広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年07月25日

海外送金の準備 〜 無駄な手数料を払わないために 〜

外国に移住するとなると初期費用がいろいろかかります。家を借りるにも家賃を数ヶ月分(カナダではだいたい3−4ヶ月分)前払いしないといけないですし、生活に必要なものを諸々揃えると結構な額のお金がかかります。やはり先立つものが必要で、日本からカナダにお金を持ってくる必要があります。

少し前まではtravellers' chequesで生活費を持ってくる方もかなりおられましたが、日本国内でのtravellers' chequesの新規発行は終了してしまいました。また日本の銀行でカナダドル建ての小切手を発行してもらおうとすると目玉が飛び出るほどの手数料がかかります。現地で追加の費用が発生することも多々ありますし、日本の銀行からカナダの銀行に送金するルートを(できれば複数)確保しておく必要があります。

私は一生懸命どの銀行が手数料が安いかいろいろ調べていたのですが、イギリスに住む友人に目からウロコの送金サービスを教えてもらいました。

TransferWiseというサービスです。

銀行間の海外送金サービスを利用すると日本側銀行の送金手数料、着金国銀行の手数料、さらに場合によっては中継銀行の手数料がかかります。これだけでも少なくない額の費用がかかりますが、さらに「隠れた手数料」として為替スプレッドが上乗せされ、これが馬鹿にならないのです。

よくニュースで「1ドル112円30銭から40銭で取引されています」などと聞くと思いますが、これは銀行間取引でドルを買う側は1ドルあたり112円40円を払い、ドルを売る側は1ドルあたり112円30銭を受け取る、という意味です。この売買の10銭の差が為替スプレッドです。銀行間取引ではこのような狭いスプレッドですが、銀行が顧客との少額取引を行う際には、例えば1ドルを114円80銭で売り、1ドル109円90銭で買う、というような大きな為替スプレッドを要求してきます。

この例だと、日本円で1万ドルを海外送金する際、銀行間取引の1ドル112円40銭に対し114円80銭という不利なレートを要求されますので、1ドルあたり2円40銭、1万ドルに対し2万4千円の「隠れた手数料」がかかることになります。一般に「手数料」と明示されている額よりも大きな金額ですね。

一方、私たちが友人と外貨を融通し合う時はどうでしょうか? 例えばアメリカから帰ってきて米ドルが余っている人がこれからアメリカに行く友人に「手持ちの米ドルと円を交換しない?」と持ち掛けるような場合です。本当に親しい友人なら余っている米ドルをタダであげるでしょうが、そうでなければ銀行間取引として公表されている値の中間のレート、上の例だと1ドル112円35銭で交換するのではないでしょうか。

これのような外貨両替・送金方法を多数の利用者向けにシステム化したのがTransferWiseです。日本からアメリカに送金する際、利用者は日本円をTransferWiseの日本の口座に振込み、アメリカでTransferWiseから利用者の銀行口座に米ドルの振込みを受けます。TransferWiseは逆方向の取引を必要とする人を探し、それぞれの通貨の増減を相殺します。無駄なコストをカットした賢いシステムですね。

TransferWiseの信頼性はどうでしょうか? TransferWiseのサイト(⇒ こちら)を見ると出資者として三井物産、Virgin、PayPal、Skypeなどの大企業や名の通ったベンチャーが紹介されおり、1日に10億ポンドを超える額の送金を行っていると謳っています。またTransferWiseについてネット検索をしてもよい評判が専らです。それでも私は心配性なもので、最初は予定額の1/10ほどを送金してみました。いつ着金するかドキドキでしたが、3日後に問題なくRBCの口座(カナダの銀行開設についてはこちらを参照してください→(4) 銀行口座の開設)に入金されました。手数料は1,164円で一般的な銀行間送金よりも4-5,000円程度節約できました!
TransferWise1.jpg

手続き上、一つ重要なことがあります。このサービスを使用するには日本にいる間にTransferWiseのアカウントを取得し、本人確認等の手続きを済ませておくことです。マイナンバー制度が施行されてからは海外送金についての規制も厳しくなっており、オンラインでの書類のアップロードだけでなく、日本の住所確認のためのTransferWiseからの郵便物を受け取る必要があります。日本の住居を引き払った後ではこの手続きはできませんので(ご家族が残っていれば問題ありませんが)気をつけてください。

TransferWiseの公式サイトはこちらです。
       ↓




この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへのフィードバックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


海外ロングステイランキング
posted by 霧ヶ峰 at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2018年07月24日

自家用車の処分

 トロントで単身もしくは夫婦のみの生活で、家が地下鉄駅やスーパーなどに近ければ自家用車は必ずしも必要ありません。ただし少し郊外に住んだり、小さい子供がいたりするとやはり自家用車があった方がよいでしょう。我が家も幼稚園児を抱えることもあり、また5年ほど乗ったヴェルファイアの使い勝手がよいことからカナダに持ち込みができないか少し検討してみました。

 しかし...結論から言うと、「(実質上)無理」でした。

 まずネットで情報を集めてみると、自家用車であれば3年以上乗っていればよいようです。アメリカとは違って絶対に左ハンドルでなければならない、というわけでもなさそうです。しかし、ヘッドライトは常時点灯するように仕様を改造しなければならず(カナダの車は全てエンジンをかけるとヘッドライトが点灯します)、また我が家の車はそもそも寒冷地仕様になっておらず、時にマイナス20℃となるトロントでは年間を通して使用できるものではなかったのです。

 北海道などにお住まいで寒冷地仕様になっており、左ハンドルの車に乗っていて(右ハンドルだと自動車保険料がものすごく高くなるようです)、電装系の改造ができる方であればカナダへの持ち込みを検討できるのかもしれません。ただ州によってregulationsも異なりますし、よく検討する必要があります。

 ですので、我が家の自動車は買取業者に買っていただくことにしました。

 車の乗り換え時等、ディーラーに買い取ってもらう方も多いと思いますが、ほとんどの場合買取専門業者に買ってもらった方が高く売れるようです。特に中古車として売りやすい車種(日本ではやはりミニバンの人気が高いようです)や海外需要の高い車(ハイエースは有名ですが、年式等により引き合いの強い車種もあるようです)はディーラーに買い取ってもらうのはお金をドブに捨てるようなものです。

 私は相場がよくわからなかったため、まず近隣の買取業者に立ち寄り査定をしてもらいました。最初に応接室のようなところで少し世間話をします。その中で「どうして手放そうとしているのか」「いつ手放したいのか」「事故歴はないか」「整備状況はどうか」「希望売却額は」と探って来られます。海外赴任に伴い手放すわけですから、お互いの時間のためにもこのような情報を先に整理してお伝えするのがよいでしょう(希望売却額については見当をつけに査定してもらっているのですから明示するのは無理ですね)。

 その後実車の査定に入りますが、私の場合30分もかからず担当の方が戻ってきました。まず最初の数字を出してきますが、「いやー」などとあいまいな返事をしていると、いきなり「いまこの場で決めていただき、今週中に所有権を移転できるなら○○万円出します」といきなり提示金額が20万円アップしてしまいました。この時点で、買取側の競合のない状態で決めない方がよいと感じ「今日は決められない」とはっきりと言って引き取りました。

 と言っても、渡航準備の中、他社を一軒一軒まわるほど時間的余裕はありません。多少不安でしたが、海外に移住するのだからしつこくされてもいいや、と一括出張買取査定に申し込みました。

 ネット上で申し込みをした直後にすぐ査定日決定のための電話がかかってきます。電話ができる時間帯にメモ用紙を用意して申し込みをするとよいでしょう。私は休日の半日に1時間ずつ時間をずらして4−5社ほどに自宅に来てもらい査定をお願いしました。ビッグモーター、ガリバー、カーチスなど販売網をもち、最終顧客に直接売ることができる大手の業者がやはり良い値を出してくれるように感じました。自社で売ることができず、中古車オークションに流す業者はその分利幅を確保するために買取価格は安くなります。

 よくネットなどに「強引に契約を迫られた」「契約後に瑕疵担保責任保険の加入が必要だと言われた」等のトラブルを聞きますが、私の自宅に来てくれた方々は紳士的な査定士さんばかりで、そういうことは全くありませんでした。ガリバーの担当の方からは「トヨタ製の車でこの走行距離で毎年整備を受けていて急にエンジントラブルが起こることはまず考えられないので、瑕疵担保責任保険など入らなくていいですよ」とむしろ先に言われたくらいです。

 また海外赴任者向けに「出国その日まで使用でき、空港近くで引き取ります」という業者もいますが、確かに便利ではあるものの、その分買取価格は低く抑えられます。時に中古車市場での相場が大きく変動することがあるようで、買取業者は査定から買取日までの時間を気にします。査定後しばらく使うことができるということは、その分のリスクを織り込んだ査定価格になっていると考えてください。出国時、空港まで自家用車で行くのが便利に感じる方も多いと思いますが、空港近くで乗り捨てができるレンタカーを利用するのがよいと思います。



まず一社に見てもらうのでしたら(これなら複数の電話に閉口することはありません)
こちら→ガリバーの無料査定


限られた時間で一括査定をしてもらうのなら(申し込み直後に電話がかかってきます)
こちら→楽天の愛車一括査定(楽天スーパーポイントプレゼントあり)


この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへのフィードバックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
posted by 霧ヶ峰 at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車

2018年07月20日

Social insurance numberの取得

SIN (Social Insurance Number)は9ケタの社会保険番号です。空港でwork permitを発行してもらう際に一緒にもらう方も多いようですが、私はToronro Pearson空港で土曜日夜のしかも"on border"でのwork permit審査だったためかその場で発行してもらえませんでした。トロント・ダウンタウンに滞在する方はTown HallのService Canada (下の地図を参照してください)に行き発行してもらうのが便利だと思います。入って左側に窓口があり、何十人もの人が待っています。朝一番に行くか、受付票をもらったら待ち時間に銀行口座を開設しに行くのがよいと思います。

雇用先に提出しなければならない書類ですので大切に保管してください。その他の場面でも役に立つことがあり、銀行が同姓同名の方を見分けたり(英語圏の方の名前はFirst nameに比べてlast nameが多彩なのに比べ、日本人など東洋人の名前はlast nameが同じ方が多いので、口座管理〜特に信用情報/credit history〜の管理が問題となることが多いようです)、電話・インターネットのonlineでの申し込みの際、記入を求められることがあります。





この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへのフィードバックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
タグ:SIN 社会保険

OHIPとOHIP replacement

カナダの医療保険は基本的にはそれぞれの州(province/territory)が提供する公的保険によってまかなわれており、さらにこれでカバーされない部分を私的に(勤め先の企業を通して等)保険に加入するようになっています。オンタリオ州の場合はOHIP (the Ontario Health Insurance Plan; "Oh-hip"と発音します)と呼ばれる公的保険があり、オンタリオ州の住民は病院での診療は無料で受けることができます。ただし歯科医療や院外処方の薬(65歳以上の方を除く; また25歳未満の方は2018年1月からOHIP+で無料になりました)はカバーされません。

Work permitで入国したtemporary residentやその家族は住民となってから3ヶ月間はOHIPに加入できず、その間は民間の保険に加入する必要があります。私の職場ではAIGの提供するOHIP replacementに自動的に加入することになっていますが、留学、個人事業主等の方は医療保険について調べておいた方がよいと思います。

OHIPの申し込みはServiceOntarioで行います。どこのServiceOntarioでもいいわけではなく、Toronto downtown近くにいる方はCollege Park内(777 Bay Streetの地下)に行くしかないようです。申し込みに必要な書類は次の3つです。下記のように同一の書類(例えばdriver's licence)が二つのカテゴリーをカバーできるようにも思えますが、ServiceOntarioのサイトには"three separate documents"という記載があります。出直しになると多くの時間を浪費することになりますので、役に立ちそうな書類は一式お持ちになることをお勧めします。

1. Proof of Canadian Citizenship or OHIP-Eligible Immigration Status
 つまりwork permitとお子さんはvisitor recordですね。
2. Proof of Residency in Ontario
 オンタリオ州のDriver's licenceがあるとスムーズですが、持っていない方は自宅に届いた電気(Hydro)、ガス、水道などの公共料金の請求書があるとよいかと思います。
3 . Proof of Identity
 パスポートである必要はなく、オンタリオ州の運転免許証やクレジットカード、学生証(student ID card)等でもよいとされています。詳しくは公式サイト(→https://www.ontario.ca/page/apply-ohip-and-get-health-card#section-3)をご覧ください。



この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへのフィードバックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
タグ:医療保険 OHIP
posted by 霧ヶ峰 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療

2018年07月18日

銀行口座の開設

 外国での生活に不可欠なものの一つが現地の銀行口座開設です。給料の振込み先としても必要ですし、生活費の決済にももちろん必要です(いつまでも日本のクレジットカードを使い続けるのは無駄な手数料を払い続けることになります。)

 職場の同僚にはRBC (Royal Bank of Canada)かTD (TD Canada Trust)がいいよと勧められ、私は職場に最も近いRBCに口座を開設に行きました。たしかにTorontoで生活している限りにおいてはこの二行が最も支店、ATMが豊富にあり使い勝手がよいように思います。

 銀行に行き新規に口座を開きたい旨を伝えると、一般の窓口から別室に案内され、専門のアドバイザーがついて口座の種類の説明や書類の確認をしてくれます。私が口座を開いたのは現地到着後最初の月曜日でまだホテル住まいでしたが、work permitと現地雇用主からのletter of employmentを提示することで口座を開設することができました。住所はホテルのもの、カードなどの郵送物は支店で受け取ることとすれば問題ありません。

 一つ注意が必要なのは、カナダの銀行では一般的に口座維持費がかかることです。
  RBCでは → https://www.rbcroyalbank.com/accounts/chequing-accounts.html
  TDでは → https://www.td.com/ca/en/personal-banking/products/bank-accounts/chequing-accounts/
と銀行の指定する条件を満たさないと少なくない額の維持費がかかります。ゼロ金利に喘ぎコストを利用者に転嫁できずにいる日本の銀行とはえらい違いですね。(日本では地銀の半数以上が本業は赤字とのことです。)

 ただし時期によっては銀行も新規利用者を獲得するためのキャンペーンを行っています。私が口座を開いたRBCでは一年間口座維持料無料キャンペーンに加えて、TelusのプリペイドSIMをつけてくれました。ちょうど携帯電話をどうしようかと考えていたところだったので渡りに船でした。

 アドバイザーの方からは後日e-mailが来てクレジットカードや小切手帳の必要の有無についての相談を受け付けてくれました。こちらに来たばかりで銀行以外のところでいきなりクレジットカードを作るのは難しいようです。いくら日本でゴールドカードやダイナースクラブカードを持っていたとしてもゼロからのスタートとなります。私はこの感覚がなくて、Costco ("Cos-koh"と発音しているように聞こえます。"t"の音は私には聞こえません。)でメンバーになると同時に店頭で勧められるがままにCostco会員用のマスターカードを申し込んだのですが、一週間後見事にお断りの手紙が届いてしまいました。いきなりクレジット・ヒストリーというものを実感させられる出来事でした。



この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへのフィードバックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


海外ロングステイランキング




カテゴリーアーカイブ
最新記事
Amazon.ca
息子用に買ったスケート用のヘルメット
レッスンを受けるのに必須です
スケート靴のブレードカバーはあると便利です

<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 子育てブログへ


カナダ(海外生活・情報)ランキング
検索
プロフィール
霧ヶ峰さんの画像
霧ヶ峰
2018年春カナダ東部トロントに移住しました。現地企業の直接採用で夫婦と子供二人で何もわからないところからのスタートでした。同じような経験をする方に少しでもお役に立てれば幸いです。
プロフィール

クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
ファン
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。