2019年03月21日

経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて)

こんにちは、職業・施術屋/本の紹介屋です。(@HHIKARI7)


先日、勤め先のオーナーさんと初対面を交わし、回らない寿司屋に連れて行ってもらいました(いつ以来だろ…)。美味え美味えと心の中で叫びつつ、カウンターでお互いの話をしていたのですが、その中でいろいろ思ったことがあるので綴っておきます。


経営者として向いている人/そうではない人

オーナーさんの身の上話を交えつつ、リラクゼーション業界に手を出した経緯などを聞いていました。詳細は語りませんが、1つ言えることは側から見れば”生き急いでいる”のが私が接してきた経営者の姿です。どういうことか?


ある瞬間に人生を振り返るキッカケがあり、「今すぐやらなければ!」と勢いをもってスタートを切る。そして次々と施策を行なってお金を注ぎ込み、一見すれば利益度外視のようなやり方でもとにかく突き進む。


言葉にすれば「あーそうなのね」と思えますが、実際に自分の資金を当たるかどうかもわからないものに注ぎ込み、結果が見えるのは早くても数ヶ月後(下手すれば数年)…。自分ごととして想像すると、胃が痛くなります。


自分でお店を運営しようとする人間は、ある意味ブッとんでいないとやっていけるものではないでしょう。

図解でわかる経営の基本 いちばん最初に読む本

新品価格
¥1,728から
(2019/3/20 23:14時点)




現在3人のオーナーの元で働かせていただいておりますが、一番経営が上手くいっていないお店のオーナーさんは、頭は良いのですが”普通の人”です。皆のまとめ役であったり案を上手くまとめる能力は高いのですが、施策を練ってバンバン試すタイプではありません(謎の上から目線)。ある程度”質”を整えてからリリースしようとするため、どうしても時間を必要とします。結果、後手後手に回ることになっていくのです。


反面、利益を出しているオーナーさんは、とにかくいろんなことを試します。そしてデータをためこんで分析し、次なる施策を行っていきます。特に大事なことは「データを活かせるように分析していること」です。ちなみにダメなパターンの場合はしっかり数字を集めることなく、自分の主観のみで判断することですね。


今まで見てきた中で、3年で7割は潰れていくという独立開業の世界の中で生き残っている経営者は「いろんな施策をバンバン試すタイプ」だと思います(かなり数少ないデータですが)。見習いたいところですが、職業・施術屋は肝が小さいので厳しいですねー。




良いところはマネしよう

個人事業主として小さいことをちょこちょこ試している今日この頃。私も上手くいっている経営者の良いところはマネしていきたいと考えています。私の場合は資金がないぶん思いついたアイデアを試し続けている日々です。成功者にはなっていませんが、結果として施術者としてスカウトされたり回らない寿司屋に連れていってもらう人生を歩んでいる、と考えると面白いモンです(^^)


Twitterフォローよろしくお願いしますorz
@HHIKARI7

タグ:起業 経営
この記事へのコメント
紹介

日本語の起源・言霊百神
Posted by コトタマ at 2019年03月23日 20:12
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8654998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
本・マンガ
ファン