最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2016年03月16日

【イルカ類の小話】ケイコ〜水族館から生まれ故郷の海に戻されたオルカ

ケイコという名のオルカは長い間、水族館で飼われていましたが、世界で初めて生まれ故郷の海へ戻され、世界で一番有名なオルカになりました。名前はケイコですが、実は、オスのオルカです。

 ケイコは1977年または1978年にアイスランド近くの大西洋で生まれました。1979年に人間に捕獲され、家族と引き離されて、地元の水族館に送られ、その後、カナダの水族館に売られて、そこで芸を教えられ、次にメキシコの水族館に送られて、オルカショーに使われました。しかし、メキシコの狭くて水温の高いプールで体調をくずし、皮膚病がひどくなりました。

 1993年、アメリカの映画会社が制作した「フリー・ウィリー」という映画が、世界的に大ヒットしました。この映画は、親に捨てられた少年が水族館からウィリーという名前のオルカを救って海へ逃がす話でした。この映画でケイコはウィリー役を演じました。ケイコがメキシコの水族館で病気に苦しんでいるのを知ると、世界中の子供たちが何とかケイコを救って、ウィリーのように自然の海へ帰してやりたいと考え、さまざまな活動を始めました。これを知って、環境保護団体と映画会社が、ケイコをメキシコの水族館からアイスランドの海に戻す活動を始めました。












 しかし、水族館に長い間飼われていた病気のオルカをすぐに野生に戻すことはできません。ここから、世界中の子供たちと環境保護団体や学者たち、それに一部の水族館が協力して、史上初のオルカを野生に戻す活動が始まりました。さらに、アメリカ、アイスランド、ノルウェーの政府もケイコを野生のオルカにするために協力しました。

 ケイコが水族館やアイスランドでどのような生活を送ったのかについては、イルカのおすすめ本のページに挙げた「ケイコを海へ帰したい」、「ケイコ 海へ帰ったオルカ」などを参照してください。

 結局、ケイコは健康を取り戻し、皮膚病もすっかり治ってアイスランドの海を泳ぎまわれるようになり、野生のオルカとも交流するようになりました。2002年夏には、何日も野生のオルカとすごした後、ついに北大西洋を横切って1500キロを超える旅を続け、自力でアイスランドからノルウェーに移りました。ケイコは、まったく人間の助けなしで60日近くを、外洋で過ごしたのです。


 漁船の後についてノルウェーのハルサに姿を現したケイコは、子供たちを背中にのせたり、いっしょに泳いだりして、たちまちハルサの人々やヨーロッパ中からケイコに会いに来た観光客の人気者になりました。ケイコは、もともと人間が大好きで、それは、野生の海をひとりで旅しても、まったく変わりませんでした。

 しかし、ケイコが人々と交流し続けることを許せば、ケイコを野生に戻すことはできません。そこで、ケイコを世話している環境保護団体のトレーナーたちは、ケイコが人々と交流できないように、ケイコを人里離れたタクネス湾に船で誘導し、そこで、ケイコの面倒をみました。湾内に閉じ込めることはしませんでしたから、ケイコは自由に湾から出入りして、ノルウェーの海を泳ぎ回っていました。

 そして、もう1、2カ月すれば、野生のオルカの群れがタクネス湾の近くに泳いでくるはずでした。もし野生のオルカの群れがケイコを仲間として受け入れてくれれば、ケイコは、野生のオルカとして、一生を過ごせるだろうと、多くの人が期待していました。















 しかし、2003年12月12日、ケイコは突然、急性肺炎にかかり、命を落としました。ケイコの遺骸は海岸に引き上げられて埋められ、ノルウェーの子供たちが石を積み上げて、墓を作りました。ケイコの死んだ姿は一般に公開されませんでした。

 ケイコは、死ぬ直前に、親しかったトレーナーに近づきませんでした。しかし、自分から海岸に近付き、人間の前から姿を消すこともしませんでした。ケイコは人間に育てられ、死ぬまで人間が大好きなオルカでした。しかし、野生のオルカになるために人間との交流を断たれ、結局、オルカの仲間になる機会を失ったまま死にました。いっぽう、ケイコは、自分から進んで、自分の意志で大海に乗り出し、大西洋を自由に泳ぎ、野生のオルカとして死にました。水族館に飼われたオスのオルカとしては、2番目に長く生きたオルカでした。

 ケイコは、水族館で飼われたオルカを野生に戻すことがいかに難しいかを示しています。ケイコの悲劇は、人間が幼いケイコを家族から引き離して捕えたことから始まったと言えます。
posted by AZARASHI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イルカ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4809983

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。