広告

posted by fanblog
プロフィール

川原ゆたか
リンク集
******************************
さらば、無謀な
マンション管理費よ。
↓↓無料で、チェック

*******************************

広告

posted by fanblog
2013年07月21日
相手の立場に立って考えるテクニックたち(川原ゆたか)


相手の立場に立って考えると言うのは、難しいものです。


どうしたら出来るんだろう?と、ネットで検索をしてみました。



「役割交換法」というのを見つけました。

http://allabout.co.jp/gm/gc/291694/2/

あした死ぬかもよ?にも書いてあった

「エンプティ・チェア」という方法です。


あした死ぬかもよ? [ ひすいこたろう ]

価格:1,260円
(2013/7/21 11:12時点)
感想(4件)





また、

役割交換書簡法(ロールレタリング)

というのもあります。

http://blogs.yahoo.co.jp/reihiro1977/19312912.html


さらに、セールマンのためのトレーニング法には、

客の立場になってみる「ロールプレイング」の訓練もあるそうです。

どれも、自分自身が一人二役をする方法です。



例えば、私は、今このブログを書いていますが、

「役割を交換」して、逆にこれを読んでいる人の立場を想像してみます。



(読者:あなた)たまにこのブログを読んでいるけど、

この50台のおじさんは、今日は何を書くだろう。

あまり、時間もないから、簡単に役立つことを書いてくれるといいが・・、



と思うかも知れません。


そうすると、本人である私はだらだらと、つまらない話を書いてはならないな・・、

と、気がつくことになります。



「アインシュタイン・ファクター」ウィン・ウェンガー著にも、

モデル・シンキングという方法が紹介されています。

アインシュタイン・ファクター

価格:1,890円
(2013/7/21 11:13時点)
感想(0件)




ウォルト・ディズニーも、やっていた方法で、

彼は、自分が作り出したキャラクターになりきっていたそうです。



本で紹介されているやり方を簡単に説明すると


・リラックスをした気分になる。

・相手の気持ちの知りたい相手をイメージする。

・相手に、役割を交換することを丁寧に説明して

・静かにその人の背中に回ります。


・後ろから、相手の耳に手を置く。

・肩から、その相手の頭をはずして、

・ヘルメットのように自分の頭にかぶせる。


・そして残った相手の体の背中のファスナーをはずし

・ゴムスーツを着るように相手の体を着る。


・そして、相手の目を通して、自分を見て

・どんな感じをするかを味わう。

・そして自分のパソコンの前に座り、このブログを読んでみる。



(相手になりきった自分)ここまでブログを読んだけど面倒くさいな方法だな。もっと簡単にできないかな?ただちょっと興味深いかも。


と思うかも知れません。



そのほかにナポレオン・ヒルが提唱する「マスター・マインド」の会議

または、一人会議など、あります。

私は、よく一人で架空の人と会議をすることがあります。



どうしても相手の気持ちになって考えることが出来ない場合は、


1.「エンプティ・チェア」

2.「ロールレタリング」

3.「ロール・プレイング」

4.「モデル・シンキング」

5.「架空の会議」


すべて、「イマジネーション:想像力」がキーポイントになりそうです。

どれかを試してみて、最も効果的な自分のやり方を見つけるとよいのでしょう。



相手の気持ちを知るのは、とても難しく、面倒なことですが、

とても重要なことだと思います。



「ポチッとな」はじめました。
面白い記事をがんばります。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村




Posted by 川原ゆたか at 11:10 | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。