2019年08月28日

何かを始めるなら早いほうがいい理由

こんにちは、職業・施術屋です。


「人生、行き詰まっているなー」と思わず吐露したくなる今日この頃。


簡単な施術の講師やライティングの受注(コレは以前にやっている)など、何か自分の付加価値として役立つものをやるか、長年やっている合気道や趣味の筋トレやイラスト描き(これはホントの趣味レベル)など遊びに振りきったものをやるか、いろいろ調べて試しながらも決めきれない日が続いています。


今のところ二つの仕事(リラクゼーションサロン)で飯は食えているので、焦る必要はないのかもしれません。しかし、やるなら早いほうが良いと思っています。



何かを始めるなら早いほうが良い理由

やるなら早いほうがいいと思うのは、「人生、いつ死ぬからわからないから__」


なんて遠い目をして言いそうな理由ではなく、シンプルにまとめると…



  • 失敗してもやり直しができる
  • やってみて向いているか、続けられるかを判断できる
  • 恥ずかしい感覚に慣れることができる




失敗は必ず付きものです。どうせ失敗するなら早いほうがいろいろ試せて成功する可能性が上がるのでいいと思います。そしてやってみて「あ、これは続けられないなー」と諦められれば、また次へと進むキッカケにもなるのでまずは実行することが後悔しないためにも必須です。


最後にコレが1番大事だと思うのですが、何かをやる前に躊躇ってしまうのは「失敗=恥ずかしい」と感じてしまうのが原因の1つなのではないでしょうか。早いうちから失敗することで、失敗しても大したことはないと実感できればどんどんタフになって挑戦できる体質に変わっていくものです。


2B9CB4E9-F66B-49D4-B61A-D30AC9115219.jpeg



私も20代はほぼフリーター、そして30代になって転職二回・かけ持ち仕事を3つ以上同時進行と仕事に関しては見境なく働いています。「安定した1つの仕事」とかまったく考えていませんね。


起業や転職は慎重にならざるを得ない部分はありますが、「後悔すること」が1番人生のコストが高いと私はこの歳になって思うので、なおさら焦ってしまうのです。


あなたもやりたいことがあるならば、小さいことからでもいいので今すぐ手をつけたほうがいいですよー。時間は有限であり、不可逆なのですから。



TVCMで話題のココナラ



厳選した本を年間3ケタ数読む施術屋がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職 後悔 人生
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9129931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン