広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

1年浪人することの金銭的損失

1年浪人すると、金銭的には自分の人生で1番稼げる1年間の給料+予備校代+(社会人1年目の収入-浪人時の生活費を40年ぐらい年利7%で運用したもの)((社会人1年目の収入-浪人時の生活費)が400万の人だと6400万円ぐらい?)以上を失うのと等しい。
「以上」と書いたのは、浪人してるより働いている方が数倍楽ですから。少なくとも私は。
もちろん1年浪人して得することもありますけど、損する内容を理解していない人がほとんどだと思います。まあ、知らない方が幸せなんでしょうけど・・・。

以下は、浪人しないときの給料と1年浪人した場合の生涯の給料を比べたグラフです。
グラフを見やすくするために、浪人しない場合54才で就職して57歳で退職するとしていますが、普通に22歳で就職して60歳で退職するとしても結果は同じになります。
定年数年前ぐらいまでの給料は、入社してからの年数で決まるので、浪人したときの給料を1年分左にずらせば、浪人しない時の給料と重なります。定年前の数年間は、年齢によって決まると仮定する場合と前年度年収より一定額減るとする考え方などがありますが、下記グラフは前年度年収より一定額減るとする考え方の場合です。年齢によって決まる場合、下記グラフの57歳時の浪人したときの給料は浪人しないときの給料と同じになります。
浪人したときの給料を1年分左にずらすと、55歳時の浪人したときの給料は54歳時の浪人しないときの給料に重なり、56歳時の浪人したときの給料は55歳時の浪人しないときの給料に重なります。すると、56歳時の一番稼げる時期の金額が0円になってしまいます。さらに、下記グラフのように定年前の数年間は前年度年収より一定額減ると仮定すると定年前の数年間の部分でも両者に差がついてしまいます。


次に、分かりにくいと思われる「(社会人1年目の収入-浪人時の生活費)を40年ぐらい年利7%で運用したもの」分浪人すると損すると考えるようになった理由を説明します。
本来なら、浪人時程度の生活費しか使わなくて社会人1年目の収入があれば、(社会人1年目の収入-浪人時の生活費)だけ貯金できるはずです。それを定年頃まで年利7%で運用すれば、定年ごろには「(社会人1年目の収入-浪人時の生活費)を40年ぐらい年利7%で運用したもの」=「(社会人1年目の収入-浪人時の生活費)×16倍」程度になります。年利7%はそんなに難しいものではありません。PERで言えば14.3ぐらいです。これは、ごく普通の株ですよね?

いま、気づいたんですが、これは、一部ダブって考えてしまっているので、厳密に言えば
「自分の人生で1番稼げる1年間の給料」の部分は、「自分の人生で1番稼げる1年間の給料−初任給」ですね。まあ、これは、いづれにせよ「(社会人1年目の収入-浪人時の生活費)×16倍」と比べたら小さいですね。

ちなみに私は、第一志望の大学には落ちましたが、
自分の人生で1番稼げる1年間の給料+予備校代分の損失には気づいていたので浪人しませんでした。
まあ、単にもう受験勉強したくないというのもかなりありましたが。

宝くじは夢を買うもの

世の中にはいろいろなギャンブルがあります。
それぞれのリーターンの期待値は以下です。
宝くじ 50%
競馬 75%
パチンコ 90%
宝くじは、3000円分買ったら半分しか戻ってくることが期待できません。
しかも、現在の1500円と3億円当たった後の1500円の感覚的な価値は、3億円当たった後の1500円の価値のほうが圧倒的に低いので、幸せリターンの期待値は50%を大きく下回ると考えることができます。
まさに、宝くじは夢を買うもの。間違っても、当てようと思ってたくさん買ってはいけません。
1枚買って、2億円当たったら何しようかな~って考えて楽しむのが一番効率がいいんです。

携帯節約術

(こちらで紹介するのは、基本的にauとソフトバンクのオレンジプランでの話ですが、その他の会社、プランでも使えます。ただし、無期限に無料通話を繰り越すことはできませんので、各携帯電話会社のホームページで確認してください。)
まず、無料通話の繰越は、家族で分け合いでなく、無期限繰越にしましょう。
家族で分け合いの場合、たとえば4人家族の場合、3ヶ月繰り越すのと同じ効果にしかなりません。そこら辺の事情を携帯電話会社は分かっているので、家族割りのデフォルトが携帯電話会社が得をする(ユーザが損をする)家族で分け合いなのです。

無料通話分が少し余るぐらいのプランを選択して、1つ下のプランの繰越限度額を超えない程度に繰越額をためます。auの場合、http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/waribiki/kurikoshi/index.htmlで繰越限度額は確認できます。
たまってきたら、1つ下のプランに落として、繰越限度額を使います。
繰越額が0円に近づいてきたらまたプランを1つあげて、繰越限度額をためます。
この方法ですと、基本的に基本料金だけで通話できます。
私の場合、プランの変更は1年に1回位なのでそんなに手間もかかりません。
   
プロフィール

gaou
リンク集
http://fanblogs.jp/gaou/index1_0.rdf
ファンブログのおすすめサイト

Powered by ファンブログ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。