広告

posted by fanblog

2019年07月17日

幼児が英検を受験するという考え方

幼児が英検を取得するというと、賛否両論の意見を聞く。

インターナショナルスクールへ行かないと、幼児が英検を受けるなんて無理じゃないの?

幼児期は、遊ぶ事の方が大事じゃないの?

幼児期なんだから、お勉強って感じの英語ではなくて、遊ぶ英語の方が良いのでは?

YouTubeでも幼児の英語の歌を沢山聞けるし、

スカイプなどで、英語の先生と毎日でも話せる環境になった今日。

英語は、特別なお金をかけて学習する人のものではなくなった。

英検3級までは、日常会話そのものだし、幼児が理解できるレヴェルのシチュエーションです。

大学入試改革でも英検を採用しているし、英検は良い事づくめ。

いちはやく英検を制した者が、大学だって有利になるに違いないのです。

なにも、インターナショナルスクールへ行く事だけが、英語が上達する道ではないし、

傾向と対策があるので、バイリンガルだから英検を取得できるものでもない。

ただし、英検を受験して、英検英語をマスターすると、日常会話が話せる様になる。

幼児の英検に批判する先生の中には、幼児に英検を指導できる英語の先生が少なすぎると

言う事も事実もある。

アメリカ人だから英検対策できると言うものでもない。

アメリカ人だから英語の指導力が優れているという訳でもない。

何となくネイティブ英語を聞き、上達した様な気になって教室に通ってるだけになるのはもったいない。

やはり英検は日本人が英語を学習する為に出来た資格だから。

今や、英検会場には、中高生にまじって幼児の英検受験者があふれかえってるのも事実です。
posted by engl at 20:35| (カテゴリなし)
最新記事
プロフィール
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。