2019年08月02日

マーシロンに副作用はないのか?

マーシロンは、オランダのオルガノン社が開発した経口避妊薬で、現在はMSD社が製造販売している超低用量ピルです。

マーベロンと同じ成分であり、エチニルエストラジオールがマーベロンよりも少なくなっている分、体に負担がかからず副作用の心配も少ないといわれています。

しかし、副作用が全く起こらないわけではなく、エチニルエストラジオールが少ない場合、逆に不正出血が起こる確率が高いともいわれています。

吐き気や頭痛などの症状は起こりにくい反面、不正出血が起こる場合もあるので、副作用がないというわけではありません。
しかし、マーベロンを服用すると気分が悪くなっていた人が、マーシロンに変えるとその症状はなくなったということはよくある話です。

マーシロンやルナベルULDやヤーズは、いずれもエチニルエストラジオール含有量が0.02mgで超低用量ピルに分類されます。
初めてピルを始める人などは、不正出血に注意しながら、飲み始めるのもいいと思います。

▼詳細はこちらから▼
マーシロンの飲みかた(飲み忘れ)と副作用























マーシロンの飲み方と飲み忘れ

マーシロンの飲み方と副作用(不正出血)

posted by タラコ at 14:39| 低用量ピル

2019年07月31日

マーシロンの個人輸入通販

マーシロンはオランダにある製薬会社「Organon社」が開発した超低用量ピルです。

マーシロンに含まれている成分は卵胞ホルモン剤であるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモン剤であるデソゲストレルで、マーベロンと同じ成分ではありますが、エチニルエストラジオールが0.02mgとマーベロンよりも少なくなっています。

その分、女性の身体にやさしくなっており、できるだけ身体に負担をかけることないピルになっています。

生理痛の緩和やニキビ改善に効果的です。
副作用が起きるリスクも少なく、初めてピルを服用する方におすすめの商品です。

マーシロンは日本では非認可のピルのため、個人輸入通販を利用するしかありません。
でも、認可されているピルも個人輸入通販の方が格安で買えるので、非認可であることはあまり気にする必要はありません。
認可されているマーベロンと同じ成分であり、それより成分が少ないので、服用に関して不安になることは全くないでしょう。

▼詳細はこちらから▼
マーシロンの通販(効果と成分)



















マーシロンとマーベロンの違い

マーシロンの個人輸入・マーベロンと避妊効果の違い
posted by タラコ at 14:52| 低用量ピル

2019年06月25日

ダイアン35のジェネリックは激安?

ダイアン35は低用量ピルですが、避妊目的で服用するのではなく、ニキビ治療目的で服用する女性が多いピルでもあります。

そのため、病院で処方してもらわず初めから個人輸入通販で買う人も多いようです。

ダイアン35を個人輸入通販で買うと病院で処方してもらうより、当然ながら安くなります。
海外製にはダイアン35のジェネリック商品もあり、これも同じサイトで取り扱いがあります。

1箱買うのであれば、ジェネリック商品の方が安いのですが、3箱・6箱のまとめ買いになると、ダイアン35を買う方が安くなっています。

これはあくまでも取扱いサイトによって違いがあるのですが、海外製の場合、どの国の商品なのかによって、ジェネリック商品の方が安いというわけでもなさそうです。

同じ成分であれば、より安いものがいいので、単価をよく見て購入しましょう。

▼詳細はこちらから▼
ダイアン35の通販(効果と成分)



























ダイアン35の飲み方・どこから飲む?

ダイアン35の飲み方とジェネリック
posted by タラコ at 14:26| 低用量ピル
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン