広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ファッションショー

ストーブの前でポーズ!
あんずでした。
どちらの服が似合うでしょうか?



ピロリ除菌胃炎に保険適用

ピロリ除菌胃炎に保険適用


朝日新聞 2013.02.03 朝刊より抜粋

胃がんなどの原因になる細菌「ヘリコバクター・ピロリ」の感染による胃炎について、除菌治療が、保険適用として認められる見通しになった。
これまでは胃潰瘍(かいよう)など症状が進んだ病気に限られていたが、より早い段階で治療が受けられるようになり、将来の胃がん予防につながる可能性がある。



ヘリコバクター・ピロリは胃の粘膜にいる細菌
感染着は国内で約3500万人で、50歳以上の7〜8割が感染しているとみられる。
子どもの頃に感染すると、成人になっても胃の中で生き続ける。

現在、公的医療保険で除菌の対象になる病気は胃潰瘍、十二指腸潰瘍など。
これまで胃炎の除菌は保険の対象外なので自費診療になり、1回につき、数万円の自己負担が必要だった。

厚生労働省の専門部会で治療効果などについて検討され、1月31日の会議で認められた。
早ければ来月の3月から受けられる見込み。

胃炎の除菌治療で保険適用が認められるのは、ピロリ菌の除菌剤とその効き目を高めるための補助剤。
吐いた息で調べる検査などで感染を確認し、内視鏡検査で炎症が見つかるのが条件となる。

胃がんによる死亡者数は年間約5万人。
日本ヘリコバクター学会などは、ピロリ菌除菌の保険適用を拡大するよう求めていた。

ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎をおこすだけでなく長い年月を経て胃がんの原因にもなる。
除菌によって将来の胃がんが減るという研究結果もある

おそろいの服

おそろいの服を着て、仲良く散歩です。
唯一、まりもが似合う服です。



臭い嗅ぎ比べ

他の犬のおしっこの臭いを仲良く嗅ぎ合っています。犬










カットしてきました

久しぶりに、カットに行ってきました。
あんずはかなり美人になったと思います。
(自己満足です!)


あんずの餌食

以前、100円ショップで購入して隠してあった
音の出る鳥のおもちゃを
あんずが探し出し、
またもや、餌食になって
見るも無惨な姿になってしまいました(;_;)/~~~


Before


After

またまた、放射性物質拡散予測を訂正

放射性物質拡散予測を訂正
原子力規制委 浜岡・敦賀・美浜も


朝日新聞 2012.12.21 朝刊より抜粋

各地の原発で重大事故が起きた場合に放射性物質がどう広がるかを示す予測図について、原子力規制委員会はこのほど、訂正版を公表した。
10月24日に初公表後、気象データの入力ミスなどが相次いで発覚し、地図に誤りが見つかっていた。

予測図は、その地点にとどまった場合に、1週間で100mSv被曝する原発からの最大距離を16方位で示している。



浜岡原発(静岡県御前崎市)については、16方位のうち5方位で訂正した。
修正価が最も大きかったのは北東で、原発からの距離が12.2kmから13.1kmへ広がった。
規制委によると、被曝線量が100mSvに達する距離の最大は東方向の30.9kmで、修正はなかった。
このほか陸側では西北西が15.5kmから16.9kmヘ9.7km、西が26.6kmから26.7kmへ0.1kmそれぞれ拡大した。

敦賀原発(福井県敦賀市)については、16方位のうち11方位で訂正した。
修正幅の最大は東方向で、10.7kmから8.1kmヘ2.6km縮小した。
規制委によると、被曝線量が100mSvに達する距離の最大は南南東で、19.9kmから20.0kmへ0.1km広がった。
このほか北北東が3.7kmから6.1kmへ2.4km広がるなど計9方位で拡大した。



美浜原発(福井県美浜町)については、16方位のうち12方位で訂正した。
修正幅が最も大きかったのは西南西方向で、3.1kmから4.6kmへ1.5km広がった。
規制委によると、被曝線量が100mSvに達する距離の陸側の最大は、南18.2kmから南東18.6kmへ0.4km長くなった。
予測計算の際、毎時20mmの降雨量をゼロとして入力したミスなどが訂正の原因だった。

雑煮は丸餅、角餅?

西の丸餅は鏡餅の分身


雑煮が誕生したのは室町時代です。
位の高い人を迎える宴席や上流階級の婚礼のお色直しで出す格式ある酒肴でした。
味付けは唐味噌の濃い煮汁を麻袋に入れてぶら下げ、そのしずくをためた「垂れみそ」と呼ぶ調味料で、”味噌のすまし仕立て”だったのです。

元旦に雑煮を祝う記録が出てくるのは、京都の吉田神社の神職だった鈴鹿家の日記(1364年)です。
江戸時代には庶民にも広まり、年中行事を説明する「日次記事(ひなみ)」(1685年)に京都では貴賤を問わず元旦に雑煮を食べると記述されています。

京生まれ京育ちの雑煮が全国化したのは江戸中期です。
すでに餅の形や味付けに東西の違いがあり、西日本の丸餅は鏡餅の分身で昔のままの姿。
上品な白味噌の登場で上方中心に味噌仕立てが残りました。

東日本の角餅は略式です。
江戸は合理性を尊ぶ武家の町。
「垂れみそ」をつくる手間を省けるしょうゆ仕立てに進化しました。
参勤交代で全国に伝わり、西日本の多くは丸餅・すまし仕立てで京風と江戸風の折衷型です。

土地の産物と結びつき、豊かな地域色をうつしだす雑煮は、年に一度食べる食の文化遺産。
→ 日本各地の雑煮を食べ、食の文化を大切に受け継いでいきたいものです。

えん

名古屋JRセントラルタワーズにある和食「えん」で遅い昼食を食べました。

入り口を入ると昼間なのに薄暗い照明で、なかなかムーディです。
JRセントラルタワーズの13階とは思えません。

うれしいことに、午後4時までランチがやっていました。
速攻で、「本日のお肉料理」を注文しました。



絹ごし豆腐は甘いたれが掛けてあり、のどをつるんと通って行きます。
味噌汁も赤だしでうれしいです。
やっぱり名古屋人です。
ジューシーなからあげが美味しく、とても1050円とは考えられません。
ご馳走様でした。



LFAとサンタななちゃん

名古屋駅付近のトヨタギャラリに行ってきました。
トヨタのスポーツカー
レクサスLFAが展示してありました。






メルサ前のナナちゃんもサンタバージョンになっていました。
写メを撮っているのは、おじさんばかりでした。


    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。