広告

posted by fanblog

2020年09月25日

【2軍】西純が先発で初勝利!5回4安打1失点で3勝目

9EEE7717-101E-47B5-BE91-4545A78084A1.jpeg

 「ウエスタン、広島2−5阪神」(24日、由宇球場)
 阪神・西純矢投手(19)が24日、ウエスタン・広島戦(由宇)で先発し、5回を4安打1失点で3勝目をマークした。先発では初めて勝利投手となった。公式戦先発は8月9日の同戦以来だったが、課題として取り組んできたフォーム矯正にも手応えを実感。今季中に1軍で先発デビューする可能性も現実味を増してきた。
 また一歩、1軍のマウンドに近づいた。約1カ月半ぶりの公式戦先発。小雨もぱらつく中で西純は堂々と腕を振った。5回1失点でつかんだ“先発初白星”。粘投が光った。
 初回のピンチを切り抜けられたことが大きい。連打と四球で1死満塁のピンチを招いたが、中村奨を遊ゴロ併殺打に打ち取り流れを渡さず。「(遊撃の)遠藤がゲッツーにしてくれて、二回以降は低めに投げることを意識してうまく修正することができた」と尻上がりに調子を上げた。
 安藤2軍育成コーチとフォーム矯正を行ってきた効果が出ている。これまでは制球面に苦しみ球数を増やしていたが、不用意な一投が少なくなった。「今は形が安定して(フォームの)再現性の部分をやっているが、もうちょっと(右手)トップを(頭の)近くにいけるようにしたい」とさらに良化を目指す。
 最速は146キロ。平田2軍監督は「まだまだスピードも150キロが出せるように次は期待している」と口調に熱を込め、西純は「真っすぐで空振りを取れるように」と次戦への決意を口にした。
 1軍の戦況次第では今季中に先発デビューする可能性も出てきた。故障もなく、順調に来た右腕。ウエスタン・リーグでの先発で結果を残し、大勢の虎党が待ち受けるひのき舞台に立つ。
今後の活躍に期待ししたい。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10221446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。