2016年09月20日
親族にサイトを譲渡しての節税は可能か?
アフィリエイトでお小遣い稼ぎをやっているのですが、ふとサイトごとに個人事業化して節税できないものかと頭をよぎることが多いです。

私の場合、母子家庭で育ちましたので、年金暮らしの母親を扶養しているのですが、毎月の仕送りがある程度の負担になっています。金額的にいえば毎月10万円程度の仕送りなのですが、そのぐらいの収益の発生しているサイトを母親に譲渡し、個人事業で開業してもらえば、所得を分散させることで節税につながるのではという気がするのです。

これが給与所得の場合は103万円の壁を超えてしまいますが、個人事業なら青色申告控除と基礎控除、そして経費の計上で非課税の状態にはもっていけるかと思うので、活用していない所得控除を有効に活用することができると思います。

仮に所得税がかかったとしても、せいぜい所得税5%の住民税10%程度かと思いますし、アフィリエイトサイト自体はもともと放置状態ですので、特に手間がかかるわけでもありません。確定申告についても、e-taxを使えば、特に手間がかかるわけでもないと思います。

私の方は法人で運営しておりますので、毎年法人税を払っておりますが、サイトを譲渡することにより、売上が年間120万円ほど減少しますので、結果として所得の部分が減少することにより、法人税が安くすむのではないかという気がしているのです。

不動産経営などでは高齢のおばさんがやっている人もいますし、特に問題ないのではないかという気がしてますが、サイト運営の実態があるかどうかが一番のポイントになるのではないかと思われます。

しかし、いきなり法人の売上が減少してしまいますと、明らかに節税というか、意図的に税金逃れをしているのがバレバレなので、考えるだけで実行に移すことはないと思いますが、ある程度のサイト運営スキルのある人であれば、サイトごとに個人事業化して節税することも可能なのではないかという気がしております。

at 13:41 | この記事のURL
2016年08月11日
コンテンツの精度を上げるには?
ぼくはアフィリエイトサイトの作成に煮詰まった際、気分転換に知恵袋で回答したりしているのですが、ふと気づくと回答件数が膨大な量になってきました。

コンテンツ量にすれば、おそらく10万文字分くらいはあるかと思いますが、もしこれを自分のブログで更新していたとしたら、これまで少しはアクセス数がやってきただろうにと思うこともあります。

ただ、知恵袋での回答はお金にはならないものの、リアルに反応がかえってくるので、コンテンツ作りに役立つこともあり、間接的にはアフィリエイト運営に役立っているのかなという気もしております。

例えば、ほかの人の回答をみていますと、質問者の意図にそっていない回答になっているケースが多いように感じています。その質問者が置かれている状況はどういったもので、知りたいことは何で、どの程度のレベルの情報を知りたいのかを正確に把握できないと、ベストアンサーに選ばれることはありません。

例えば、「個人事業で納める税金にはどのようなものがあり、いつ払えばよいですか?」というような質問があったとします。

それに対する回答が、「まずは青色申告で開業しておきましょう。」とか、「税務署で聞いてください。」とか、「青色申告会に加入するといいですよ。」とか、ピントのずれた回答になっているケースが意外に多いと感じています。

この場合、質問者は「納める税金の種類と時期」を知りたいわけであって、「どこで相談すればよいのか」を聞いているわけではないわけです。税務署で聞けばわかることは知っているけれど、様々な事情で面倒だから知恵袋で質問しているのだろうという状況は文面からわかるはずです。

なので、この場合、「納める税金には所得税と住民税と何々があって…」という感じで情報を提供するのが正解となります。加えて、税務署の該当ページのURLなども、その情報の根拠として貼り付けておくと安心するかもしれません。

結果として、その回答に満足してもらえたら、ベストアンサーがつけられるのだろうと思います。

これはアフィサイトの運営にも通じるところがあると感じておりまして、訪問者が求めている状況はどういった状況で、求めている商品は何で、どのくらいの価格のものを購入したいのかがわからないと成果には結びつかないはずです。

例えば、「美白化粧品 サンプル」などのキーワードでのアクセスが多かった場合、保湿美容液などのコンテンツやおすすめコスメショップのコンテンツを掲載していても成果にはつながりません。ぱっと見は「美白化粧品」と「保湿美容液」で、同じようなコンテンツかとは思いますが、よく見てみるとぜんぜん違うため、成果にはむすびつかないケースが多いです。

このような微妙な意図の違いを敏感にかぎわける練習をするには、知恵袋などのQAサイトで回答するのが一番役に立つと思います。

2016年06月26日
海外レジストラの方がすでに300円ほど安い
先日の英国のEU離脱による急激な円高により、海外レジストラで登録しているドメインを更新してみたのですが、netドメインで1,034円で決済されました。日本では概ね、1,350円とか、1,380円程度はかかっているため、海外レジストラの方が約300円ほど安いことになります。

今回の更新で利用したレジストラはNamePalなのですが、こちらはwhois代行なども無料で設定してもらえるので管理が割と楽です。9,59ドルで1,034円だったのですが、計算上は1ドル107円での計算ということになるのかもしれません。

現在の為替レートは、さらに100円を割るか、割らないかの状況まで来ていますので、円高により、海外レジストラを利用した方がよい状況になるのは時間の問題ともいえるでしょう。

いずれは日本のドメイン登録事業者も値下げするとは思いますが、既に300円程度の値幅がありますので、当面は海外レジストラを利用した方がお得に更新できるかと思います。

ただ、海外レジストラのなかには、Godaddyのようにwhois代行手数料がかかるケースもありますのでご注意ください。海外のドメイン取得事業者といってもピンキリですので、余計な費用がかからない事業者を選択することが大切です。

また、もし現在が円高の底値ということでしたら、数年分をまとめて更新した方がお得にはなりますが、まだまだ円高に振れる気配があります。当サイト運営者は、米国大統領選挙の結果によっては、いずれは1ドル70円台の円高もありうると感じております。

その時にまとめて数年分を更新できるよう、利用する海外レジストラを選定しておくとよいかもしれません。

at 12:01 | この記事のURL
2016年05月26日
アフィで経費に計上する際の流動性の高いアイテム

毎年、ドメインやサーバー代を通信費として経費に計上しているのですが、これまでの総額では400〜500万円ほど使っております。


2011年:不明
2012年:876,625円
2013年:500,958円
2014年:758,187円
2015年:632,349円
2016年:511,900円


アフィリエイトはパソコン1台でできますので、利益率が高いネットビジネスになるかと思いますが、税金で払うぐらいなら高機能なサーバーでも利用した方がよいということで、あまり気にしないで経費を使っておりました。


けれども、使っていないドメインやサーバーが多すぎる気がしてなりません。500万も使うぐらいなら、物として形の残るパソコンなどを購入して、もっと違う使い方ができたような気もしております。


この通信費の内訳は、サーバー費用が6割、ドメイン代が4割程度となってますが、年間4万〜5万円程度もするサーバーは特に必要ない気もするのです。もっと切り詰めれば、年間30万円〜40万円ぐらいでもサイト運営は可能だと思います。


もし、利益が出て黒字を消したい場合、ついついサーバー費用やドメイン代として経費にしてしまいがちですが、高機能なサーバーよりも、高機能なノートパソコンやウェブ作成ツール、あるいはデジカメなど形の残る物で出費するのがよいと思います。


サーバー費用は単に一定期間だけレンタルするだけですので、期間がすぎれば後に残るのは何もありません。ドメインについては、のちのちオークションで売却できる可能性もありますが、売却できない場合は毎年更新費用がかかってしまいます。


一番ぶなんなのはMacBook Proではないかと思うのですが、あとで売却しようとしても高額で買い取ってくれる店舗が多いため、比較的、流動性が高いアイテムかと思います。僕の例でいいますと、2012年末に18万円で買ったMacBook Proが、3年ほど使用した2015年末でも10万円で買い取ってもらえました。


2012年に経費で計上した際、8万円ほどは税金が軽減されたはずですので、実質ゼロ円でMacBook Proを3年間使用できた計算になります。


円安や円高など為替の状況もあるかと思いますが、もしアフィリエイトで利益が出て税金の負担が大きくなった場合、アップル製品などの流動性が高いアイテムを購入して経費にするとよいかもしれませんね?


at 11:13 | この記事のURL
2016年05月06日
円高ドメイン安はいつ頃なのか?

政府が為替介入するとか、しないとかいってますが、アフィリエイターにとっては円高ドル安の方がサイト運営費が安くなるメリットがあります。


民主党政権下では1ドル80円ぐらいでしたので、ドメイン価格も1ドメイン800円とか900円程度で済んでいました。けれども、その後、アベノミクスの金融緩和で円安へと誘導されており、自動車業界などの輸出型産業は儲かったのでしょうけれども、現在のところドメイン価格が1350円程度まで上昇しています。


円安ドル高でかなりのコスト増につながっており、正直、アベノミクスはアフィリエイターにとって何のメリットもなかったです。


ただ、2016年の動向を考えてみますに、125円の円安から105円の円高まで20円程度は円高方面へと改善してきています。年内に100円を切ってきてもおかしくない流れが続いていますので、来年には90円、80円程度も視野にはいってくるものと思われます。


著名な経済学者のなかには1ドル50円になるとの予測も出されており、もしそのような状況になった場合、1ドメイン500円程度のレートになるものとボクは予測してます。というか、なって欲しいです。


なので、今年のドメインの更新はギリギリまで待った方がよいと思います。ドメイン価格が下落するのは時間の問題と見ており、今の時期に何年分もまとめて更新するのは愚の骨頂です。


もし、英語が堪能でしたら、whois代理公開が無料の海外レジストラへ移管するのもありかと思います。日本のドメイン事業者が価格を下げるまでにはタイムラグがあると思いますが、海外レジストラならpaypal決済で現在のレートで決済できるので現在のレートでも若干は割安で利用できるはずです。


結局、円安でメリットのある輸出産業は海外で販売して儲けている会社ですので、国内でサイトを運営しているアフィリエイターにとっては何のメリットもないのです。広告主も日本での販売している会社が多いはずなので、円高になれば、広告主にとっても原材料のコストが下がって利益を上げやすくなるものと思います。広告主の利益がでれば、アフィリエイターもおこぼれを頂戴できるでしょうし、とにかく円安はダメです。


かといって民主党がよいというわけでもありませんが、少なくとも、数年前の方が稼ぎやすかった状況にあったような気がしております。


at 00:11 | この記事のURL
2016年04月11日
アフィでもタックスヘイブンしたい
アフィリエイトで法人化して、今年で3年目か4年目ぐらいになるのですが、はたして個人事業より節税効果があったのかについては疑問があります。かなり軽くなった印象のある税目は所得税と住民税なのですが、逆に社会保険の負担はかなり重く感じておりますので、トントンか、わずかに軽くなった程度のイメージしかありません。

この法人化した際の役員の所得税と住民税については、役員報酬を引き下げるか、もしくは親族を役員に追加すればよいだけなので、極端な話、自分の裁量でどちらも非課税レベルに引き下げることが意図的にできます。アフィリエイト報酬を会社の利益としてプールしておき、自分への給与は気持ち程度しか払わないことで非課税にするというわけです。

ただ、会社の利益として残しておく分、法人税として払う分が多くなってきますし、会社の内部留保として貯めておくと会社から個人へお金を引き出す際にも手間がかかります。

なので、法人と個人事業でどちらかお得かについては、それぞれメリットとデメリットがあるわけですが、僕が法人化した理由は、そろそろ法人税減税があるというお話が出はじめた時期だったのでそれに飛び付いてしまった事情があります。

なぜ政府が法人税を減税するのかについては、その時はまったく考えたことがなかったのですが、最近話題になっている「パナマ文書」が明るみに出たことで何となくその理由が分ってしまいました。

つまり、企業が租税回避地としてタックスヘブンのパナマやシンガポール、香港などに行ってしまい、日本には税金を落とさなくなってしまうため、日本での法人税を下げざる得えないのだろうと思います。リークされたリストには日本企業の名前も出てますので、実際に租税回避地を利用している会社も多いのだろうと思います。

たぶん、大企業や経団連などが「日本の法人税を下げないと、タックスヘブンするぞ?」と圧力をかけ、政府としてもそれに応じざるを得ないのが実態なのではないでしょうか。

ただ、この法人税減税については、中小企業にとってはそれほどメリットはなく、主に大企業の税率を下げるということがメインになっているようです。

アフィリエイトでタックスヘブン節税は可能なのか?

では、中小・零細企業もタックスヘイブンすればいいじゃないという話になりますが、スキームの構築で難解な部分が多く、零細企業では荷が重い気がいたします。

例えば、アフィリエイト報酬の振り込まれる法人をタックスヘブンのケイマン諸島などで作り、そこの外資系企業から毎月お給料をもらうという形にすれば、法人税を払わないで済むのかもしれませんが、そもそも海外の銀行口座へ入金してもらえるアフィリエイト会社は日本にはまずないはずです。アドセンスならあるいはとも思いますが、成果報酬型のアフィリエイトではまず無理でしょう。

なので、アフィリエイト報酬が振り込まれる日本の銀行口座の確保でまずはつまづくはずです。

それでは、報酬の振込を管理するだけの会社を日本、アフィリエイト事業を実際に運営する会社をタックスヘイブンで作り、日本からタックスヘイブンへアフィリエイト運営を外注化する形にすれば、外注費として海外へ送金することができるはずです。

日本の法人では入金を管理するだけの簡単なお仕事なので、利益をほぼゼロにしても問題ないでしょうから、日本では法人住民税だけの年間7万円で済むはずです。一方で、売上の大部分をタックスヘブンへ送金すれば、かなり税金が安くなる気がいたします。

これはあくまで私の妄想ですので、細かい部分では法律に引っかかる部分も出てくるとは思いますが、何等かの抜け穴を利用してうまく節税している会社も多いはずです。

ただ、そこまでして節税をしたいのかという疑問が出てきて、まともな人の感覚なら嫌になるはずです。実態のない会社を作ってまでコソコソ節税するぐらいなら、きっちり納税して社会に貢献するよというのが普通の感覚なはずです。

今回、パナマ文書が出たことで、隠れてコソコソ節税していたことがばれちゃった企業がゴロゴロ出てきており、これがスキャンダルとして話題になっていますが、細かく調べていけば、「実は実態のないペーパーカンバニーだった…」という会社もあるはずです。

きっちり調べてもらいたいものです。

at 00:04 | この記事のURL
2016年03月05日
自己アフィリ目的でサーバーを転々とする行為について
サーバーとドメインの費用で年間80万円ぐらい、多い年では100万円ぐらいかかっているのですが、これについては自己アフィリエイトはしていません。サーバー契約の場合、単純に継続して利用していれば自己アフィリはできませんが、毎年、新規にサーバー契約すれば、自己アフィリである程度の金額は戻ってくることかと思います。

例えば、A社からB社、C社からD社というぐあいに、毎年サーバーを転々とすれば、その都度自己アフィリエイトできるのでサーバー費用の節約になるはずなのです。仮に、自己アフィリ率が20%としましても、毎年15万円〜20万円程度の利益にはなると考えております。

けれども、IPアドレスやネームサーバー的な懸念があってそういうことはしてないです。

SEO対策をする上でサイト環境にはあまり変更を加えたくないという考えがあり、かれこれ9年ほど同一IPアドレスとネームサーバーで運営しているサイトもあります。また、CMSを利用しているサイトの場合、CMSの移転自体も面倒なため、それにかかる時間を考えるととりあえずは同じサーバーで継続しておこうという風になってしまうのです。

また、サーバーを引越するには、切り替え中は両方のサーバーを保持しておかなくてはいけないため、契約期間が新旧のサーバーで1か月ほど重複してしまい、その分ロスが発生してしまいます。加えて、初期費用の負担なども考えると自己アフィリをしてもあまり意味がないなと思うのです。

一旦契約したサーバーを自己アフィリ目的で転々とするよりも、そのサーバー引越の時間と労力をサイト運営に注力した方がよっぽど効率的なのではないかと思います。

at 11:41 | この記事のURL
2016年02月13日
世界的な景気減退はアフィサイト運営にも影響か?
今年に入ってから日経平均株価が暴落して円高が進んでおりますが、この傾向はアフィサイト収益にも影響してくるものとボクは考えております。

アフィリエイト収益の源泉は企業の広告費ですので、景気の減退局面においてはまっさきに経費削減の対象にされやすいです。企業が広告費用を削減するとともに、今後はアフィサイト収益も低下していくことでしょう。

一方では、サイト運営における経費については円高の方がやりやすい側面があります。数年前まで1個800円台のドメイン費用だったものが、円安が進むにつれ、現在では1,300円あたりまで高騰しておりますが、今後は円高傾向が進むとなれば、円高還元セール的なものもはじまるかもしれません。

サーバー費用やドメイン費用については円高の方が安く済みますので、アフィサイト運営においてもデフレ傾向が進んでいくものとボクがみております。もし仮にインフレになれば、多少はアフィ報酬の増大も見込めたのかもしれませんが、デフレからの脱却は今回の株価の暴落と円高でほぼ絶望的な状況になりました。

このような状況のなか、今後は入ってきたアフィ報酬は大切にして温存させ、サイト運営にかかるコスト削減を徹底すべきと考えております。

特に、円高が今後も進んでいくことが予測されていますので、時間とともにドメイン価格も低下していくものと思われます。今の円安状況下で数年分を更新するのは避け、できるだけ後回しにして円高になるまで時間を稼ぐことをおすすめします。

たぶん、年内にはドル円が100円を割ってくるものと思いますが、なかには1ドル70円程度を予測している人もいますので、万一、そのような状況になれば、海外にドメインを移管して管理した方が断然お得になります。

現在は1,300円程度の費用がかかりますが、もし1ドル70円程度まで下がってくると、600円〜700円程度の更新費用で済むかもしれません。現段階で数年分を更新するのは割高なのではないかとボクは考えております。

at 14:15 | この記事のURL
2016年01月11日
アフィリエイターのベストアンサー率はどのくらいか?
最近、ヤフー知恵袋にて手当たり次第に回答しています。

私自身ちょっと悩んでいることがあり、どうにも答えが見つからないので知恵袋で検索していたのですが、人様の質問を見ているうち、自分でもお役にたてそうな質問がいくつかあったんです。そういうのに気軽に回答していたのですが、意外にベストアンサーを頂いたりして、やっているうちに楽しくなってしまいました。

回答していて思ったのですが、ネット上には実にいろんな人がいるものです。

むやみにけなすだけの人もいれば、感謝してくれる人もいたり、あるいはこちらの意図が正確に伝わらない人など、かなりのバラツキがあります。また、誤解を生む表現があったりして、自分の文章のクセを改めて考えさせられるケースも多いです。

ベストアンサー率はだいたい4割程度ですが、これはアフィサイトの成約率にも通じるものがあると思います。

ベストアンサーは質問者が知りたいこと、解決したいことの答えを満足のいく形で提供できたかどうかという成績みたいなものですので、これはサイト訪問者と提供するコンテンツの関係性と非常によく似ています。検索キーワードが質問内容とするならば、サイトで提供しているコンテンツがその回答になるわけです。

なので、知恵袋でのベストアンサー率が高くなれば、次第にアフィサイトの成約率も向上していくのではないかと考えています。

現在では4割程度ですが、7割ぐらいまでもっていけるように、知恵袋で練習してみるのもよいかもしれませんね。

2015年12月23日
アフィサイトの返報性の法則について
アフィサイトを運営する際、いわゆる返報性の法則を無意識に利用しているケースが多いと思います。人間には受けた恩や親切は返さないと落ち着かなくなる性質がありますので、何らかの形でお返しをしようというベクトルが働きます。

これをアフィで利用して、サイト上で有益な情報を訪問者に無償で提供することによって、アフィサイトから商品の購入や登録をしてもらうというものです。

これは情報商材などでも利用されており、まずは無料レポートなどで有益な情報を提供しておき、のちに有料の情報商材を購入してもらうというパターンが多いと思います。無料の情報で価値があるのなら、有料ならもっとすごい情報を入手できるのだろうという考えが働き、つい購入してしまう人もいるかと思いますが、たいていは無料レポートよりも内容の薄い情報がほとんどかと思います。

このように、アフィリエイトサイトでは返報性の法則が多用されているわけですが、これを日常生活でも利用しようとすると弊害が出てくることになります。

例えば、クリスマスプレゼントがあてはまりますが、友達以上恋人未満の女性に贈り物をする際、あまり高価なものを渡そうとすると相手の負担になってしまうものです。何か「お返し」をしなければならないという意向が働いてしまい、もらった相手にとっては精神的な負担になってしまいます。

結果として、うまくいきかけていた関係性がギクシャクしてしまい、本来ならば、普通にしていればうまくいったはずの恋愛が、高価な贈り物をすることによって、逆にうまくいかなくなってしまいます。

アフィサイトで利用している返報性の法則を恋愛にあてはめる場合は、細心の注意を払うことをおすすめします。

<< 前へ >> 次へ