広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2012年01月21日

THIN LIZZY

アイルランドの英雄



グループのリーダー、フィル・ライノットはアイルランド出身。
私らの子供のころはフィル・リノットと呼ばれていた。最近はフィル・ライノットと呼ばれるらしい。

子供のころは、特にメジャーという訳ではなく、名前は聞いたことがある位の認識だった。

今、資料を読んでいると、アイルランドの名を世界に轟かせたということで、人間的にも尊敬され、今だ英雄扱いされているらしい。

残念ながら、1986年、36才で亡くなっている。

音は、メロディアスでシンプル。わかりやすい音楽ではないでしょうか。

アイルランドってイギリスの隣にある島のようです。パッと浮かぶイメージはU2のボノですが、イギリスとの関係を調べてみると面白そうです。

脱獄<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥3,138から
(2012/1/21 10:56時点)




ライヴ・アンド・デンジャラス

新品価格
¥6,695から
(2012/1/21 10:58時点)




クラシック・ロックをかけまくるUKのラジオ局Planet Rockが歴代のライヴ・アルバムを決める一般投票を実施。シン・リジィの『Live & Dangerous』が1位に選ばれた.........下矢印


メモ今日は何の日:ポール、リンダとコンサートのため来日するが、大麻取締法違反の現行犯で逮捕
posted by badcompany at 10:28| Comment(0) | THIN LIZZY

2012年01月15日

UFO

UFO

UFOと書いてあったら、今の人は『ユーフォー』と読むのでしょうか。そういう焼きそばもあるし。(-^口^-)

私らは少年の頃、『ユー・エフ・オー』と言っていた。当時、テレビ番組で「謎の円盤 UFO」という、大好きな番組があり、それも確か『ユ・ーエフ・オー』と言っていた記憶がある。

この番組はYou Tubeでもオープニングタイトルが見えますが、今見ても、新鮮、かっこいいです。
この番組に出てくる女性の髪が紫色というのは、人から聞いた。その人の家はカラーテレビで、うちは白黒テレビだったから。



謎の円盤UFO COLLECTORS’BOX PART1(DVD) ◆20%OFF!

価格:20,832円
(2012/1/15 13:21時点)
感想(2件)




私にとってのUFOは、デビュー曲?の「カモン・エブリバディー」で、良く聞いてました。
この曲は、エディ・コクランのオリジナルだそうで、今聞いたら、THE WHOの「サマータイム・ブルース」そっくりで、それもエディ・コクランの作品ということで納得しました。



オリジナル・ギタリストのミック・ボルトンが抜け、スコーピオンズからマイケル・シェンカーを引き抜き、「現象」というアルバムを発表し、これでブレイクしたようです。
マイケル・シェンカーがギター少年に与えた影響も大きかったと思います。

名作ですので必聴です。

現象

新品価格
¥1,350から
(2012/1/15 10:50時点)




Obsession

新品価格
¥858から
(2012/1/15 11:21時点)



posted by badcompany at 09:58| Comment(0) | UFO

2012年01月14日

BLACK SABBATH

BLACK SABBTH

昨日は13日の金曜日。13日の金曜日と言えば、私らにはジェイソンか、BLACK SABBATHがイメージとして浮かんできます。



アメリカがフラワー・ムーブメントという流行に踊らされていたころ、70年1月、イギリスで「BLACK SABBATH」がデビューします。
SABBATHとはキリスト教で言う「安息日」のことらしいです。その日は、仕事を休み、娯楽も慎み、祈りと休息に充てる日、まあ、日曜日のことですね。

何故BLACKか?

多分、黒魔術のことでしょう。黒魔術といっても私にはさっぱりわかりませんが、悪魔をイメージするくらいですかねえ。

音も、名前通りというか、イメージにあったというか、重く、ヘビーな、まさにブリティッシュ・ヘビー・ロックを代表するバンドです。

BLACK SABBATHと言えば、オジー・オズボーンだと思いますが、皆さんご存知のとおり、私生活自体がロックな人で、様々な伝説があり、私生活がテレビの番組になったりと、決して友達にはなりたくないのですが、遠くから見るには面白く、どこか憎めない人物です。



バンドも色々メンバーチェンジを繰り返しているようですが、唯一無二の名曲はやはり「パラノイド」でしょう。

<<パラノイドの訳詞見つけました>>

Black Sabbath (ブラック・サバス) - Paranoid (Remastered) (Mid Price)

価格:1,400円
(2012/1/14 09:47時点)
感想(0件)




名作と言われています拍手

マスター・オブ・リアリティ

新品価格
¥1,560から
(2012/1/14 10:51時点)






posted by badcompany at 09:12| Comment(0) | BLACK SABBATH

2012年01月12日

DEEP PURPLE

DEEP PURPLE

当時、私達中学生の間では、「レッド・ツェッペリン」と同じくらい人気があった。

特に、バンド少年の間では「ディープ・パープル」の曲はよく演奏された。



何より、わかりやすい。音楽を聞いてわかりやすい、わかりにくいという表現が適当かどうか疑問ですが、わかりやすいというのは、曲が覚えやすいメロディーとか、かっこいいリフとか、聞く人のツボをおさえた作品だったということだろう。

よく言われる、ロックとは破壊衝動だという概念にぴったし当てはまったのだろう。だが、それは段々パーターン化され、様式となり、いずれマンネリ化する。

一部のファンの間で共有されるからロックであり、それが万人受けするようになると、最早ロックではなくなってしまう。

メンバーがよく入れ替わっているので、第何期パープルというらしい。私は積極的なファンではないので第何期のパープルが良いとかいう感覚はよくわからない。

今や、「スモーク・オン・ザ・ウオーター」は息子の高校サッカーの応援で使われている。
破壊衝動というロックからかけ離れ、スポーツ応援歌の定番となってしまっている。
それほど認知されたポピュラーミュージックというところか?

「スモーク・オン・ザ・ウオーター」の歌詞の中には「フランク・ザッパ」というミュージシャンが出てくる。それがどんな音楽をやるtのか知りたかったが、少年には聞くすべがなく、今日まで来てしまったのでした。

「スモーク・オン・ザ・ウオーター」の歌詞&和訳ありました

ビヨンド・ザ・パープル

1985年ツアー当時のTシャツで、フロントにディープ・パープルのメンバーのデザイン、背面にはロゴを主体としたツアーの日程のプリント、さらに右袖にもプリントが入ります。特に目立った汚れやダメージが無いワンウォッシュ程度のグッドコンディションで、ボディ自体もパープルカラーという珍しい仕様のため、お勧めです。

posted by badcompany at 23:47| Comment(0) | DEEP PURPLE

2012年01月07日

ヒッピー

ヒッピーという概念は、1960年代、アメリカで既成の体制、慣習に反抗し、自然回帰を求めて定職につかず、放浪したり、コミューンを作ったりする若者の事をいうらしい。

私は、その当時は小学生で意味がよくわからず、ロックに目覚めた頃は下火になっていたので、特別な感慨はありません。

当時、市民会館というところでラジオの公開放送というのがありました。
AM放送ってわかりますかねえ。当時、洋楽を流す番組は少なく、放送局にリクエストハガキと言うのを送り、それで曲を流してもらうというのがありました。
そんなリスナーを集めて公開録音というのをするのですが、最後に、映画上映というのがあって、そこで流されたのが「イージーライダー」でした。
少年の私には映画の内容は難しく、退屈なものでしたが、ラストに『髪を切れ』といって、ライフルで射殺されます。
ここだけはよく覚えていて、アメリカというのは、自由の国といいながら、髪の毛が長いというだけでころされるのかあ。怖いなぁと思った記憶があります。



その後聞き込んでいくうち、当時の雰囲気、世界観を表す代表曲として出てくるのが、「夢のカリフォルニア」と「花のサンフランシスコ」です。
どちらも、ヒット曲で、覚えやすいメロディーラインです。


 


音も哀愁があり、たまに聴くと、当時が思い出され、胸が熱くなります。
もう、世の中なんてどうなっても構わないというような、絶望感といいますか、脱力感といいますか、よく言われる、昔はよかったなあ、そんな感じです。
こんな思いになる人は、50歳以上ですかねえ。


「夢のカリフォルニア」の訳詞がありました

夢のカリフォルニア~ベスト・オブ・ママス&パパス

新品価格
¥2,046から
(2012/1/7 10:14時点)




「花のサンフランシスコ」の訳詞がありました

僕たちの洋楽ヒット Best Of 60’s 1960~69

新品価格
¥2,060から
(2012/1/7 10:16時点)




SEX PISTOLS セックスピストルズ ゆるロングTシャツ&ワンピース レディース
posted by badcompany at 09:24| Comment(12) | culture

2012年01月06日

巨大ロック・フェスティバル

Woodstock

このコンサートがロック史上で大きな意義があったかどうかは定かではありませんが、何故ロックは大音響が必要かとの一つの契機になったことは間違いありません。

ビートルズの武道館公演もアンプの前にマイクを立て、そこから拾った音を流すという、良い音以前の問題で、それに比べると大観衆を満足させるだけの音を作り上げたというのはその後のバンドスタイルに大きな影響があったと思います。

ウッドストックは1969年8月15日から17日までの3日間、個人農場主、マックス・ヤスガーの酪農農場で行われました。一般的には、約40万人集まったと言われています。

このイベントは、単なる音楽フェスティバルのみならず、ヒッピー文化の頂点と言われています。

この模様は、後に映画として公開されます。

私はこのドキュメンタリー映画が公開された当時中学生で、友人と見に行きました。





それまでは野球少年で甲子園を目指そうと思っていたのですが、この映画をみてからは段々ロックに精神を蝕まれ、傾倒していきます。

一番は、長髪にしたかったことを覚えています。

当時は学校て頭髪検査というのがあり、耳にかかってはいけないというものでした。

ダメだと、職員室に呼ばれ、説教をくらいます。ただ、それでも絶対にいうことをきかない生徒もいて、なんだ、きってないじゃないかと思いながらうやむやになっていたような気がします。

高校になっても、友達がバンドをやったりとかして、そちらへますますのめり込み、自分は絶対にサラリーマンにはならない、ヒッピーの様に生きるんだと思い、ほとんど受験勉強をしませんでした。

それでもなんとか大学に受かり、生まれて初めてロック・コンサートというものを体験することになります。

定番です。映画『ウッドストック』

ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 [DVD]

新品価格
¥909から
(2012/1/6 13:31時点)




私は、この映画の中ではThe Who の演奏に、一番衝撃を受けました。

恥ずかしながら、ジミヘンはまだ知りませんでした。

それから何年かして、世の中にビデオというものが出て、あらためて見ることになりますが、それほど感動というものはありませんでした。

ただ、エンドロールでフェスティバルが終わったあとの、膨大なゴミの山が写り、CSN&Yの「ウッドストック」が流れると、涙が流れました。

私の青春だったと...。
posted by badcompany at 11:44| Comment(0) | movie
プロフィール
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
最新記事
最新コメント
70年代USロック by hidメーカー (08/31)
テンペスト/テンペスト by ルイヴィトン バッグ (08/31)
ALICE COOPER by PIAA HID フォグ (08/31)
テンペスト/テンペスト by ロレックス 腕時計 (08/31)
CACTUS by hid リレーレス (08/31)
CACTUS by ロレックス レプリカ (08/31)
UFOはカモン・エブリバディ by ルイヴィトン 新作 2013 (08/31)
70年代USロック by ルイヴィトン 財布 コピー (08/31)
bedlam by ugg バッグ (08/31)
ホテル・カリフォルニアとwe used to know by オーストラリア ugg (08/31)
カテゴリー

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。