2018年02月26日

100万円の手持ち資金を元に美容室を開業する方法







手持ち資金100万円で美容室を始める方法




「美容室を開業して独立したい。


でも、お金が無い。


100万円しか・・・」




はい!


大丈夫ですよ。









100万円しかお金が無くても美容室は開業出来ます。




もちろん、

規模は小さいお店になりますけどね。



でも、良いじゃないですか〜。




最初は小さいお店で。


それぐらいがちょうど良いですよ。


これからの時代は。


どうせ、人なんて雇わないんですから〜。


1人で始める分には小さいくらいが丁度良いんです。








はい。


では、

どうやって手持ち資金100万円で美容室を開業する事が出来るのか。



いきますよー!







始め方




1、田舎、地方、で美容室を始める。

都心部では無理なのでこれは絶対条件。





2、内装工事は、自分で行う。


基本的な内装工事は自分で行いましょう。

大工道具を揃えれば以外と出来ちゃいますよ。



ガス、水道、電気、の工事は自分で直接 職人さんにお願いして施工しましょう。

そうすれば圧倒的に工事費が安くなります。

工務店やデザイン会社に依頼すると、

とてつもない額の内装費になってしまいますので。







3、手持ち資金100万円を元に、日本政策金融公庫から200万円借りましょう。


昔でいう国金ですね。

自分の100万円+国金から借りた200万円 合計300万円という事です。


300万円あれば美容室を開業出来ます。



巷ではよく言われている事なのですが、

国金は、

自己資金の2倍の額までなら貸してくれるんです。



100万円の自己資金だと、

2倍の200万円が借りれるという事になります。


ちなみに金利は他のどんな金融機関よりも低いですからね〜。

2%台ですから〜。



また、国金は国が100%出資している金融機関です。

なので、お金が借りやすいという特徴があります。



美容室の開業資金を借りるなら、

まずは日本政策金融公庫(国金)ですよー。







4、美容設備は出来るだけ中古品で集めてー。

わざわざ高い新品の設備を揃える必要はありませんよ。

中古でも十分です。

壊れていなければ。



それに、基本的に美容室専用設備って壊れませんからねー。

限り作りが頑丈ですから〜。




ちなみに、


セット椅子、鏡、シャンプーボール、加温器(ローラーボールなど)は、オークションサイトで安く買えますよ。


美容室を廃業した人達が出品しているんです。




新品の設備にこだわらなければ、

セット面2席 シャンプー面1席 

50万円ぐらいで一式揃えられますよ。











はい。


以上です。



まずは、全ての先入観を捨てましょう。


「美容室はお金が沢山なければ始められない。」


な〜んていうのは嘘ですよ。



やろうと思えば、

それ程お金を掛けなくても始める事が出来ますからね。





■日本政策金融公庫から500万円の融資を受けた時に作成した創業計画書(創業計画書.pdf)











image2.jpg
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。