みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

posted by fanblog

2019年08月31日

iPhone標的とした「無差別」ハッキング、グーグルが明らかに

img_cdb86c8b4d8a4fded41ed0c6d0a2118332758.jpg
iPhone標的とした「無差別」ハッキング、グーグルが明らかに

https://www.afpbb.com/articles/-/3242329

【8月31日 AFP】米IT大手グーグル(Google)のセキュリティー対策班は29日、米電子機器大手アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を標的にした「無差別」なハッキング活動が、少なくとも2年間行われていたことを明らかにした。ウェブサイトに悪意あるソフトウエアを埋め込むことで、写真や位置情報といったデータにアクセスされていたという。

 グーグルのセキュリティー対策班「プロジェクト・ゼロ(Project Zero)」は29日付のブログ投稿で、サイバー攻撃のためにハッキングされたサイトについて、推定数千人が毎週訪問していると述べたが、名前は明らかにしなかった。


 プロジェクト・ゼロのイアン・ビア(Ian Beer)氏は、「脆弱(ぜいじゃく)性を悪用した端末への攻撃には、ハッキングされたサイトを訪問するだけで十分だ。攻撃が成功すると監視ソフトウエアがインストールされる」と述べた。

 ビア氏によると、インストールされた悪意あるソフトウエアは、ファイルを盗み、60秒ごとに現在の位置情報を送ることに主眼を置いたもので、テレグラム(Telegram)やワッツアップ(WhatsApp)、アイメッセージ(iMessage)といった暗号化メッセージアプリにもアクセス可能。グーグルのメッセージサービス「ハングアウト(Hangout)」や、メールサービス「Gメール(Gmail)」も被害を受けたという。

 標的とされた脆弱性は「iOS 10」から最新の「iOS 12」に至るまでほぼすべての基本ソフト(OS)から発見され、そのほとんどがiPhoneの既定ブラウザ「サファリ(Safari)」から見つかった。

 グーグルは今年2月、この問題をアップルに報告。アップルはその後、「iOS 12.1」用のセキュリティーパッチをリリースしたという。(c)AFP


AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

August 31, 2019 at 10:24PM
posted by blackcoffee11 at 22:31| Comment(0) | AFPBBNEWS
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。