広告

posted by fanblog

ブログをやめるとき


ここ最近、私はちょっとおかしいと自分で思う。
PCの前で、歌を聴いて泣き、詩を読んで泣き、
コメントをもらって泣き、コメントを書きながら泣いています。


こんな不安定なときに書いちゃった記事は、
きっと後で読むと恥ずかしくって、消したくなっちゃうかも
しれないんだけど、
届かなくなる前に、間に合わなくなる前に
メッセージを書きます。


*****


ファンブログをはじめて5か月、多くはありませんが
いろいろな方とコメントをやりとりしたり
ブログを読みに行ったりしてきました。


そうすると、昨日まで、たくさんコメントの
やりとりをしていたのに、
ぷっつりと更新もコメントのやりとりも訪問さえも
途絶えてしまうブログがあります。


PCが壊れたのかな、
ブログのやり過ぎで家族とけんかしたかな、
リアルの人に知られて、気まずい思いをしたのかな、
アフィリエイト目的で、収入にならなくてやめたのかな、
飽きちゃったかな、病気になっちゃったかな、
いろんなことを思います。


まるで神隠しにあったみたいに、
その人の気配が消えて、記事だけが残るんです。


でも、私はそのブログに、どうしたの?
なんてコメントを書くことはできません。
踏み込めるまでに、まだ仲良くはなっていなかったと
思うから。


去っていく人は、仕方がない。


せめて、リアルな世界で、元気でいてくれるように
願うだけ。


*****


最近、一つのブログが終わろうとしていました。
これで終わりにするよって言ってました。
ああ、このブログも、淋しいけど
本人が終わりにしたいんなら、仕方がないなって思ってました。


でも、消えてしまったはずのその人が、
ふらりと目の前に現れたんです。
そういえば、言い忘れたことがあったって。


未練があるなら、消えるんじゃない!
やり残したことがあるなら、いなくなるんじゃない!


私は、ドアの向こうに消えようとしている人の
片手をひっつかんで叫びました。


私だって、言いたいことがある。
まだ消えちゃダメだって。


*****


その人が再び現れたことに、ほとんどの人が
気づいていませんでした。


私は、そのまま、私だけが見ている目の前で
消えてほしくなかった。
私は、片手をつかんだまま、大声で叫んで
誰かが来るのを待っていました。


*****


そのとき、別の場所で起こっていたこと。


一人の記事のつぶやきが、次のコメントにつながり
記事になり、次の記事になり、次の記事になり、
化学反応を起こすみたいに拡がっていました。


ある人がコメント欄で元気なさそうにしている姿を見て
心配でブログに行ってみたら、
みんなも気になって集まってて、真剣に励ましていたり。


ほんとに、ブログってこんなんだっけ?
って思いました。
こんなに、お互いが関わりあっていけるものなの?と。


*****


その人が、消えてしまわないように真剣に叫んでたら
何人か、集まって来てくれました。


もう一度言います。


去る者は、追わない。
やめたいんなら、やめればいい。


でも、思い残すことがあるんなら
中途半端に消えようとするんじゃないっ!!!
まだ、終わっちゃだめだ。
消えちゃいやだ。


手をつかんで引っ張り出しても、
私は、何もしてあげられないんだけど。
ねぇ、Tomさん。




*****

※アクセスアップするリンクの方法を探してきた方へ
やり方は、この記事に書いてあります。
トラックバックしてみよう♪


この記事『ブログをやめるとき』

ココロデザイン総合サイトに移転しました

お越しいただき、ありがとうございます♪

このブログはココロデザイン総合サイト内、
『パート派遣主婦のぐーたら子育て生活』に引っ越しました。

こちらの記事(コメント・トラックバック)は、大変お手数ですが、
移転先でお楽しみくださいませ。

  http://fanblogs.jp/parthaken/archive/xxx/0
   ⇒
  http://www.cocorodesign.net/parthaken/archive/xxx/0

ココロデザイン総合サイト

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。