広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

たのしいFX−リアルタイムFX投資戦略ソフト−

たのしいFX−リアルタイムFX投資戦略ソフト−


後、1時間弱くらいで値上げらしいから、急いでもう一度、載せておこう。

これは、本当に役に立つツールだ。
まだ、作者の意図したとおりには使っていないが、今では、手放せなくなっている。
戻り売り(押し目買い)の地点を指示してくれるから、
トレンドが進んでいる途中でも、自信を持って入ることができる。
自分では、戻り売り(押し目買い)のポイントだと思っても、
リアルタイムFXが指示しない、ことがある。
そういう時は、往々にして自分の判断が間違っていることが多い。
良い訓練になる。


SONTOKU−尊徳

SONTOKU−尊徳
http://www.sontoku.jp/

これは、かなりお得な話だな。
極めてまっとうなトレードスタイルのようだし、
参考にさせてもらって悪くなさそうだ。

有料のレポートも悪くはなさそうに思える。

数量限定のようだが、少なくとも、さっきまではまだ申し込めた。

ドル円概観

ドル円、終値89.77

月足、明らかに2番底を目指す下落トレンド。

週足、収束して来たボリンジャーバンドを下方ブレイクした。この勢いなら、あっという間に87.14に到達しそうだ。今月中に達成するかも。そして、それだけには留まらないだろうなあ。

日足、週明けに雲のねじれがある。何か波乱が待っているか?

4時間足、ここにもほぼ同時に雲のねじれがある。週末の雲のねじれでは、大幅下落した。次はどうなるか?

とにかく売るしかないなあ。



ポンド円概観

ポンド円、終値143.07

月足、非常にきれいな戻り売りにあっている。文句なしの動き。

週足、雲の下限を突破してボリンジャーバンド−2σに到達して、押し広げ始めた。ボリンジャーバンドの位置関係は、昨年8月下旬の状態と似ているが、一目の雲との位置関係がかなり違う。昨年は雲の遥か下だった。したがって、自由落下のような状態にはならないのかもしれない。しかし、雲の下限割れ、ボリンジャーバンドの下方ブレイクが同時なんだから、結構、激烈かも。

日足、147.0付近の強いサポートを一気に抜けて来た。これからもポツポツとサポートはありはするが、もう落ちるしかないでしょう。目指すは、118.86。

とにかく戻り売り。

為替売買動向

東京金融取引所にクリック365のマーケットデータがある。
http://www.tfx.co.jp/cgi-bin/statistics_forex_j.cgi

その中に為替売買動向のエクセルデータがある。
http://www.tfx.co.jp/mkinfo/document/fx_sellbuy.xls

建玉数量売買比率は、
9月24日の時点でも、
ドル円は、買いが57パーセントくらい。
ポンド円は、買いが83パーセントくらい。

ユーロドルもユーロポンドも売りの方が強い。

自殺行為だな。

ドル円、90.41

ドル円は、
昨日の安値90.41を割って来た。
こうなると、このところ何度もトライして、なかなか割ることができなかった90円をついに割ることができるか?
勢いはありそうだが、4時間足のボリンジャーバンドが随分開いた状態なので、
岩盤を突き破るには集中力が足りないかも・・。

ポンド円が奈落の底行きなので、引きずり込まれるかも知れないが・・。

ポンド円、146.8

ポンド円、
7月9日安値、146.8に一気に到達してしまった。
これで、日足の大きなダブルトップ完成。

このまま週足の雲の下限144.25を目指すか?
更には、週足ボリンジャーバンド・−2σ、142.5を目指すか。

ちょっとスピードが速すぎるので、少しは戻りがあるだろうから、
戻ったら更に売ろう。

とにかくポンドは弱い。

ポンド円概観

ポンド円、終値148.36

月足、戻り売り。ストキャスもデッドクロス。

週足、雲の中を下降中。ボリンジャーバンドはフリーズしつつある。−2σと雲の下限が重なりそうだ。

日足、8月10日からの下落トレンド継続中。
9月2日安値を割った。ボリンジャーバンド下方ブレイク。
7月9日安値146.8を目指す展開。後1週間くらいで雲のねじれがある。

4時間足、ボリンジャーバンド下方ブレイクして、9月16日安値も割った。どんどん安値更新している。週明けすぐに雲のねじれがある。


止まるところもなく、止まる気配もない下落トレンド。
ポンドは死んだな。
買う理由は無し。

【生方茂樹のイーポジ戦略】


運用資産250億円!日経マネー主催「日本ベスト・オブ・ファンド部門」で第2位の実績を持つ、元・三井住友アセットのファンドマネージャーが贈る【生方茂樹のイーポジ戦略】

これは面白そうだ。
日経オプションのテクニックである。
初心者、負け組のためのマニュアルらしい。

しかし、手の込んだセールスページだ。
モデルの女の子もスゴイ。





ドル円概観

ドル円、終値91.34

月足、4月に雲のねじれの位置で戻りのピークを打っている。そして、2番底を目指す展開。下落は明らか。

週足、年末年始の87円ちょっとの底からボリンジャーバンド+2σまでちょうど反発して、反落。ボリンジャーバンドがスクイーズしたところから下方ブレイクしたところ。これは勢いがある。87円の2番底で止まるわけがない。

日足、8月から一方的な下落。14日線辺りで完全に頭を押さえられているから、もう戻りも限界。91.6を越えて来るようだと流れに変化が見えるかも知れない。が、おそらくは反落。ここは強力なレジスタンスになっている。

4時間足、ボリンジャーバンドを押し上げながらジリジリと上昇。雲の中に突入している。いつ失速するか?

1時間足、ここ数日の乱高下には参った。あきれてしまった。


91.6を越えないことを注意しながら、下落にかけてみるかな。

    >>次へ