広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

川原ゆたか
リンク集
******************************
さらば、無謀な
マンション管理費よ。
↓↓無料で、チェック

*******************************

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2013年06月23日
英語は「ディクテーション」が一番(川原ゆたか)
私が、海外勤務で身につけた

英語を身につけた方法をご紹介します。

まずは、英語をどう聞けば

良いか?と言うことですが、


とくに、「ディクテーション」という

方法が大変効果的でした。




<英語を聞くとき>



1)

英単語を一対一で日本語にあてはめていては、

決して英語を理解することはできない。

英語の一つの単語の持つ意味と、日本語のそれとは、

本質的に違うのである。

英語による事象の認識の世界で

英語を使うようにすべきである。



2)

英語を聞き取るときは、

Nativeの子供にでもなったつもりで、

実際にその場面にいるような心境で聞き取ること。

一日に必ず一度は、英語のTVを集中してみること。

特に、右脳を使って、文法などを考えずに聞き取るようにする。

自然と聞き取り能力は身についてくるはずである。



3)

英語のヒヤリングは文法や単語に捕われずに

内容を理解するようにする。



4)

会話などの場合は、

次に相手がどのように返答するかを想定しながら聞く。


5)

シンガポール(中国語なまり)と

スリランカ(シンハリ語なまり)では

英語のアクセントが大きく違う。

やはり、耳に馴染んだ言葉は聞き取りやすくなる。

それに好んで使われる表現も少し違っている。

スリランカではNo Problemを使うが、

シンガポールではNever Mindを良く使うようだ。


6)

リスニングの効果的練習方法として、

TOEFLの参考書では次のような方法を挙げている。

ディクテーション:英文を繰り返し聞き、

それを書き取る事で音の脱落や結合と

いったさまざまな音変化に対応できるようになります。

(私は難解な発音の英語を聞くときは、

このディクテーションを心の中で、

書き取るようにこころがけて聞くようにした)


7)

同時通訳:英語を聞きながら、それを日本語に訳していく。

なにもプロのようにやってみてくださいと

言っているわけではありません。

分かる範囲内で、日本語に訳していけばいいのです。

分からないところは、文脈から推測したり、

飛ばしたっていいのです。



8)シャドーイング:同時通訳の方法に、

シャドーイングというのがあります。

影のようについていき、

相手の言ったことばをそのまま繰り返す練習方法です。

リスニングと同時にスピーキングの練習にもなります。

話し手の言い方をできるだけ真似してください。

スピードについていけなかったり、

よくわからない個所はあまり気にせずに、

先へ進むようにします。




さて、下の教材は、インフォトップで2013/06/11に

発売されたばかりの、英語の教材です。

もと米国大統領の通訳をしていた方が推薦をしていました。

↓↓↓

【英語ぺらぺら君中級編(海外配送版)】



「ポチッとな」はじめました。
面白い記事をがんばります。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村




2013年06月21日
知っておきたい、ネット翻訳活用法(川原ゆたか)
本日午後まで、およそ2週間、英語の翻訳の仕事に追われていました。


この間に、和文を英文に直すために良い方法を見つけたので

少しご紹介します。


最初から、日本語を英語で書き始めれば良いのですが

普段、日本語で生活をしていると、

英語の語彙が減っていて

すぐに適切な言葉が思いつかないことがあります。


そんなとき、ネットの翻訳サイトを使うと良いです。


今回の翻訳作業でよく使ったのは、


Livedoor翻訳です。
http://livedoor-translate.naver.jp/


予想以上に使えます。大分進化しています。


当然、ネットの機械翻訳では、

実際の英語に使えるレベルではありませんが、


このLivedoor翻訳の良いところは、


(1)日本語→(2)英訳→(3)和訳と

リアルタイムで2段階に翻訳をされることです。


最後の(3)和訳が、もともとの日本語との違いを比較すると

中間に表示される「英訳」がどの程度使えるものか?を

確認できます。


また、これを逆の使い方をして


(1)自分の英訳→(2)和訳→(3)英訳という風に使うと、


翻訳スピードが速いので、


(1)の枠に入力した英訳が、すぐに(2)に和訳が表示されます。


この(2)が、普通の日本語に近ければ、

自分の英訳が正確だという証拠になります。


ネットの機械翻訳は、このように使うと

たいへん便利なものです。


ちなみに、下の教材は、インフォトップで2013/06/11に

発売されたばかりの、英語の教材です。

もと米国大統領の通訳をしていた方が推薦をしていました。

↓↓↓

【英語ぺらぺら君中級編(海外配送版)】



「ポチッとな」はじめました。
面白い記事をがんばります。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村



×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。