ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年06月17日

歌唱力を上げる方法

練習を続けていても、なかなか上手くならないという場合、
喉だけで発声しているいわゆる"のど声"の状態になっている可能性があります。



お腹から声を出す理想的な歌声ではなく、
喉だけで発声をコントロールしようとするのど声では、
うまく歌うことができません。



歌唱力を上げるためには、のど声の癖を直さなければいけません。
声がかすれてしまったり、息がもれてしまうのど声では、
高音が出しにくく、綺麗に響かせることができません。



いわゆるハスキー・ボイスと呼ばれる歌い手もいますが、
そういった人達は無理にハスキーな声を出すのではなく、
最初からそういう声の持ち主なのです。



のどだけを使ってそういった声を出そうと頑張っても、のどを痛めるだけで
それで歌唱力を上げることはできません。








理想的なのどの状態とは?

のど声の癖を解消して、歌唱力を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか?
まずは、理想的なのどの状態を説明しましょう。



歌唱時は、のどが大きく開いていることが理想的です。
あくびをしているような状態をイメージすると分かり易いでしょう。



気持ちよくあくびをしながら「ほわぁ〜」と大きな声を出してみてください。
どうですか?のどに負担がなく、大きな声が出せたでしょう。



もうひとつ、舌に力を入れないようにすることも重要です。
大きな声や、高い声を出そうとすると、つい口の中に力が入ってしまいます。
そうすると、のどをコントロールすることが難しくなってしまいます。


posted by inforiders at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。