2018年02月11日

今の状態のまま美容師を続けていても大丈夫?



0469713e342efab6bb03d8feb10e5362_s.jpg


手取り額20万以下の美容師






月々の、


国民健康保険料 15000円


年金 16000円


市県民税 15000円


雇われ美容師でちゃんと税金、保険料を支払っている人っているのかな?


毎月税金だけで、5万円近くが吹っ飛ぶんですからね〜。


毎月、

毎月、

5日分の給料が税金として持っていかれるんですよー。





こんな状態で、金銭的に、

余裕が無いって人達だらけっていうのが現代美容師の現状。




こんな状態だから、

結婚もできない人だらけの美容室業界・・・・。




結婚できても、

車、家、も買えない。



一般的な美容師の給料って25万円前後でしょ。


地方だと20万円以下は当たり前・・・。



で、結局手取りはいくらになるの?


20万円以下って事でしょう。




これって年齢を重ねても基本的には昇給しないわけで。



美容師って個人売上次第だからね。



売上をばっちり上げられる美容師なんて本当に一部の人だけ。



年を取っていけばベテランにはなるけど、

売上を上げられるか?といわれれば微妙でしょ。



一般美容師の多くは、月間売上50万円程度。




そりゃ〜お客さん1人あたりの単価も低けりゃ無理ですよ。



頑張っても、

頑張っても・・・。




美容室オーナー、経営者に搾取され続ける運命。




かといって、

自分で美容室を独立開業しても上手くやっていく自信も無い。




他業種に転職しても今より給料が下がってしまう・・・。




八方塞がりな美容師さんって多いですよね。




世の中のほとんどの美容師さんがこの様な状態なわけ。




お客さんを騙してどんどん単価UPをする事が出来るような悪い美容師のほうが、

結果、お金を稼いでいるという何とも切ない状態なんです。







美容師業で貰う給料以外からの収入を得えなきゃダメな時代




さあ、どうしましょう?



60歳まで、

雇われ美容師だけを続けていたらどうなっているでしょうか?





う〜ん。



厳し〜い!




そう考えると選択肢は以下の6つに絞られます。



6つの選択肢




1、美容室を開業してオーナーになる

2、宝くじが当たるまで買い続ける

3、親の財産を目当てに生きていく

4、FX投資でお金を稼ぐ

5、仮想通貨投資でお金を稼ぐ

6、何でも良いので美容師を続けながら副業を始める





はい!こんな感じですね。




1番の美容室オーナーになるのは、

どうなんでしょうね。



1人で細々とやっていくならありなのかもしれませんね。



他人に雇われているよりはマシなのかな〜?


物凄く儲かりはしませんが、そこそこやっていけます。


まあ、ありなのかな?


■関連 お金を掛けずに美容室を開業する方法








2番と3番は、まあ現実的ではありませんよね。

超他力本願!

そもそも、宝くじが当たる確率なんて交通事故にあう確率よりも低いですからね〜。


そして、美容師の親の多くが財産を持っていない人だらけ・・・。


残念。


お金持ちの子供は、残念ながら美容師にはなりませんからね。





4番目のFX投資はアリだと思いますね。


FX投資とは、簡単に言えば外貨を売買して、

為替変動による差益で儲けるっていう感じのものです。


特に難しい知識も必要ないので美容師には向いていると思いますね。


24時間いつでも取引ができるので、

夜しか時間がない美容師にはうってつけかも。



そして、

10万円の資金を1か月で20万円に増やす事も可能ですし。


まあ、でも一応投資なので自分の資金が減ってしまう事もありますからね〜。


(パチンコよりはマシかな〜?)


■関連 美容師を辞めてFXだけで生活している人の話








5番目の仮想通貨投資も今参入するのはアリだと思います。

まだまだ黎明期ですからね。

世間的には、まだまだ仮想通貨は信用されていませんがね。



でも、こういう時に仮想通貨を買ってしばらく眠らせておけば、

1年後に物凄い利益をもたらしてくれるかもしれませんしね。



なんせ、ビットコインなんかここ2年で何十倍もの価値になっていますからね〜。

さらに価値が上がっていくとも言われていますしね。




ほら〜、20年前にGoogleの株式を買った人達って今は億万長者ですからねー。

当時は「Googleなんて信用できない!」なんて言われていたんですから〜。


■関連 仮想通貨投資をZaifで始めてみる







6番目の副業もありですね。

一応、美容師は続けながら夜にでも出来る事を副業でやっちゃうとか〜。

自分の時間を投資する事が出来ればOK。

特に大きな資金も必要ありませんしね。


例えば、

美容室専売品をオークションや、メルカリで売ってみるとか。



色々な副業をやって、

当たったモノを大きく成長させていくとか。


■関連 美容師として貰う毎月の給料+1万円の収入を得る副業







雇われ美容師をしている限り貧乏のままですよ。




まあ、美容師にこだわらなければ他人に雇われなくてもお金は稼げます。


美容師って楽しい仕事でもありますが、

お金を稼げないのがデメリットなんですよね〜。




普通に、

何も考えずに美容師を続けていけば、

確実に貧乏人になります。





これからの時代、

美容師だけではなく、

他の一般人も、

会社に雇用されている事のほうがリスクだという事に気付くでしょう。





おすすめの記事


・美容師がFX外貨投資を始めて年収1000万円を越えた話


・美容室を開業する為に創業計画書を作り国金から500万円の融資を受けました。



【このカテゴリーの最新記事】
image2.jpg
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。