2021年12月04日

12月4日の戦国クイズ

戦国時代初期、大内氏が西日本で勢力を伸ばす要因となった「勘合貿易」とは、中国の何という王朝との貿易?

1. 清
2. 明
3. 元
4. 宋

回答: 2. 明
正解は「明」。14世紀に建国された中国の王朝・明(みん)と日本との貿易は、正式な通商船であることを示す「勘合符」が使われたことから「勘合貿易」とも呼ばれています。戦国時代の初期には大内氏がこの勘合貿易を独占して勢力を強め、西日本に一大勢力を築きました。



ケータイ国盗り合戦 ブログランキングへ
スポンサード リンク



posted by タカ at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国クイズ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/11131477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク








★ホテル宿泊料金の横断検索サイト★


最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
QRコード