力強い口調で話した。

前日の日本ハム戦後に知らされた選手たちにとっては、この日が川村さんの訃報に触れて最初の試合になる。札幌ドームに到着すると、ベンチ裏で黙とうしてから試合前練習のためグラウンドに出た。気持ちを切り替えて、普段通りに練習メニューに取り組んだ。



大リーグ、秋山は3打数1安打 筒香2三振、大谷出場せず

C7BF9BFB-54DA-4FFD-B8AA-F4B75F5F4E70.jpeg

 【ロサンゼルス共同】米大リーグは16日、各地で行われ、レッズの秋山はシンシナティでのパイレーツ戦に「1番・左翼」でフル出場し、3打数1安打1打点、1四球1三振だった。チームは1―0で5連勝とした。

 レイズの筒香はナショナルズ戦の七回に代打で出場して左翼を守り、2打数無安打、2三振だった。九回終了後に退いた。チームはタイブレークの延長十回、2―4で敗れた。

 エンゼルスの大谷は3試合連続で出場しなかった。チームは6―9で敗れた。



巨人坂本と岡本はスタメン落ちへ 早期復帰の見込み

3D580859-5603-4A35-BBD1-12463D893291.jpeg

巨人は16日、前日に途中交代した坂本勇人内野手(31)は「軽い体調不良」、岡本和真内野手(24)は「軽い腰痛」と発表した。ともに同日の先発メンバーから外れる予定。

東京ドームで行われた試合前練習に坂本は姿を見せず、岡本はフリー打撃や守備練習などは行わなかった。ともに大事には至らず、早期復帰できる見込み。

15日の阪神14回戦(東京ドーム)で、坂本は第3打席で三振に倒れた直後の6回の守備から交代し、岡本は中前に同点適時打を放った後に、7回の守備からベンチに下がっていた。
大黒柱が外れるとチームとしても痛い。



日本ハム・杉谷 逆襲の中田いじり せっかくの記念Tシャツに「昨日4三振です」

EEA01A01-1672-487E-83E2-81B49AC0846B.jpeg


 日本ハム・杉谷が普段いじられている主砲・中田をいじり返した。16日のソフトバンク戦前の練習中にナインが中田が通算250号達成記念Tシャツを着用してアップを行ったが、杉谷だけがアレンジを加えていた。

 15日のソフトバンク戦で全4打席空振り三振に倒れた主砲を皮肉り「昨日4三振です」の文字が。中田本人のサインまでもらう用意周到ぶりだった。
ファンに笑顔を与えている。



江本氏、巨人・デラロサに「四球を出しているようでは…」

29025981-F607-4D23-B415-EDFD579F94B2.jpeg

○ 巨人 7 − 6 阪神 ●

<15回戦・東京ドーム>



 巨人の守護神・デラロサが、3点リードの9回からマウンドにあがるも、イニング途中で降板となった。



 7−4の9回から登板したデラロサは、先頭の糸原健斗を一ゴロに仕留めるも、続くサンズに四球を与える。同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で放送された江本孟紀氏は「こういうところですよね。3点差もあってリリーフが四球を出しているようではダメなんですよ。結果的に0点に抑えるけど、1イニングにランナーを出しているようでは、リリーフじゃないですよ」とバッサリ。



 直後にデラロサは、大山悠輔に2ランを浴び、ここで降板となった。江本氏は「ボールが続いているから真ん中へまっすぐ投げて、それ振ってホームランになったという単純な話ですよ」と厳しかった。



 後を受けた中川皓太が後続を抑え逃げ切った。
次回の登板に期待したい。



ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。