<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2021年06月(2)
2021年05月(8)
2021年04月(3)
2021年03月(3)
2021年02月(2)
2021年01月(2)
2020年06月(9)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)

2014年03月30日

母の行動が国を変えて行く***品川区ママ友に学ぶ


品川区の子どもたちを守る会 

品川区ママ友からの 放射能情報便    
yashiochildren 

品川区!全国で初めて!!
給食食材検査にストロンチウム検査が加わります。

2014/03/28
やっと!!やっと!!給食食材ストロンチウム検査が決定しました!!

この決断をして下さった品川区長を始め、区議会議員さん

区役所の職員さん本当にありがとう(^∀^)

1校あたり年に2回はセシウム検査、
1回はストロンチウム検査が行われるようです


ママ友が動かした!
品川区の給食にストロンチウム検査



2014年3月22日(土)三田茂医師講演会in品川(動画)
2014/03/28
http://yashiochildren.wordpress.com/2014/03/28/2014







品川区の子どもたちを守る会 Twitter

木下泰之(世田谷区議会議員) ‏@kinoshita_kugi 3月28日
@gurannymama 2011年311以降世田谷区にセシウムだけでなく
ストロンチウム等の放射線核種調査を要求してきましたが、
全く実現しません。土壌調査はセシウムでさえ未実施です。
多くの核種調査実施こそ放射能防護の基本のはず。
品川区の皆様の運動と品川区の決断に敬意を表します。

カズ(放射能避難自給村を作ろう!) ‏@KaZuMaRu0617 3月28日
@kinoshita_kugi @gurannymama まず世田谷区は、
あのインチキ偽善区長を何とかしないとね。
あの人を引きずり下ろさない限り、お話になりません。
イジメ問題で有名になったから少しはひとの痛みが
わかるのかと思っていたけど、全くの期待外れでした…悔しいです。







posted by ケメ at 13:12 | Comment(0) | 放射能測定

2012年09月23日

軽井沢のキノコ出荷停止

2012年09月22日
軽井沢のキノコ出荷停止

セシウム汚染

長野県御代田町のショウゲンジから630ベクレル、軽井沢町のチチタケから330ベクレルが検出され、国の基準 100ベクレルを超えたため、出荷停止となっています。






多くの資産家たちが別荘をもち避暑に訪れていた軽井沢で高濃度のセシウムが検出されたことをどう捉えるのか、ひとりひとりが考えるべきことだと言えます。

NEVADAブログ

やはり、当然のことが起こっている。
海外ではどの国も長野県の食品も輸入しない。

体のあちこちが、風邪をひいて熱のある時の様な、痛みを感じる。
この症状は昨年の3.15を過ぎたころからだ。
とても、風邪の症状に似ている。
あの頃雨にぬれると、体が火照るようだったが、
最近の雨には、火照る感じは無い。
今日は、地域の野良猫に不妊手術を施す為に、
雨の中猫の捕獲に跳び歩いた為か、手足の筋肉が、
しくしく痛む。

東京はもっと線量が高い、地味に多くの人が、
何らかの違和感を、感じ始めているのではないだろうか・・・?
posted by ケメ at 21:16 | Comment(0) | 放射能測定

2012年09月08日

福島沿岸の放射性セシウム濃度、著しく低下

The Voice of Russia
福島沿岸の放射性セシウム濃度、著しく低下


6.09.2012, 14:20
© Flickr.com


福島第一原発が立地する福島県の沿岸で、
海中・海底の放射性セシウム濃度が著しく低下した。
今日、調査結果をもとに東大生産技術研究所などが公表した
報告書で明らかになった。
学者たちの計測によると、
福島および茨城の海岸から13キロの海域で、
放射性セシウム元素の数が原発事故直後との比較で
ほぼ4分の1に減少した。
広域的な、そして様々な深度での
度重なる線量測定で明らかになった。
原発事故から約1年半の間に、福島県周辺の海水には、
おびただしい量の放射線汚染水が流出した。
その痕跡はその後、沿岸から数百キロ離れた海水にも
認められたほどだ。
しかし現在、専門家らは原発立地点から近い海域における
放射線量の低下について好ましい傾向を認めている。

イタル・タス

福島沿岸の風景  美しいですね、
・・・それなのに、以下豆乳ヨーグルトのニュースです。

この国が、ほんと、こんなにもヒドイ、世界最悪・最凶の国だったとは!
こー思っているヒトが、自力本願で生き延びていかねばならない国…。
だが、その先の先には、目覚めた人間、生き延びた人間による、
今までの腐った放射能まみれの日本国とは全然ちがう
新日本がつくられる…。

とにかく! 希望だけは捨てずに生き延びていけば…、なんとかなる!
ただし!
生き延びていくための最強のツール=豆乳ヨーグルトだけは、
キッチリとつくって、せめて3日に1〜2回、
一日に100ccを食べ続ければ、
ガン細胞を呑食するマクロファージが増殖するので、
必ずや健康な人生がおくれる。

その豆乳ヨーグルトだが…、
質問が多いのは、
「おぼろ豆腐のよーになってしまって、固まらない…」とゆー悩み。
じつは鷲、何度も検証したんだが、豆乳ヨーグルトは
キレイに固まるよりも、おぼろ豆腐のよーになったモノのほーが、
乳酸菌の密度が高い。
目的は、腸内の乳酸菌の密度を高めて
マクロファージを増殖させることなので、
おぼろ豆腐は喜んでEー現象なのだ。

あとは、味だ。あま酸っぱい味、あま酸っぱい匂いだ
出ていれば成功だ。
この酸っぱさがイヤだったら、ブルーベリー、イチゴジャム、
リンゴジュースなどで味付けすること。
味噌汁やカレーライスにさりげなく混ぜ込んで食べさせても
Eーんだぜ。
よーは工夫と知恵ちゅーことだ。
何事、人生は、この工夫と知恵と、あと笑顔だかんね!
飯山一郎博士のブログより
posted by ケメ at 21:33 | Comment(0) | 放射能測定

2012年07月22日

線量計に鉛カバー強要 作業員の被ばく隠しか

線量計に鉛カバー強要 作業員の被ばく隠しか
2012年7月21日 13時59分

 東京電力福島第一原発事故の収束作業をめぐり、
作業を請け負った福島県内の建設会社の役員が
昨年十二月、作業員が個別に装着する警報付き
線量計(APD)を鉛板のカバーで覆うよう強要していたことが
二十一日、関係者への取材で分かった。
これまでにカバーの使用を認めた作業員はいない。
 累積被ばく線量が高くなった役員が、
遮蔽(しゃへい)効果が高いとされる鉛でAPDを覆い、
被ばく線量を偽装しようとしたとみられる。


厚生労働省は労働安全衛生法違反の疑いもあるとみて
調査を開始、福島労働局などが同日、
第一原発内の関係先を立ち入り検査した。
 関係者によると、装着を強要していたのは、
東電グループの東京エネシス(東京)の下請け企業
「ビルドアップ」(福島県)の五十代の役員。
昨年十二月一日、作業員宿舎で約十人の作業員に
鉛板で作ったカバーを示し、翌日の作業で装着するAPDを
カバーで覆うよう求めた。
 役員だけが装着した場合、一人だけ極端に被ばく線量が
低くなって偽装が発覚するのを恐れたとみられる。
 ビルドアップが請け負っていたのは、
汚染水を処理する設備の配管が凍結しないよう
ホースに保温材を取り付ける作業。
作業現場付近の空間線量は
毎時〇・三〜一・二ミリシーベルトだった。
工期は昨年十一月下旬から今年三月。
 東京エネシス広報室によると、ビルドアップからは
「(役員は)カバーを作ったが、作業員は使っていない」と
連絡があったという。
東京エネシスは「事実だとすれば非常に問題だ」としており、
役員が単独で作製したかなどを調べている。

<原発作業員の被ばく線量> 
原発で働く作業員の被ばく線量限度は、通常作業時が
「5年間で100ミリシーベルトかつ年間で50ミリシーベルト」。
事故などの緊急時は「年間100ミリシーベルト」としている。
東京電力福島第一原発事故では、作業時間を確保するため
特例として100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに
引き上げたが、収束作業の進展に伴い、昨年12月から原則として
通常時の基準に引き下げられた。
一般人の年間被ばく線量限度は1ミリシーベルト。
(東京新聞)
posted by ケメ at 00:15 | Comment(0) | 放射能測定

2012年05月16日

24万Bq/kgという高濃度の「黒い粉」が東京でも見つかった!!

24万Bq/kgという高濃度の「黒い粉」が東京でも見つかった!!
 福島県南相馬市内で発見された「超強力な放射能を持つ謎の“黒い粉”が話題になったのは今年2月のこと。


子供たちが遊ぶ運動場のフェンス際にある黒いシミのようなものが「黒い粉」だ
「1kgあたり108万ベクレル」というケタ違いの線量は衝撃的なものの、「南相馬での特殊な事例」として受け止められていた。ところが、その「黒い粉」は東京都内の至るところに存在しているという。

「放射線検知器を近づけてみると、明らかに反応があるので、汚染度が高いのかなとは思っていたのですが、まさかここまでとは……」「黒い粉」を都内で発見した、市民団体「NO!放射能 江東こども守る会」の石川あや子代表は驚きを隠せない。「江戸川区のJR平井駅周辺で『黒い粉』らしきものを見つけ、採取したサンプルを神戸大学の山内知也教授に検査してもらったところ、最大で1kgあたり24万3000Bqという数値が出たんです」。

 これは原子炉等規制法で定められた「安全基準(クリアランスレベル)」の約2430倍という、途方もない数値だ。

「注意して見ると、『黒い粉』は都内の至るところにあります」と石川さんは言う。そんなにあちこちに高汚染の物質が転がっているのだろうか? という疑問を抱えつつ、「黒い粉」の調査に本誌記者も同行した。

 まずは、JR平井駅から徒歩10分ほど。公営団地そばの運動場で「黒い粉」を発見した。フェンス近くで何か所にもわたって吹き溜まっていた「黒い粉」は、一見すると黒い土のように見える。近づいてよく見てみると、乾燥して干からびたコケやカビのようなものであるとわかる。

「この前来たときと微妙に場所が変わっていますね。風雨で移動したのかもしれません」と石川さん。ガイガーカウンターよりも信頼性の高い、国産のシンチレーション式放射線検知器を「黒い粉」に近づけてみた。すると数値が急上昇し、毎時2μSvを超えた。東京都の平均的な空間線量(地上1m)の約20倍だ。山内教授は「一般的に携帯式の放射線検知器は周囲の放射線量の平均値を表示します。つまり、少量の物質に検知器を向けて数値が急上昇するならば、その物質が極めて強い放射線を出している可能性があります」という。

「子供は外で、土や埃にまみれて遊びます。その危険性を知らずに『黒い粉』に触れてしまうことを恐れています」(石川さん)

 調査時も、この運動場や道路の向かいにある公園で、子供たちが遊んでいた。

「直接触れること以外にも危険はあります。『黒い粉』が乾燥したものは脆くて、足で踏んだりすれば非常に細かくなります。風で舞い上がった粉を吸引してしまう可能性があります」(同)

 さらに歩いていくと、団地の道端や、国道沿いの歩道でも「黒い粉」を発見した。「学校の正門や通学路などでも見つかりました。雨水がたまった後に乾いた場所や、風の吹き溜まるところなどで、よく見かけます」(同)

 果たして、「黒い粉」の正体とは何なのか? そして、「黒い粉」の性質を利用した効率良い除染方法とは? 5月15日発売の週刊SPA!「首都圏を襲う[放射能の黒い粉]」では、「黒い粉」の元になる物質の怖さのみならず有用性もまた報じている。

取材・文・撮影/志葉玲(フリーランスジャーナリスト)http://reishiva.jp/

ケタ違いの線量の『黒い粉』:神のみぞ知る、未知の領域に生きる!?

かつて広島長崎の原爆の後、空から「黒い雨」が降って来たと言われている。これと似て、福島第一原発の爆発では、その後「黒い粉」が降って来たようである。これが関東一円に降り注いだものである。おそらく、ガンダ−セン博士やこの記事で問題にしている、黒い物質、はこれのことである。

この黒い粉の物質が、すなわちウラニウム(とプルトニウム)を含んだ物質ということである。これは、昨年3月14日の爆発の時に飛んだものだろうと思う。それが、風雨によって、吹きだまりに蓄積された状態のままだということだろう。
3月15日 プルトニウム大量の3号機爆発の風は東京、神奈川にも到達していた、と2ヶ月後霞ヶ関発表

ちなみに、ウランの半減期は、数億年〜数十億年。プルトニウムの半減期は、2万4千年である。

こんなわけで、東京など関東には、地球誕生の歴史に匹敵する長い時間、ウランが存在し続けるというわけである。近づかないこと、吸い込まないこと、除染。これ以外に道はないだろうが、あまりに膨大な量だから、処理はなかなか難しいだろう。今のところ、私には名案はない。
【和基博士】





完全オーガニック栄養素で育てた
ドライイーストタイプの有機天然酵母。
酵母もそれを育てる原料も全て
遺伝子組換フリーです。
ドライイーストタイプなので長期保存に耐えます。
○酵母もそれを育てる原料も全て
遺伝子組換フリーです。

(ドイツLACON有機認定団体認証)

○化学薬品等の合成原材料は
一切使用しておりません。
posted by ケメ at 21:38 | Comment(0) | 放射能測定

2012年04月05日

人が放射能を運んでる現実


3/28飯山一郎翁のブログで、安曇野市の講演会場の
放射線量が、0.23μSv/hもあったと言うのでびっくりしていたら、
翌日のブログで更に驚くべき
事実が判明した。

人間が放射能を運ぶ…

「飯山先生は、講演会場の線量が 0.23μSv/h
だと書いてましたが…」
と、安曇野市の職員が見せてくれたデータは、
低線量だった。

鷲も“現場”に行って再確認したが、
たしかに線量は低かった。

これは、どうしたことなのか?
じつは、原因は “人間” にあったのである。

鷲の講演会には、関東・東北からも
15人からの聞き手が来てくれた。
このうち9人の方々と、講演会のあと
ホテルの一室で座談会をしたのだが、
その一室の線量は 0.3μSv/h 以上もあったのだ。

何回も測ったのだが、0.3μSv/h 以下には
下がらなかったのだ。

座談会のあと、鷲の部屋で計測すると
0.15μSv/h 以下だった。

2日後、富山へ帰った聴衆の一人から電話があった。
「関東・東北の人達を乗せたので
0.3μSv/h 以上になってました!」というのである。

「富山を出るときの車内の線量は
0.05μSv/h くらいだったのに…」
だから、これから徹底的に水拭きをして除染をします!
という嘆きの電話だったのだ。

おなじような経験を、鷲は鹿児島空港で
3〜4回ほどしたことがある。
羽田空港から飛んできた人達のまわりは、
線量が 0.3μSv/h 以上に、はねあがるのだ。

鷲の九州の事務所も東京からの客が多いが、
やはり線量は上がる。

人間が衣服に放射性物質をつけて運んでくるのだ。

空気、水、食料、列車、飛行機、
人間が運んでくる放射性物質。

そのうえガレキでの全国拡散。

これは故意による犯罪的な拡散である。

とにかく、日本は恐ろしい国になった!

もう、この国は駄目だろう。

末尾ながら、謝罪をします。
安曇野の線量は、高くても 0.15μSv/h ぐらいです。
ごめんなさい! m(__)m >安曇野の皆さん



posted by ケメ at 18:07 | Comment(0) | 放射能測定

2012年04月03日

エステー放射線 測定器 体温計みたいなエアカウンター

エステー放射線 測定器 [エアカウンターS]

体温計サイズのエアカウンターがでました!

◎店長から一言◎
お客様からご要望がございましたので迷いましたが少しでもお役に立てればと思い取りあえず販売してみます。ポイントは3つ
1、公表されている値と大きな差はないとの声が多い
2、高価な測定器に比べやや値が低めかなという声が多い
3、なんといってもお手頃価格!!少し前までかなり高い商品ばかりでしたが。。


放射線測定器 エステー エアカウンターSを販売開始!!安心の日本製 エアカウンターです。待望...

商品番号 2240004
当店通常価格 7,900円 (税込)
価格 6,950円 (税込) 送料込


誰でも簡単に空間の放射線量を測定する事ができる!片手で簡単に、気になる空間の放射線量を測ることができる家庭用放射線測定器です!
●片手で使えるスティックタイプで、使いやすい!
●シンプル液晶で見やすい!
●放射線を検知すると音が鳴ります!
ご自宅で、洗濯干場で、砂場で、お庭で、公園で、運動場で・・・
心配な所をお手軽に測定できます!
サイズ・容量 【本体サイズ】約170mm×直径22mm
【本体重量】約60g(電池含む)
規格・素材 【電池寿命】約2ヶ月(1日1時間使用)※アルカリ乾電池の場合(連続使用約60時間)
【検出器】 シリコン(Si)半導体(フォトダイオード[PD])
【測定対象】ガンマ(γ)線
【表示数値】1cm線量当量率(μSv/h)
【誤差】+−20%
【測定時間】予測測定(最長約2分)予約完了後は10秒毎に表示を更新
【使用温度範囲】-5度〜40度(結露なきこと)
【校正】校正定数による表示補正済み】
【発売元:エステー】
内容:本体、サンプル単3アルカリ電池1本、小冊子、取扱説明書
生産国 日本

☆☆☆

消費者の要望がものつくり日本の根底を支えて来ました。
その力が、3.11を乗り越えた日から一年たった今怒涛の如く
花を咲かそうとしています。
桜と共に、花開く日本、私達は東北から蘇る!
posted by ケメ at 06:41 | Comment(0) | 放射能測定

2012年03月08日

横浜でストロンチウム、原発20Km圏内と同レベル

前回は都内今回は横浜、
すべて市民が自主的に調べて、
行政を動かそうとしている状況です。
<2011・10・17>に投稿された動画です

横浜で ストロンチウム 原発20Km圏内と同レベル 2... 投稿者 bakaTepco5

市民の切羽詰まった状況を
ボンクラ政府に知らせる為に、
自治体は行政を使いこなし、
草の根からこの国を動かす
気合いで臨まなければ、
乗り切れない事態です。

福島原発4号炉が危機的状況であり、
広瀬隆氏も警告を発しています。
「福島第一原発に末期的事故の予感 人生最後の事態も」


福島第一原発事故は収束していない!
最近、福一カメラが映し出す映像にも
火災らしき光りが捉えられ、騒がれています。

準備をしましょう
その時が来たら、乳酸菌と玄米と塩を持って、
お風呂に立てこもるのです。
もう逃げ場は何処にもないのだから、
乳酸菌、米のとぎ汁ですよ!

みんなでせっせと乳酸菌や酵母を作るのです。
お風呂でね。

あっ
お金のある人は、
日本を脱出して遠くで見守っていて下さい。
大気の流れをよ〜く吟味してから、
行動しましょうね。

この事態に、政府は国民全員に
ワクチンを打つ算段をしています。
エイズやC型肝炎をばら撒いた、政府の体質は
変わっていないようです。

HIV・血液製剤・そしてワクチンをばら撒く政府を信用してはならない

目を覚ましましょう。
とうとう悪い政府を動かしてきた、
パパブッシュもビル・ゲイツもキッシンジャーも
みんな自分の保身のためにベラベラ喋っちゃって、
いもずるしきに悪い奴らが逮捕されてるから、
日本政府も、時間の問題でしょう。

日本の市民には、
プーチンも金正恩も味方してくれると思う。

乳酸菌はここでも悪いウィルスを
食べちゃってからだを善玉菌でいっぱいにしてくれるんだよ!





神奈川を離れない娘よ!
どうか、放射能に無頓着でいないでおくれ。
大気の流れを意識して、出掛けるように。
どうやら、避難はお風呂がいいかもしれないね。
お風呂にいつも米のとぎ汁を!
きっとそれが、あなた方を守る。



ようやく決心して、
思い切ってAmazonに注文して
ようやく届いた所で、
母も未だちら見しただけの
大切な本を送りました。

今はとにかく口から入れるものに注意した方がいい。
下手にお金があると、つい添加物の多いもの、
放射能にまみれたものを取り込みがちだ。
ここ一カ月が正念場だと思う、
お金を稼ぐことよりも、取り合えず、乳酸菌や酵母を
作って使いこなすことに集中した方がいい。
今ぼんやりしているつけは、何年後かに現れる、
だからとにかく、乳酸菌、具合が悪い時は
甲状腺に生姜温湿布。
きぇ〜るも使える。



要するに有機だ!
失われた、自然と調和して生きる日本人、否大和の知恵に学ぶのだ!
幸運を祈る




posted by ケメ at 18:15 | Comment(0) | 放射能測定
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント