広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

3/31販売停止! ビリオンゴッド セット版

3/31販売停止! ビリオンゴッド セット版

日経225のシステムトレードだが、成績は良さそうだ。
今夜限り。

マドモアゼル・愛のぶらりblog

マドモアゼル・愛のぶらりblog
http://mademoiselleai.nifty.com/madeailog/
から引用。

テポドン、通貨制度問題他
http://mademoiselleai.nifty.com/madeailog/2009/03/post-1d91.html

次に金融問題も重大な局面に至りつつある。

問題の本質が通過制度になってきている。
もう今回の金融危機は財政出動以外ではどうにもならない、という段階に来た。
また財政出動もこれまでにない規模の巨大なものである。

それはレバレッジで膨れ上がった巨額の負債の清算なのだから当然であろう。

しかしそうなると国すら持たないと考えるか、国ならできると考えるかだが、すくなくとも、ドルに限って言えば、その後のインフレなどを考えると、やはり新たな通貨制度でなくては世界が納得しない、、、という点が大きくなっている。

ドルをあくまで守ろうとするアメリカ、英国主導で行くか、ロシア中国を入れた新たな主体が、新通貨制度にもっていくかの駆け引きがこれから行われる。
おそらくどちらにも軍配は上がらず、2日からのサミットは物別れとなるだろう。

ただここで新通貨制度という定義がなされることだけでも大きな意味がある。
そこまで言われたらアメリカも英国も今の力を維持することなどいずれはできなくなるからだ。

近いうちに通過制度は変化すると考えてよいだろう。
これも日本のマスコミは知らぬ存ぜぬでまことにおろかしいことだが。

こうした動きにしたがってIMFは金売却を言い出している。ロシア中国の新通貨制度には、多国籍の通貨及び、金を入れた方式が予定されていると聞く。

いま、時代を最も正確に映す鏡が実はゴールドの取り扱いなのだ。
ゴールドのゆくえを見ていれば世界が何を考え、次にどういう時代がやってくるかがわかってくる。これがポイントである。

しかしこの点でも日本はまったくわかってない。何のことかもわからない。

ゴールドに関した情報は巧みに日本には隠されてきた。日本はゴールドを買うことを許されず、儲かったお金をアメリカ国債のみを買う立場として扱われてきた。
いざとなったら紙屑となるものしか日本には与えられてない。

なので、金融の崩壊現象を前にして、御簾の奥では金、ゴールドのやりとりがどうなるかが焦点になっているにも関わらず、日本は蚊帳の外である。

ゴールドなんて何の関係もなく、経済ではもうゴールドは死んだも同然と、日本の経済の名誉教授クラスでさえ本気でそう思っているが、まったくの間違いである。

アメリカ後の金融について考える際に、突出した国がない以上、信用と価値の保全としての対象物は金、ゴールド以外にないというのが、世界の常識であり、今、まさに、それを許そうとしない英米と他の勢力が争っているのだ。

セリングクライマックス

ゴールド、
急落しているが、セリングクライマックスと見る。
ターゲットは、
4時間足ボリンジャーバンドの−2σ=913ドル辺り。
フィボナッチのラインが、
915.03
909.77
にあるから、このどちらかに反応するんじゃないかな?

しかし、何でこんなに売られてんのか、訳がわからん。

傍観

何だかすごく変な感じ。
株は上がるし、
ゴールドはどんどん下がるし、
ドル円、ポンド円はどんどん上がるし、
ユーロドルは、どんどん下がるし・・。

しばし、傍観。

明日24日の二つの“潮目”とは?

どうも変な感じの円安がしつこく続くなあ、と思ったら、

株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 [info@haradatakeo.com]

から引用。


日本円をめぐり急展開するマーケット。
対ドルでも対ユーロでも下落した円を待ちうける、
明日24日の二つの“潮目”とは?

まず日本では、渦中の小沢一郎・民主党代表を中心に
政界が大きく動く可能性が。
小沢代表の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件。
逮捕された公設第1秘書の拘置期限は明日24日。
問題が政治資金規正法違反だけならば、続投が言われる小沢代表。
しかし、もし「それ以上」のものが出てくれば、政界の大混乱は
避けられません。

その場合、日本円や日本国債といった「日本的なるもの」の価格は
どのように動かされるのでしょうか?

また、明日24日夜に、オバマ大統領は金融対策プランを発表。
官民合同基金による不良債権の買い取りが取り沙汰されていますが、
その現実化は、米ドルを経由していかなる激震を
日本円、さらには日本マーケットにもたらすのでしょうか?


概観

ゴールド、上値が重い感じでジリ下げ。
日足がフリーズしかけている。中心線は、935ドル近辺。
週足は、しっかり上昇トレンド継続と見ていいだろう。
しかし、20ドル近くは調整するかも・・。
押し目買い。

ユーロドル、同じく上値が重くジリ下げ。
日足を見ると、完全にデンジャーゾーンに飛び出していて、
上げすぎだったことがわかる。
ちょっと調整しないわけにはいかない。
意外と下がらないから、時間的な調整で完了するのかも知れない。
時間的な調整だけなら、1時間足のレンジと見て、レンジ下限1.35辺りで押し目買い。
いずれにしてもユーロドルは買い。ドルは売り。

ドル円、
日足はボリンジャーバンド−2σから反転してやや戻してきているところだが、
フリーズに向かっている。中心線97円台半ば。
4時間足は、フリーズから下にブレイク。戻してきているが、戻りの限界に近い感じ。中心線96円台半ば。
いつ反落しても不思議はないが、焦る必要はないだろう。週足も急速にフリーズして来ているから、もうしばらくしてから大きな動きになるはず。
今日明日ゆっくり様子を見て、97円前後で戻り売り。

ポンド円、
不思議な動きをしている。もう死んだも同然のゾンビ通貨なのに、どうしてこんなにシツコク上げて来るのだろう?
正しくゾンビ!!
しかし、日足フリーズ、週足も急速にフリーズして来ている。
更に、上がることを予測している人がいるのがまた不思議。
サイクル理論とかによるとそうなるらしい。
確かに日足を大きくみるときれいなラウンドボトムになっている。
上がっても不思議はないような形ではある。
しかし、月足は、まだまだ極度の下落トレンド継続中である。
しかもファンダメンタル的には、ポンドなんて死んでいる。
昨年8月に週足がフリーズして、そこから下にブレイクして大暴落した。
この春は、果たしてゾンビが復活するのか?
それとも完全に死に果てて、跡形もなく消滅するのか?
ゾンビ退治に1票!!



豊島逸夫氏のコメント


昨夜の乱高下はすさまじかった。
豊島逸夫氏のコメントは、興味深い。
http://www.mmc.co.jp/gold/market/toshima_t/2009/662.html

筆者の30年以上のゴールドトレーディングの経験の中でも、1時間ほどで60ドルの乱高下は何回か遭遇したが、今回のように1時間でマーケットの潮流が変わるほどの潮目の変化は初めてと言っていい。

材料はバーナンキの米国債買い取り発言。いずれそこまで踏み切ると読んでいたマーケットだが、この時点で、そこまで明言することは全くのサプライズ。ヘリコプターベンが遂に本性を露わにしたね。

長期国債は3000億ドル、MBS(住宅担保証券)は7500億ドル、エージェンシー債も1000億ドル、しめて1兆1150億ドル=110兆円相当の大量資金投入である。FRBは中央銀行としてlender of last resort(最後の貸し手)と言われたが、ここにきてbuyer of last resort(最後の買い手)と化した。

これまでバーナンキはbehind the curve(後手後手に廻った)と批判されてきたが、今回ばかりは見事に先手が決まり、対マーケットで(柔道で言えば)一本勝ち。さらに“禁じ手”と言える国債買い取りに踏み込んだことは金融危機感の裏返しでもある。

各市場の反応はNY株が急騰(しかし、その後、やや萎んだ)。驚くべきは債券市場。FRB買い取り対象銘柄の10年物米国債の利回りが3%から2.5%へ、実に50bpの急低下。これは87年以来の急落幅。こういう債券価格急騰は、反動が怖い。国債も、もはや安全資産ではないことを如実に物語る。

外為はドル急落。ドル指数が84となり3%もの急上昇。ドルは対ユーロで1.34、対円で一時95円台まで急落。EU圏経済悪化のニュースもさんざんメディアで語られ、ユーロ安(ドル高)もマーケットの材料としては陳腐化し、織り込まれつつある矢先ではあった。

そして金価格。“すべてを映す鏡で、先見性あるとされるゴールド”の価格には、デフレ懸念からインフレ懸念への潮目の変化の兆し(まだ、あくまで兆し 程度ではあるが)が色濃く反映された。折も折、昨晩発表の米国消費者物価も0.4%の上昇。

中期的流れの転換点となりうるほどに、意味のある昨晩の1時間であったと思う。その直前まで、NYの筆者の友人トレーダー達も目先下げを見込み、ショートポジション=空売りを仕掛け、ロングは売り手仕舞い。相場は880ドル台にまで急落していた。それが1時間後にはストップロスの買い戻し注文が次々にヒットされ(実行され)、ショートはカンプなきまでにやられた。これが、さしたる要因もなければ一過性で終わるが、FRBの国債買い取りという 歴史的とも言える材料を伴う相場転換である。当分、ショートの芽は無い。

これで米国債バブルの可能性はますます高まり、そのタイミングも早まりそう。筆者の見通しで、“短期下げ、中長期上げ”のシナリオが、昨日わずか24時間で展開されてしまった感じだ。

マクロ経済については これで、ますますW字型のシナリオになりそう。リフレ相場で“見かけの景気”が回復して、ヘッジファンドのパフォーマンスもなんとか持ちこたえる。しかし、インフラ投資(日本流に言えば公共投資)の効果はカンフル剤の如く一過性。グリーンエネルギーなど、長期経済生産性を上げ、米国経済の赤字レバレッジ体質を改善するための財政支出の効果が出るのは、来年以降だ。その間、マクロ経済は、もう一度、底を見ることになる。願わくはW字の一番右の「/」が、「〜」にならぬことを祈るのみ。

その間の経済シナリオを例えて言えば、集中豪雨的大量資金投入により“見かけの景気回復”で、天候も一時は晴れに転じよう。しかし。平野の天気は快晴でも、川上の集中豪雨が鉄砲水となり川下の町を襲う如く、時間差を持って、快晴の平野も洪水となる。さらに、その直後から平野の天候は、またもや雨、嵐模様になろう。洪水からの復興作業中に、再び豪雨に見舞われるイメージである。

今日を境に金価格1000ドル再々突破のタイミングが早まったと見る。ただ、タイミングだけは、昨晩のような突発的事態が頻繁に起こるので、“分からん”の一言。まだ、ヘッジファンド破たんとか、IMF金売却などの洗礼も受けねばならんし。

ゴールド、おいおい・・

ゴールド、どうしちゃったの・・?
2番底?
それにしてもきつい下げだな。
4時間足がフリーズからのブレイクだから、深刻。
2番底では済まないかも・・。
日足で見ても、サポートラインも、75日線も割ってしまった。
ボリンジャーバンド−2σまではまだ距離がある。
こりゃあ、885ドル辺りまでは行きそうだな。

暴騰前夜だったはずなのに・・

リースレートがマイナスなんだから、借りて売りまくれば、こんなに旨い話はないな。

3月28日

松藤さんが何やら物騒なことを書いている。
こんなことを書いて良いのかな?
あまり政治に口出ししない方が良いんじゃない?
ジパングを売り払ったりして、このところちょっと・・?

ゴールド、4時間足

ゴールドがジリジリ下げている。
もう一度912ドルまで落ちた。
これで、フリーズしてきた4時間足ボリンジャーバンドの−2σに当たった。
このまま突き抜けて下げてくると、ちょっとヤバイんじゃないの、というところだが、
下げてるじゃないかあ・・

投資小僧さんは、暴騰前夜だと言うけれど・・
http://sunsetmoon2020.blog61.fc2.com/blog-entry-655.html

ゴジラさんによると、また金リースレートがマイナスになっているらしい。
異常な状態。
http://gojira1218.blog87.fc2.com/blog-entry-1357.html
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。