2018年08月16日

人に見られるコンテンツを考える

こんにちは、職業・施術屋です。


人に見てもらうコンテンツとは何か?というのを考えています。「自分のためになること」「見てて面白いもの」「知っておくべきもの」「パッと見で目を惹くもの」などが思いつきます。


そして共通して大事なのは「時間つぶしに最適な量と質であること」が現代では正解かなと思います。

娯楽に費やす時間は短くなっている

私のような活字好きであったり、よほど面白くて引き込まれるものでない限りは長い文章や動画などははじめから選択肢から外される可能性が高いと思われます。動画の最適な時間は3〜4分とも聞きますし、書籍は昔ならば2時間以上かけられる読みものでないと「金額に対して内容が薄い!」と批判が集まるものが、今では30〜1時間程度で読めるものが「読みやすい!」と称賛されます。マンガなどもWeb上の短い物語が好まれる傾向があるように思います。

先輩がうざい後輩の話(1) [ しろまんた ]

価格:1,080円
(2018/8/16 11:59時点)
感想(1件)




ではブログの場合はどうなのでしょうか?

ブログを見てもらう難しさ

そもそもブログを読むという行為自体がかなりニッチなジャンルのような気がします。芸能人などは別にしてもネット上でしか現れないような人間の読みものとなると、かなりレアなんじゃないかと今更ながら思えてきます。


現実を生きる人間がネットの“1”ブログに惹きつけるには、その人が求めている欲求に対して触れなければならない。そう考えると、ブログは誰でも始められますが集客するにはかなりの苦労を要するのは必然ですね。


ブログは書き続けることが大事↓

アフィリエイトブログ作るならSeesaaブログ





ブログも勉強が必要ですね

こんにちは、職業・施術屋です。


今年の2月ごろから始めたこのブログも気づけば記事数が167をカウントしていました。


決して多くはないのでしょうが、この8月に入るまでは大体1日に1回は書いていたと思います。
(現在は「note」でも書いていますけどね)


そう考えるとこの半年間よく書いたものだと思います。ただ書いているだけなので収益としては0なのですが…。商品購入を促していませんしね。


エックスサーバー


今後について

とりあえず年内に200記事はいけるかなと思います。その頃にはもう少し訪問者数を増やしておきたいところなのですが…。もっと正攻法を学ぶべきなんでしょうね。勉強することがたくさんあって飽きませんが、大変です。


ブロガーと呼ばれる人たちは、今や無数にいますからね。学べる人を探して参考にする人間を見つけるのが上達の近道なのでしょうか。いずれにせよ、まだまだ続けていきますのでよろしくお願いします(^^)


ホームページも簡単に作れる時代ですね↓

ホームページ作成サービス「グーペ」





プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
本・マンガ
ファン