2016年09月08日

10店舗の美容室経営者が語った本音



10店舗の大型美容室店舗の経営者である、A氏と話をする機会があった。


まあ、私自身はそのお店とは何の関係もないので本音を語ってくれた。


その内容が、なるほどね〜って事だったので。


まあ〜


一言で言えば、


「もう美容室の店舗展開は難しいので、早めに権利を売る。」


と言う事。


理由は、1つ。

求人を出しても、美容師が集まらないからとの事。



店舗展開をするには、美容師を集めなければいけない。

しかし、肝心の美容師が全く来ないと言う事だ。


求人を出しても、びっくりするほど問い合わせも無いらしい。


10年前は、今と比べものにならなくらい多くの美容師が面接に来てくれていたそうだ。


たしかに10年前は、良かったかも。



今はねー。

きびしいでしょうね。



美容師って育てるのにも時間がかかるし、

育ってもすぐに辞めていくし。



そんなバリバリの美容室経営者でさえ、早めの撤退を考えているとの事。

高く売れるうちに、お店を売ってしまいたいらしい。


経営者1人が頑張ったところで、業界の流れを変える事は出来ないからねー。

ビジネスとしては賢明な選択なのだろう。

高く売れるうちに売る!


まだ、利益が出ているサロンなら買い手も付きやすいだろうから。



これから美容室を開業したいと考えている方には、嫌な話かもしれないが


「うちは大丈夫」


と思っていると悲惨な運命をたどることになるかも・・・




まあ、1人で経営する小さな美容室なら、やっていけると思いますよ。


1人ならね。






posted by 儲かる美容室仙人 at 15:23 | 美容室
日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。