ファン
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年10月05日

秋におススメ!子供の情緒を育む絵本はこちら☆




秋といえば、ほくほくとした栗や芋、木にたわわに実ったつやつやの柿など、美味しいものがたくさん。また、赤や黄色に色づいたもみじや、公園や森に積もった落ち葉などから、自然の美しさをより一層感じる季節でもありますね。

そんな秋にぴったりの読み聞かせ絵本をご紹介します。

秋の絵本!月にまつわるお話のおすすめ!
おつきみうさぎ

おつきみうさぎ (ピーマン村の絵本たち) [ 中川ひろたか ]

価格:1,404円
(2018/10/5 05:22時点)
感想(6件)


十五夜の夜、お団子を食べながらすることといえばお月見ですよね。この「おつきみうさぎ」は、そんなお月見の日にぴったりの読み聞かせ絵本です。子供たちがお月見の日に見つけた不思議なウサギ。連れて帰って、お月さまが出ると…。

園児が主人公なので、子供と同じくらいの年齢だと親近感がわいて集中して見てくれそうですね。絵本には、月見団子の作り方も載っています。お月見の日に合わせて、親子一緒にお団子作りにチャレンジするのもおすすめですよ。

おつきさま なにみてる

おつきさまなにみてる (あかちゃん・かどまるえほん) [ なかじまかおり ]

価格:918円
(2018/10/5 05:24時点)
感想(2件)


夜空に浮かぶ、やさしい顔のまんまるお月さま。すやすや眠る子犬や小鳥、人間の赤ちゃんのことをにこにこ見守ってくれています。

淡い色使いのイラストとシンプルな言葉でつづられた文章が、寝る前の読み聞かせにぴったり。子供が1歳になる前から繰り返し読み聞かせているママも多いですよ。大人の心も、ふんわり癒してくれる絵本です。

秋の絵本で季節を感じよう!
さわさわもみじ(はじめてであうえほんシリーズ)

さわさわもみじ (はじめてであうえほんシリーズ) [ 東直子 ]

価格:864円
(2018/10/5 05:25時点)


さわんさわんと風が吹き抜ける、秋の公園。色とりどりのもみじが舞って、ふわふわのじゅうたんになりました。どんぐりが落っこちてきて、ぽとんことん。もみじが飛ばされて、ざわざわざざざ。ページをめくるたびに、色々な音が本当に聞こえてくる気がしてきますよ。

歌人・東直子さんと画家・木内達郎さんによる「はじめてであうえほんシリーズ」は、どれも季節感のある作品ばかり。シーズン毎に読んでみてくださいね。

もりのおふろやさん

もりのおふろやさん (ぽかぽか・おふろ) [ とよたかずひこ ]

価格:1,080円
(2018/10/5 05:27時点)
感想(4件)


シカさんたちが森のお風呂に入っていると、岩の向こう誰かの声が聞こえてきます。そちらでは、おさるさん、うさぎさん、りすさんがくまの赤ちゃんを小さなお風呂に入れていたのでした。

紅葉したオレンジ色の森の中、幸せそうな顔でお風呂につかる動物たちを見ていると、心も体もぽかぽかしてきますよ。ママやパパがリラックスして読み聞かせすれば、子供もきっと安心するはず。親子でゆったりと時間を過ごせる1冊です。

おちばきょうそう

もりのおふろやさん (ぽかぽかおふろ)[本/雑誌] (児童書) / とよたかずひこ/さく・え

価格:1,080円
(2018/10/5 05:29時点)


じいじの庭の落ち葉を掃いていたたっくんは、「ははは。へたくそだなあ。」とたぬきに笑われてしまいました。やがて、たっくんとたぬきは、どちらが多く落ち葉を集められるか競争を始めます。

たっぷり集まった落ち葉を見て、思わず「ジャンプ!」。絵本を読んでいる子供たちも、落ち葉のプールを見たら飛び込みたくなるかもしれません。最後は仲良く焼きいもをほおばる姿に、ほっこりさせられますよ。

14ひきのあきまつり (14ひきのシリーズ)

14ひきのあきまつり (14ひきのシリーズ) [ いわむらかずお ]

価格:1,296円
(2018/10/5 05:30時点)
感想(12件)


14匹のネズミの家族は、秋の森でかくれんぼをしていました。ところが、1匹だけ見つからなくなってしまいます。奥の森へ探しに行くと、キノコや木の実、虫たちが、秋のお祭りを開いていたのです。

「14ひきの〜」から始まるシリーズの、秋の物語。表紙の鮮やかな紅葉を見ているだけで、どんな話になるのかわくわくしてきますよね。今回は、ネズミたちと一緒に少しファンタジックな世界へ出かけてみてください。

秋の絵本で旬の食べ物を知ろう!
いもいも ほりほり

いもいもほりほり (講談社の創作絵本 季節と行事のよみきかせ絵本) [ 西村敏雄 ]

価格:1,620円
(2018/10/5 05:34時点)
感想(1件)


3匹で空を見ていたこぶたたち。雲が焼き芋に見えてきたので、仲良く芋ほりに出かけることにしました。途中で出会ったねずみも連れて、やぎじいさんの畑へ。さて、どんなお芋が掘れたかな?

色々な形の芋がたくさん出てくるページが気に入って、食い入るように絵を見る子も多いようです。「いもいも ほりほり、いもほりほり」というリズミカルなフレーズが心地良く、読み聞かせにおすすめの絵本ですよ。

ほしじいたけ ほしばあたけ

ほしじいたけ ほしばあたけ (講談社の創作絵本) [ 石川基子 ]

価格:1,404円
(2018/10/5 05:37時点)
感想(2件)


タマゴタケやキヌガサダケ…色々なキノコが暮らすキノコの村は、いつも賑やか。そんなみんなから愛されているのが「ほしじいたけ」と「ほしばあたけ」。ある日、村の子供が崖に落ちしてまい、ほしじいたけが助けに行くのですが…。

数あるキノコ絵本のなかでも、「干ししいたけ」が主人公の本書。生のシイタケにはない特性を存分に発揮する姿がほのぼのとしていて、クスっと笑いを誘いますよ。

さるかに

さるかに (ものがたり絵本) [ 松谷みよ子 ]

価格:1,512円
(2018/10/5 05:43時点)


カニをだましたずる賢い猿をみんなでこらしめるという、いわゆる「さるかに合戦」を題材にした絵本は何冊かありますが、「この作品がベスト」との口コミもある、松谷みよ子さん&滝平二郎さんによる『さるかに』。テンポの良い文章と力強い絵に、読めば読むほど惹きつけられますよ。

秋の果物である柿が出てくる絵本は、読み聞かせにもぴったりですね。

秋の絵本!ハロウィンを題材にした話も!
おおきなかぼちゃ

おおきなかぼちゃ (主婦の友はじめてブック) [ エリカ・シルヴァマン ]

価格:1,296円
(2018/10/5 05:45時点)
感想(7件)


ハロウィンの夜。魔女はパンプキンパイをこっそり食べたいのですが、かぼちゃがあまりに大きくて引き抜くことができません。幽霊やミイラなど、みんなで手伝いますが全然だめ。でも、最後に現れたコウモリにはあるアイデアがあって…。

「これぞハロウィンの絵本!」と口コミでも人気のユーモラスな作品です。ちょっぴり不気味なのに愛嬌のあるキャラクターたちが最後に仲良くパイを食べるシーンは、見ていて何だか幸せな気持ちになりますよ。



秋の絵本は読み聞かせたい作品がいっぱい!
柿やかぼちゃなどの美味しい食べ物や、落ち葉集めや芋ほりなどなど、秋を感じる題材を扱った絵本はたくさんあります。いつもの読み聞かせの時間に季節感を取り入れれば、子供の情緒を豊かに育むことができそうですね。


posted by 新山 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本

2018年02月16日

もうすぐ春♪春の訪れを感じる絵本☆読み聞かせたいおすすめは?





寒い冬が終わって春がやってくると、
気持ちがワクワクしてきますよね
自然の世界でも、植物が芽を出したり、花が咲いたりと、
新たなスタートが待っています
そんな春ならではの季節の感覚は、
ぜひ子供にも味わってほしいものですよね

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?




春の絵本を読み聞かせ!1歳頃からおすすめ

ちょうちょうひらひら [ まどみちお ]

価格:972円
(2018/2/17 06:57時点)
感想(1件)



ページをめくるたびに春のワクワク感を味わえる「ちょうちょうひらひら」。
春の風に乗ってやってきたちょうちょう
うさぎちゃんにとまると「うふふ」、
ぞうさんにとまったら「あはは」、
みんな笑顔で過ごす春の暖かい日
「ぞうさん」や「ふしぎなポケット」などの童謡でお馴染みの、
まどみちおさんの言葉が心地よく響きます
春を感じさせる色使いのイラストも魅力的ですね


春の絵本のおすすめ!2〜3歳頃にはこちら

はるですはるのおおそうじ (幼児絵本シリーズ) [ 小出淡 ]

価格:972円
(2018/2/17 06:59時点)
感想(1件)


「はるですはるのおおそうじ」は3匹のねずみのストーリー。
ぽかぽかの春の日、ねずみたちは家の大掃除をしようと
家具を外に出します
でも、そこを通りかかった動物たちに次々と家具をあげてしまい…。
気前が良すぎるねずみたちに子供はハラハラドキドキするはず
「春に大掃除をするのもいいな」と思わせてくれますよ



うさぎのおうち [ マーガレット・ワイズ・ブラウン ]

価格:1,404円
(2018/2/17 07:00時点)
感想(12件)


思わず触れたくなるフワフワうさぎが表紙の「うさぎのおうち」。
「しろいうさぎとくろいうさぎ」や「大草原の小さな家」の
挿絵で有名なガース・ウィリアムズの美しい世界を存分に
楽しめる絵本です
春の暖かい日、こうさぎは自分の家を探しに出かけます
途中で出会う動物たちは春の訪れを喜んでいますが、
こうさぎにぴったりの家はなかなか見つかりません
ページのところどころに春の植物や昆虫が描かれていて、
眺めているだけで春の気分を味わえますよ
こうさぎにぴったりの家は見つかるのでしょうか…。



はるがきた (主婦の友はじめてブック) [ ジーン・ジオン ]

価格:1,404円
(2018/2/17 07:01時点)
感想(4件)


「はるがきた」は、世界的に有名な「どろんこハリー」シリーズの
著者コンビによる絵本です。
春の訪れをひたすら待ち続ける町の人々。
そんなとき、男の子が、町中のあらゆるものを明るい色で
塗ったりイラストを描いたりして春を呼ぶことを提案します
塗った色は雨で流されてしまいますが、
最後には待ちに待った本物の春がやってきてみんな大喜び
春の訪れの喜びや、待つことの大切さを教えてくれる絵本ですよ



14ひきのぴくにっく (14ひきのシリーズ) [ いわむらかずお ]

価格:1,296円
(2018/2/17 07:03時点)
感想(31件)


14ひきのねずみの家族を描いた「14ひきのシリーズ」。
子供の頃に読んだことがあるママも多いのでは
こちらの「14ひきのぴくにっく」では、
14匹のねずみたちが春の野原へお出かけ
森には春の花がたくさん咲いていて、かえるや虫たちにも出会います
ぽかぽかの日にみんなで食べるお弁当は、とっても美味しそうですよ
読み終わったらピクニックに行きたくなってしまうような、
自然のすばらしさを感じられる作品です



はるのやまはザワザワ [ 村上康成 ]

価格:1,512円
(2018/2/17 07:04時点)
感想(3件)


表紙に描かれたユニークな表情の動物や春の植物が
目を引く「はるのやまはザワザワ」。
冬眠から目を覚ました子ぐまのグルルが、
お母さんと一緒にはちみつを探しに山へ行くお話です
ストーリーの進行とともに、山の「ザワザワ」、虫の「ブンブン」、
木が水を吸い上げる「ゴーゴー」など、耳に心地よく響く音が次々と登場します
読み終わったら外に出て、春の音を探しに行くのも良いですね



はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ) [ ルース・クラウス ]

価格:1,188円
(2018/2/17 07:05時点)
感想(18件)


スケッチブックに丁寧にやさしく絵を描いたように物語は進みます。
静かな冬から春が訪れる瞬間まで、
動物たちのわくわくする気持ちと躍動感が伝わる1冊です
ほとんどのページが白と黒で構成されているのですが、
ある瞬間だけ彩りが生まれます
「はなを くんくん」という短いフレーズ、繊細に描かれた美しい森の様子に、
子供も大人も心が奪われることでしょう


春の絵本を楽しもう!4歳頃から小学生まで

たんぽぽ (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) [ 平山和子 ]

価格:972円
(2018/2/17 07:07時点)
感想(23件)


子供と歩いていると、道端に咲いているたんぽぽが目にとまる
ことはありませんか
たんぽぽには白い花もあること、
冬のあいだは葉を低くして冷たい風から身を守っていたこと、
夕方になると花が閉じること。
この絵本には、知っているようで知らないたんぽぽの様子が
描かれています
よく見かける花だからこそ、
子供も親近感を持って絵本に触れてくれそうですね



じいじのさくら山 [ 松成真理子 ]

価格:1,404円
(2018/2/17 07:08時点)
感想(1件)


満開の桜の表紙が春を感じさせてくれる「じいじのさくら山」。
ちびすけは、じいじと一緒にさくら山に行くのが大好き
じいじはうれしいことがあるたびに山にこっそり桜を植えていて、
春になるときれいな花を咲かせます
そんなじいじが病気になってしまい、ちびすけは一人で山に行って、
じいじが元気になるように祈るのですが…。
美しい挿絵とともに命の大切さについても教えてくれる1冊です



じっちょりんのあるくみち [ かとうあじゅ ]

価格:1,404円
(2018/2/17 07:09時点)
感想(4件)


この絵本は、春に向けてせっせと植物の種を植える小さな
「じっちょりん」という家族のお話です
「コンクリートの隙間や電柱の根本にそっと咲いた雑草やお花たちは、
実はじっちょりんのおかげなのかな…」と、
楽しい想像が止まらなくなるかも
物語に登場する植物のそばには名前が書いてあり、
読みながら学びがあるのも良いところ
今度のお散歩は、色々な場所を覗きたくなりそうです



つくし (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) [ 甲斐信枝 ]

価格:972円
(2018/2/17 07:11時点)
感想(0件)


つくしといえば春の代表的な植物ですよね。
そんなつくしの1年間のくらしを描いた「つくし」。
つくしの根っこはとても長いこと、すぎなの根っこともつながっていることなど、
ママも思わず驚いてしまうような不思議な世界が広がっています
やさしいタッチで細かく描かれた絵も、この絵本の見どころ
春を感じながら植物についてもしっかり学ぶことができる1冊です



はるねこ

価格:1,620円
(2018/2/17 07:12時点)
感想(0件)


表紙の美しさにハッと目を奪われるこの絵本は、
季節を運ぶユニークな「四季ねこ」シリーズの春の物語。
若草色の「はるねこ」は春の種が入った巾着袋をなくしてしまい、
なかなか春がやってきません
そこではるねこは女の子と一緒に、折り紙で春を作ることにします
「春と聞いて、自分だったら何を作る?」と、
子供と話しながら読み聞かせるのも楽しそう
絵本のなかで生み出されていく春に、
心がウキウキわくわくしますよ


絵本の読み聞かせで春を味わおう
まだ見ぬ世界に連れて行ってくれる絵本は、
子供の想像力を膨らませます
春の訪れや春のにおい、動物たちや植物の様子を、
絵本を通して見せてあげましょう

posted by 新山 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本
検索
タグクラウド
リンク集
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。