KUWAOSA-158
ファン
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー
記事ランキング
リンク
QRコード

その他・全般ランキング

2020年06月26日

投資未経験でもOK!失敗しない不動産投資なら【GA technologies】Renosy





設立5年で上場し、売上200億円を達成した不動産業界で大きな注目を集めるベンチャー企業 「株式会社GA technologies」が運営する「Renosyの不動産投資」のプロモーションです。

【不動産投資の勉強動画】

https://www.youtube.com/embed/H33LUlx9bXU

【テレビCM「Renosyの不動産投資」】

https://www.youtube.com/embed/Wz8s2AuPdFE

◆Renosyの5つの強み◆

1.テクノロジー×不動産による効率化 物件情報の管理ツールや社内運用システムを自社で独自開発しており、 削減した運営コストをお客様の投資運用コスト削減に還元しています。
これらの開発によりご提案からご契約、その後のサポートまでの流れを効率化しています。

2.データに基づいた堅実な不動産投資 物件情報を独自のデータベースに蓄積し、より堅実な不動産投資ができる物件を選び抜いています。
物件の「収益性」と「資産性」を客観的に評価するための独自のスコアリング手法によって、 将来にわたり安定した収益を期待できる価値の高い物件をご提案させていただきます。

3.主要都市の希少な中古ワンルームマンションに特化 ワンルームマンションは不動産投資の中で最も小さい区分所有です。
サラリーマンやOLの方など、一般の会社勤めの方でも少額の自己資金で無理なく投資が始められます。
また、主要都市のワンルームマンションは人口集中、建築規制の観点から 今後も希少性が高くなることが予測されており、安定した需要と資産価値の維持が期待できます。

4.複雑な不動産投資&管理をアプリやウェブでサポート Renosyで投資したお客様だけが利用できる無料アプリ「Renosy Insight」を使えば、 所有物件の管理や収支シミュレーション、最新の投資物件情報のご提案までこのアプリ一つで完結します。
株式投資などと異なり自分の投資状況の視覚化が難しい不動産投資ですが、 Renosyなら、アプリやウェブで楽しく不動産投資をすることができます。

5.充実の賃貸管理サービスが月額一律1,080円(税込) わずらわしい賃貸管理業務は、家賃の金額に関わらず月額一律1,080円(税込)でRenosyが全面サポート。
オーナー様は家賃収入を得るだけで、お仕事をしながらも安心してマンション経営を行なっていただけます。

property1.jpg


不動産投資ってどんなもの?
簡単に言うと“管理しない大家さん”になることです。
例えば、マンション1室のオーナーとなって家賃収入を得るには多額の資金が必要なイメージがありますが、実際には金融機関のローンを利用することにより、ごく少額の自己資金でも始めることができます。月々のローン返済には家賃収入を割り当てることで、ご本人の負担をとても少なくでき、完済後は家賃収入をそのまま受け取ることができます。


property2.jpg


安全性の高い
資産形成のカタチです

不動産投資は唯一ローンを組んで投資することができ、少ない自己資金でも堅実に不動産という大きな資産を積み上げることができます。とくに主要都市の中古ワンルームマンションは入居需要が高く、より安定した運用が見込めます。

個人年金の代用として扱えるため、
年金対策ができます

公的年金の受給開始年齢が65歳に引き上げられ、今後さらなる受給額の減少、受取開始年齢の先送りが予想されます。公的年金を頼りにできない今、ゆとりのあるセカンドライフを実現するために、マンション経営がますます注目されています。ローン返済中も家賃収入を充当して負担もごく軽く、ローン完済後は家賃収入をそのまま個人年金の代用として扱えます。

property3.jpg



ご家族を守る
生命保険代わりになります
物件購入にローンをご利用する場合、団体信用生命保険(※保険料は金融機関が負担)にご加入いただきます。ご本人さまにもしものことがあった場合に、残債が保険会社から金融機関に支払われます。つまり遺族には無借金のマンションが残されることになり、売却して現金を得たり、遺族年金のように毎月の家賃を受け取ることができます。このため不動産投資が生命保険の代わりになるとも言われます。更に、現在加入している生命保険の見直しにも繋がり、家計の負担軽減も可能です。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9952089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック