みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

2019年11月22日

「ガンマ線バースト」の爆発エネルギー、想定大きく上回る 研究

img_390f4d2cae67be932bd67bc0f44178f1137073.jpg
「ガンマ線バースト」の爆発エネルギー、想定大きく上回る 研究

https://www.afpbb.com/articles/-/3255931

【11月21日 AFP】約130億年前のビッグバン(Big Bang)による宇宙の始まり以降の最も大きな爆発現象「ガンマ線バースト(GRB)」では、当初考えられていたよりはるかに大量のエネルギーが生成されていることが分かった。研究結果が20日、発表された。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された研究論文で、二つの国際研究チームがガンマ線バーストと呼ばれる高エネルギー現象の探査について説明している。GRBは中性子星同士の衝突や、大質量の恒星が崩壊して超新星爆発を起こしブラックホールになる際に発生する。

 GRBについてドイツ電子シンクロトロン(DESY)のガンマ線天文学部門を統括するダビド・ベルゲ(David Berge)氏は、「GRBは宇宙で知られている中で最も強力な爆発現象で、太陽がその一生で放出するエネルギー量をほんの数秒で上回ることが一般的」と説明する。

 GRBの継続時間は数ミリ秒(1000分の1秒)から数時間と考えられているが、その発生頻度は比較的まれだ。

 GRBは1960年代に初めて発見された。地球上での核実験禁止の実施状況を監視するのに用いられる人工衛星によって偶然に見つかったのだ。

 それ以降、天文学者らはガンマ線を吸収する地球の大気圏の上からGRBを探知する観測を行ってきた。だが今回の研究では、地球から数十億光年先で発生するGRB現象を観測するために地上望遠鏡が使用された。

 研究論文の2チームは今回、2018年半ばから2019年1月までの期間に、米航空宇宙局(NASA)の人工衛星観測からの通報を受け、ナミビアにあるH.E.S.S.望遠鏡群とスペイン・カナリア諸島(Canary Islands)のラ・パルマ(La Palma)島にあるMAGIC望遠鏡を使用し、2件のGRB現象に由来するガンマ線を検出した。

 2件の観測結果についてDESYのMAGIC観測グループは、これまでにガンマ線バーストから発見されたものとしては群を抜いて最も高いエネルギーの光子が示されたと説明している。

 それぞれ40億光年以上先と60億光年先で起きた今回のGRBでは、さらに多くの科学者らが追認観測を実施しており、現象のメカニズムについてより良い理解を得ることができたという。

 DESYは、今回の観測がGRBに関連するエネルギー量の解明の助けになるとしながら、「エネルギーの約半分がこれまで見逃されていたことが分かった」とコメントしている。

「測定結果は、超高エネルギーのガンマ線で放出されるエネルギーが、それより低いすべてのエネルギー領域で放射される量に相当することを示している。これは驚くべきことだ」 (c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

November 22, 2019 at 01:26AM
posted by blackcoffee11 at 01:35| Comment(0) | AFPBBNEWS
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?