広告

posted by fanblog

2018年09月18日

カナダの薬局と薬剤師さん - インフルエンザ・ワクチンも街の薬局で!

今回の娘の発熱について職場で同僚がいろいろ心配してアドバイスをくれました。
その中で特に多かったのが"If you need medicine, go to Shoppers Drug Mart. Pharmacists there will ask you about her symptoms, and make recommendations on drugs."というものでした。

Shoppers Drus Martはトロントではあちこちにあるチェーン店で、私にとってはバスルーム用品、日焼け止め、食品などを買う、日本のいわゆる「ドラッグ・ストア」のような位置づけでした。もちろん元来の本業は薬局なんですよね。

病院に行かなくても薬の相談ができるんだ、と意外に思って調べてみると、カナダの薬剤師さんがしてくれることは日本よりもかなり多いようです。

まずびっくりしたのが、インフルエンザ等のワクチンを薬局で薬剤師さんが打ってくれることです。
日本で病院に行って、問診票を書いて、医師のチェックを受けて・・・という手続きに慣れていた私には目からウロコでした。確かに病院で診療の合間にワクチンの問診を医師がするよりも効率的のように思います。

FluVaccineSDM.jpgShoppers Drug Martでもインフルエンザ・ワクチンを打ってもらえます。もうすぐ今シーズンの接種が始まるようです。


因みに、カナダのインフルエンザ・ワクチンは注射の他に、鼻に噴霧するタイプのものもあり、2歳から17歳の子供はどちらかを選べるようになっています(経鼻ワクチンについて詳しくは ⇒ こちら)。

またアルバータ州では"Schedule 1 drugs"と分類される薬を処方してもらうこともできるようです。その他の州ではさすがに薬剤師さんから直接処方薬をもらうことはできないようですが、既に処方されている"Schedule 1 drugs"の処方量や剤形などを変更してもらうことができるようです。
例えば薬が足りなくなってわざわざ病院に行くのはかなりの手間ですが、薬局に行けばいいとなるとかなり気が楽ですね。

さらに驚きなのですが、アルバータ州やケベック州では薬剤師さんに血液検査をしてもらうこともできるようです! なんだかお医者さんとほとんど変わらないですね・・・。ただオンタリオ州では血液検査は受けられないようですが。

参考:Canadian Pharmacists Association: Pharmacists' Expanded Scope of Practice



この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへのフィードバックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


海外ロングステイランキング
posted by 霧ヶ峰 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8111842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




カテゴリーアーカイブ
最新記事
Amazon.ca
息子用に買ったスケート用のヘルメット
レッスンを受けるのに必須です
スケート靴のブレードカバーはあると便利です

<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 子育てブログへ


カナダ(海外生活・情報)ランキング
検索
プロフィール
霧ヶ峰さんの画像
霧ヶ峰
2018年春カナダ東部トロントに移住しました。現地企業の直接採用で夫婦と子供二人で何もわからないところからのスタートでした。同じような経験をする方に少しでもお役に立てれば幸いです。
プロフィール

クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
ファン
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。