2019年11月22日

万物は流転する。もちろん、貴方も。

ACD1F502-7B4E-454A-B211-9F31E4D0AE56.jpeg



こんにちは、職業・施術屋です。


ここ最近、若干ではありますがこのブログの訪問者が増えています。思えば来年2月には「ブログ立ち上げ2年」になります。


はじめた当初はただ「この職場から離れたい」と危機感を募らせて思いの丈をブログに書く程度の気持ちで始めましたが、まさかここまで続くとは思いませんでした(他にも2つのブログを開設していますしね)。


何事も始めてみなければわからないものです。


流れゆく人々、考えて止まらないように

先日、こんなことを書いていました。



<仕事を辞める人の特徴とは?〜ざっくりとしたお話〜>

↓↓↓
http://fanblogs.jp/freeartist/archive/416/0




完全なる偏見のもと書いた内容でしたが、この前チラッと件のスタッフと会話したところ、どうやら新しい仕事を始められた様子…。まぁ予想どおり次のステップを踏み始めたようです。さらに別のスタッフ(この人も別の理由から辞めると予想してた)も、ご主人の仕事上の関係で急遽海外で生活することになったとか。。。


職場で一緒に働く身としては安心できるスタッフがいた方がありがたいのですが、同じ施術者としては自分の望む道を進んでいく姿は、とても良い刺激になります。そして当たり前の“日常”だと認識していた世界は簡単に変わるものです。まわりがどんどん新しい天地へと向かっているのを見ると、自分も焦るかあるいは凹んでしまいがですが、自分の日常の中でも変化は作れます。


勉強・運動・趣味…、やりたいことはサッサと始めましょう。



買いたいものも買っておきましょう。




厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a
Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2019年11月20日

遅延した満員電車の中で…

こんにちは、職業・施術屋です。


仕事の関係で週に1回は朝の中央線電車(混雑時間帯)に乗ります。分刻みで運行しているのはありがたい話なのですが定刻どおりに到着したことがありません。ただでさえぎゅうぎゅう詰めで身体的ストレスがハンパないのに時間がかかるものだから精神的にも余計にすり減ります。「満員電車に乗るくらいならば職場近くに引っ越すほうが経済的」とはよく言われますが、最近になって理解できました。


社員時代にも電車は乗っていましたし満員電車の経験がなかったわけではありませんが、時間帯が少しズレていたので本を読んだりスマホを閲覧する程度のゆとりはありました。が、朝7〜8時台の中央線はヤバい。アレを毎日体験している方には「近所に引っ越せば?」の意見は考えてもいい気がします。


年齢を重ねて変化するのは当たり前

今までにも経験があったことが、なぜ今になって負担を感じたのか?


それは自分が年齢を重ねたからかもしれません。数年前ならば気にならなかったことが肉体の変化によって気になるようになってきたのでは?と考えがよぎりました。それは体力的なものだけでなく精神的にも衰えが出てきたのかもしれません。


自分としては認めたくないとしても、以前はできていたことができなくなる。そしてそれはゆっくりと進行していくもので、ある日突然気づく…。そんなことも今後増えていくかもなぁ…と、ノロノロと進む電車の中で考えていました。


D3347DEF-7A39-46F5-A9B3-E9BB2C287806.jpeg




ですが、それは当然の変化であり受け入れなければならない現実です。今できることを先延ばしにしていたら、できていたはずのことが既にできなくなっていた__なんて未来は歩みたくはありませんよね?自分の可能性がぎゅうぎゅうと狭まる前に、悔いなく行動しようと改めて__



遅延つづきの満員電車の中で誓いました。



秩序ある乗車を心がけましょう♪


もうすぐ開催♪すぐにチェック︎




厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a
Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2019年11月17日

月に一回はスケジュールに入れておきたい“アレ”。

936A0AE4-8BB0-42F9-9394-C8D1D45A07EC.jpeg

こんにちは、職業・施術屋です。


11月は仕事に励んでいます。これまで買い物や旅行などでお金がかかったため、ここらで少しお金を稼ごうと週5日以上でガツガツ働いているのですが、12月に入る頃に近場で1泊しようかと考えています。


ストレスが溜まってきたのが1番の理由ですが、こうしてフリー(個人事業主)になったのにMyルールに縛られるのも変だなと思った次第です。行き先は台風被害に遭われた千葉を検討しています。少額ですがお金を落としてこようかと。





基本、私の1人旅は“今まで行ったことがなく、宿泊したことのない土地”をテーマに決めています。東京都内にいると、関東圏内にはあまり行く機会がないので同じ関東でも普段感じられない空気や景色をインプットして自分の“肥やし”にしたいところ。


観光名所はまだ調べていませんが、これからササっと確認して当日までの楽しみを増やすとします。やはり月一くらいは旅をしないとね♪


あなたも年内に1回行ってみてはいかがでしょうか?





厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:千葉

2019年11月16日

仕事をバックレる人たちに共通する〇〇の無さ 〜こんな人には要注意〜

こんにちは、職業・施術屋です。


ひさびさに“note”を更新しましたが、本日初出勤日予定のスタッフがドタキャンしました。今月(?)に入って2人目…呪われているのでしょうか?(こんなことある??)


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



業務委託者というのは基本社会不適合者の集まりと言われていますが、たしかにこの業界を渡り歩いていると数ヶ月どころか数日で消えていくスタッフが多い。さまざまなアルバイトをしていた時もこんなに辞める業界はなかったと思います。


バックレる人たちに共通するものとは?

人は見た目だけで性格を判断できない(簡単だという人は何らかのバイアスにかかっている)」と考えられていますが、面接を担当していて思うのは「面接前から採用の診断は始まっている」と思って“いない”人は、すでに社会不適合者である確率が高いことです。面接日時の相談のやりとり、面接時の姿勢、そして質問に対しての答え方など仮にバイト目的だったとしても、もう少しちゃんとするだろ…と感じることもしばしばです。そんな人は往々にして覇気もなく、勤務希望もフワフワしています。


見た目といっても容姿ではなく、身体の姿勢や話し方、そして話の内容などでその人の本質が見えてくるものがあります。それは「覚悟の無さ」です。


「私はここで働くんだ」という意思のようなものが全く見えてこないのです。全てが曖昧で「お店の都合に合わせます」とスタンスを構える人は、大抵後から都合をコロコロと変えてくるのです(不思議ですね)。最初から考えておく頭がないのかもしれませんけれど…。






厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2019年11月15日

動画で見た自分 /ナチュラルに自分を認識できる時代

こんにちは、職業・施術屋です。


私は今、“個人事業主”なのでずっと欲しがっているiPad Pro”も経費で買えるんじゃね?と考えている今日この頃。正月セールで安く買えないかしら?


最近は動画で身体についての知識を説明する撮影をして楽しんでいます。人に見せるためのものではなく、“他人から見た自分はどう見えるのか?”が気になって始めてみたところ、なんか初心者YouTuberっぽくて笑えてきます(独身男性のひとり遊び…)。


そこで気づいたことを今日は語ってみます。

現代っ子は客観性を得られやすい??

身体に関する本の知識を他人に説明しているイメージで撮影してみたところ、驚くことが多々ありました。



  • 「あー…」「えー…」などの口癖が多い。
  • やたら身体が揺れ動く
  • 話し方が結構ソフト




よく他人の話し方でやたら「えー」とか「あー」とか話のつなぎで声を発する人がいますが、結構気になりますよね。アレ、私もやっていました笑。


頻度は少なめですが、癖として発してしまうんだろうと思える話し方だったので、これは注意しないとなぁと反省しました(おそらく“思い出す“作業のときに出る癖なんだと思います)。


そして個人的には1番気になった“身体の揺れ”。これもまた“思い出す”作業のときに目立ちましたが、多動症かと思うくらいに頭が揺れ動いていました。撮影は床に座った状態でほぼ頭部から肩ぐらいまでを画面に移していたのですが、単なるヤバい奴に見えなくもない感じ。もう少し全体を映したり、あるいは立ってみたらどうなるのか。やってみないとわかりませんが、矯正が必要です。


最後は“声”。自分の声は骨伝導を通して聞こえるため、自分から聞こえる私の声と他人が聞く私の声は違うように聞こえるものです。私が話す声は意外にソフトだなぁと感じました(自分はもっと男っぽい冷めた声だと思っていた)。よく言えば「優しい」、悪く言えば「圧力を感じない」。店長として話すときにはここらへんを計算に入れられるか考えどころです。


D3347DEF-7A39-46F5-A9B3-E9BB2C287806.jpeg



短い動画を数本撮ってみただけで結構な情報を得ることができました。こうやってみて思ったことは「現代っ子は自撮りで動画を撮るのは普通のことだから、他人から見た自分を認識しやすいのではないか」ということ。より自分を客観視しやすい環境を子供の頃から得られているのでは、もう自分がいた時代の感覚は適用できなさそうだと考えさせられました。


ナチュラルに自分を眺められる時代

他人の視点から見た自分を認識しやすいこの世の中で、いまだに外で不機嫌さをまき散らしたり他人に訝しがられる行為に及んでいる人たちは、きっと“他人からの視点”を想像できていません。想像できないのはきっと、鏡以外で自分を知る術がこの世にあることを認識していないからでしょう。


1度自分を動画で撮ってみてください。そこには思わぬ自分の姿が映っているかもしれませんよ?








厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a
Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン